ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 【開催報告】育休後カフェ® @さいたまvol.25~2018年11月18日(日)
スタッフブログ

【開催報告】育休後カフェ® @さいたまvol.25~2018年11月18日(日)

掲載日:2018年12月17日 イベント・セミナー, スタッフブログ, レポート, 育児休業・育休後

ピアサポート(育休後)

11月18日(日)、「育休後カフェ® @さいたま」(第25回)をカフェ土瑠茶(さいたま市浦和区)で開催しました。


≪育休後カフェ®とは≫
育休後カフェ®は、育休中または仕事に復帰した方(ママ,パパ)が、同じ境遇の仲間たちと話をするなかで、両立についての悩みを共有し、新たな気づきを得て、自分の中にある‘答え’に自信を深めていく場を提供するものです。

育休後カフェ®は、育休後コンサルタント山口理栄さんが提案し、2011年5月のオープン以来、全国各地で開催されました。現在は、育休後カフェ®ファシリテーターの養成もはじまり、さらに全国各地に広がっています。
育休後カフェ@さいたまは、2012年1月、ひとりのワーキングマザーの呼びかけで第1回がスタートしました。その後、プティパ主催で毎年数回定期開催を続け、今回は25回目になりました。
「子育ても仕事も大切にしたい」と願うママやパパ同士、両立についての悩みや関心あるテーマについて話しあいましょう!

≪ファシリテータープロフィール≫

育休後コンサルタント山口理栄さん育休後コンサルタント 山口理栄さん
総合電機メーカーにてソフトウェアの設計・開発/企画に24年間従事。2006年から2年間社内で女性活躍推進プロジェクトリーダーを務める。2010年育休後コンサルタントとして独立。女性が本来もっている能力を発揮できる社会を作ることをミッションとし、仕事と育児の両立を企業、個人の両面から支援している。
日本女性技術者フォーラム(JWEF)運営委員/NPO法人ファザーリング・ジャパン賛助会員/昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員/【著書】『改訂版 さあ、育休後からはじめよう 〜働くママへの応援歌〜』(労働調査会、2015年)
『子育て社員を活かすコミュニケーション』(労働調査会)

≪育休後カフェ®@さいたま2018≫
「育休後カフェ®@さいたま2018」は、ゲストトーク!
第1部は、ゲストトークで「育休後」のリアルをシェア。
第2部は、参加者の皆様の悩みや関心あるテーマでグループトーク。
アフターランチでは、cafe土瑠茶のランチをいただきながらフリートーク。

≪ゲストトーク≫
第1部 ゲストトークは、はすこさんです。
・はすこさんの自己紹介
10歳と6歳の母。労働系の出版社に編集等を15年間従事。出産後も、時短勤務を取得しつつ、働き続ける。子育て配慮の高い会社にいながらも、制約のある働き方では周囲に迷惑をかけてしまっているように感じ、2016年、働き方の見直しのため退社。その後、子育てと仕事の両立ができる様々な働き方を模索してきた。現在は、団体にて書籍の企画編集担当
20181118-育休後カフェ@さいたまvol.25-1

はすこさんは、「子育てをしながら働き方を見直す」というテーマで、ご自身の体験をお話くださいました。
育休からの職場復帰
・退職をせず、復帰しようと思える職場環境。
・第1子出産前は、ほぼ前例なしのため、個別に対応してもらう。
・2回の育休を取得し、会社も働き方への配慮もあり、限られた時間でも効率よく働けるようにもなる。
・15年間働くが、2016年に退社。
働き方を見直そうと思ったきっかけ
・フルタイムに戻すかどうか。職場環境の変化。
・通勤時間が長い > 子どもといる時間
・働き方改革の流れもあり、フレキシブルな働き方の模索。
転職・紆余曲折時代を経て今は―。
・ベンチャー企業 → フリーランス → 派遣 → 団体にて書籍の企画編集担当
・小学校や保育園の行事に蜜に関わり、周囲との関係が広がる。
自分の変化
・第1子、「時短をとっているから、子育て・家事は自分の役割」ということに疑問はなかった。
・第2子、「夫の協力なしには無理」と思い、話しあうようになる。
・山口さん等との出会いもあり、「自分でやらなくては」から「人に頼っても良い」という考え方や多様な働き方を知る。
夫の変化・パートナーシップの深まり
・「家にいるのだから、家のことはできるよね」
・「自分もやりたいとは思っているが、できない。できるところからやろう」→ 経験を通してわかること増える。
・たびたび話しあう。
今の仕事満足度
・仕事に向かう気持ちが前よりもあがった。真摯に仕事に向き合うべきと思うようになった。
・自分が必要とされていることがいかに有難いか。
・それに応えるためにアウトプットしていく。

