ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.58 2018年2月5日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.58 2018年2月5日

掲載日:2018年02月21日 スタッフブログ, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree2月5日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第58回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。


あなたのこころの樹は元気ですか?


[今回の主な話題]
ようこそ、ママのためのおはなしカフェへ!
先月に続いてyさん、Aaさん、サポータ—のLさんがご参加くださいました。

自己紹介、アイスブレイクの後、それぞれのこの頃の出来事を話しあいました。
人付き合いの悩み、尽きませんね~。
いろいろなエピソードの中で、今月は、「学校の懇談会」をテーマにみんなで話してみました。

学校の懇談会、ゆーうつです。

<どんなできごとですか?>
懇談会でのスピーチ。他のママのように話せません。
思ったように話せなくて、落ち込んでしまいます。
毎回、どっと疲れて帰ります。

<会の様子や気持ちはどのようですか?>
クラスの30人のママと先生が、’コの字’の座っています。
自分の順番が来るまで、ドキドキハラハラ。
スピーチの上手なママのお話には、ドッと笑いが起きたりしていますが、他の人のお話は耳に入ってきません。

<こころではどんなことが起きているの?>
○スピーチが終わって、拍手もらってもちっとも嬉しくない。(わかる、わかる)
○結構みんな、他の人の話を真剣に聞いてはいないかも~。(そうそう)
○順番が早いと、他の話を聞けるのに。
(順番待っているあいだの緊張、不安。あるある。)
(緊張で聞けない自分を責めてしまう。それが辛いかも)
○上手く話せる人のようだったらいいのに。(できない自分を責める、責める)
○いつも話すことを紙に書いていくけれど、そんな人はいないので。
○書いていることを読むときに声が震えたりすると、みんなどう思うだろうと。

<次にどう活かせますか?>
○人と同じでなければダメなの?
○紙に書く、いい方法! すごくいいことだと思う。(みんなもやっていること)
◎「私の考えを伝えること」が一番大切。
◎その人それぞれのやり方が一番良い。

2月、3月、4月—保育園・幼稚園、学校の会合が続く季節です。
自分が最も得意な方法で、自信をもって自分やお子様のことを伝えてください!

開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20180205

 

  ≪参加者の皆様の感想から≫
普段、大人と話すことがあまりないので、話ができてリフレッシュできました。人と違ってもいいというのは、少し前に気が付いて、少しずつやっていけたらいいと思います。
前回に引き続き、2回目の参加でしたが、2回目ということでリラックスして臨めました。自分がやっていたこと(懇談会に手紙を書いておくこと)はいいこと!私もそうする!と言ってくださって嬉しかったです。自信につながりました。
もっともっと皆さんの話が聞きたく思いました。今回は、皆子づれで気持ちか楽でした。「自分がほめられること」で自信ににつながったといってくださった方がいて、よかったなと思いました。

  =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。
「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪スタッフからのメッセージ≫
三人のお子様たちはすぐに打ち解け、仲良く遊んでいます。コミュニケーション力、最高! はじめての場所でも、ママが近くにいれば、安心。いろいろなことに興味を持って、お友達の様子をこころに掛けながら、穏やかに過ごします。子どもたちは、いわゆる’言葉’を獲得する前ですが、豊かな’きもちのことば’をもっています。
本当はちゃんとできているのに。できていない、自分はダメ—と感じてしまうのはなぜでしょう。「こうしなければいけません」「こうでなければいけません」。それは、ある日かけられた呪文のせいなのかも。(笑)「ママのためのおはなしカフェ」でお話するなかで、新しい’OK’という魔法をかけていきましょう。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」Vol.59  3月5日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket