ホーム > スタッフブログ > こころがブルーなママたち > 【開催報告】なかまカフェ「ルポゼ」~こころがブルーなママたちのピアサポート2018年2月17日(土)
スタッフブログ

【開催報告】なかまカフェ「ルポゼ」~こころがブルーなママたちのピアサポート2018年2月17日(土)

掲載日:2018年02月22日 こころがブルーなママたち, スタッフブログ, レポート

ピアサポート(産後うつ)

「なかまカフェ・ルポゼ」は、「ブルーな気分を抱えながら、子育てしているママたち」を応援するプログラムです。
毎月開催を呼びかけ、ゆるやかに続けています。
会場に来られる方がひとりでもいれば開催しています。
また、参加者様とは、その後も必要に応じて交流を続けています。
なかまカフェ「ルポゼ」という居場所―つながりの場―があることで、自分らしく暮らしていけますように!

【今月の主な話題】
●小学生ママになったら—。

2月17日(土)は、久しぶりにBさんが’ルポゼ’に来てくださいました。
「子どもが小学生になったら、ママとしてやっていくのは大変そう―」。

一番心配なことは、人付き合い。
体調には波があります。
そんな自分のことを周囲の人は、わかってくれるでしょうか。

保育園の懇談会には、園長先生に病気のことをお話して、行きませんでした。
子どもは、「どうしてママは来ないの? ○ちゃんや○ちゃんのママは来るのに―」というようになりました。

聞くほどに、調べるほどに心配が増えていきます。
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

開催報告-ルポゼ-20180317

Bさんが電車を乗り継いで、小さなお子様たちと一緒に’ルポゼ’に来てくださったのは2年前のこと。
下のお子様もまだ小さく、「自分が思っているような子育てができない」と、「通院しながら二人の子どもを育てる」お悩みをお聴きしたのでした。

Bさんとの話題は、今のことやこれからのこと…どんなに話しても時間が足りないくらい—。

「悩み」とは、Bさんが小学生ママになる「準備」をはじめられたということなのですね。
心配や迷いが、「不安」のループに向かうのではなく、いろいろなことが見えてくる…
そんな「安心」のループへの旅路をご一緒したいなぁと思います。
まだ1年…。いえ、今から1年、十分に準備ができますね。

≪スタッフからのメッセージ≫
なかまカフェ’ルポゼ’は、こころがブルーになることがあるママたちのゆるやかなつながりです。
ゆるやかな…の良いところは、来るタイミングを参加者様がご自分で決めることができるということかもしれません。
そして、話題は、参加者様が話したいこと「まるごと」です。

心配や迷いは、「こうやりたい、こうなりたい」という願いがあるからだと思います。
今までのやり方でやってみても、思うような結果がでないと自信をなくしてしまいがちです。
また、経験がないことは、その道筋が見えすに不安に覆われてしまいます。
きっとこの時に、自分の問いにしっかり向きあい、オーダーメイドの自分のやり方に気付いていくことが大切なのですね。

不安を強く感じることは、病気でしょうか?
「自分にとって」は、どのようなやり方が良いのだろう?
プティパは、そんな想いを話せる伴走者になれたらと思います。
プティパが大切にしたいことは、<こころと暮らしのトータルサポート>。
絶不調に襲われる前に、「もやもやした不安」を「安心」に変えていくことができるように。
自分の中にある迷いを言葉にできる場—。
皆さんの経験が集まる場—。
‘ルポゼ’がそのような居場所になっていきますようにと願いながら、毎月呼びかけていきます。
(一般社団法人 プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香:精神保健福祉士 社会福祉士)

≪Information≫
次回ルポゼは、3月17日(土)10時~12時に開催します。
ふれあいプラザ志木 会議室
※開催案内はこちらです。

Pocket