第2部 グループトーク
通勤で消耗しないための工夫は?
夫とのパートナーシップは?
「申し訳ない」というマインドを変えるには?
子どもにとって良い環境は、幼稚園? 保育園?
復帰後の子どもの体調不調で休みが続いて大丈夫?
子どもが小学校に入る頃、放課後の安全を守れる?
理想の働き方は?
総合職、エリア職―この制度って?
20181118-育休後カフェ@さいたまvol.25-2

≪育休後コンサルタント®山口理栄さんからのメッセージ≫
はすこさんの編集者としての能力を最大限活かすために働き方を変えて来たのだと思う。
日本では一つの会社で長く働き続けることが望まれるが、海外は転職をしながらステップアップが当たり前。
働き方改革は、その人がベストな状況を作ることで、能力を最大限発揮させるというWin・Winの関係が目指される。
パパも働き方を変える覚悟が必要。妻の育休復帰の前に、夫もこれからの働き方を上司に伝えるべき。
育休からの職場復帰直後は、子育てを最優先にしながらスロースタートし、長いスパンでキャリアを考えていく。
思うように仕事ができない自分を責めないで、周囲に感謝を。
パートナーにも感情的に切れるのではなく、相手の気持ちを考えながら、「私はこうしたいけどどうですか」と伝えるコミュニケーションを身に付けていく。

≪参加者の皆様の感想から≫
復帰前にいろいろなアドバイスをいただけて大変有難かったです。夫と話しあって、保育園の送り迎えをお願いしてみようと思います。
目からうろこの話がたくさん伺えました。経験された方なので、深く腑に落ちた感じです。場所の雰囲気、セミナースタイル、充実の深いお話、参加した甲斐がありました。自分の知らなかったこと、知った方が良い事がわかりました。転職もアリと、より自由に考えると同じに、自分の仕事に自信を持っていけそうな気がします。
なかなか普段自分のキャリアと向き合う機会がないので、とても貴重な時間でした。はすこさん、山口さんのお話も働くママの先輩として勉強になりました。長いスパンでみて、働き続けられるようにいろいろ工夫していきたいと思います。

≪アフターランチ≫
カフェ土瑠茶のアフガニスタンカレーやキッシュプレートをいただきながら、アフターランチで情報交換をしました。
離乳食、おいしいね! 大きなお口で、あーん、ごっくん。
20181118-育休後カフェ@さいたまvol.25-3

≪謝辞:カフェ土瑠茶様≫
日曜日にもかかわらず「育休後カフェ@さいたま」開催にご協力いただき、本当に有難うございました!

≪謝辞:埼玉県男女共同参画推進センター・さいたま市の後援≫
「育休後カフェ@さいたまvol.25」は、埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市後援事業として承認をいただきました。案内チラシの配布等でもご協力をいただきました。埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市 子ども未来局子ども育成部子育て支援政策課様に心から感謝を申し上げます。

≪スタッフからのメッセージ≫
「育休後カフェ® @さいたま」の第25回は、ゲストトークではすこさんの経験を伺いました。はすこさんは、2012年7月にプティパが初めて企画した、育休後コンサルタント®山口理栄さんの「育休後職場復帰セミナー」の2名の参加者のお一人でした。あの日、はすこさんとTさんという参加者と出会わなかったら、プティパの活動を続けることはできなかったに違いありません。自分のキャリアを考えるために自分に向き合う場を必要とする方がいる!ということが、続ける勇気の源泉になりました。

その後、はすこさんは、編集担当者として、山口さんの著書を編集出版されます。3年前に、埼玉県男女共同参画推進センターで開催した「ロールモデルカフェ ~先輩ママの歩く道~」というプログラムでお話をいただいたことがありました。今回のオファーを差し上げたのは2年前でした。まさに、’転職・紆余曲折時代’の真只中だったのですね。「自分が仕事に向かう気持ちが前よりもあがった。真摯に仕事に向き合うべきと思うようになった。自分が必要とされることがいかに有難いか。」等、はすこさんの経験から紡ぎだされた言葉のひとつひとつが、いぶし銀のような深さを伴って伝わってきました。自分らしい「子育てと仕事の両立」のために、お互いの経験知を伝えあうことができた豊かな時間に心から感謝です。

グループトークでは、「夫とのパートナーシップを深めるには?」、「子どもが小学生になる時、仕事は続けられる?」という話題も出ていました。
2月3日(日)に開催する「育休後職場復帰セミナー」は、ぜひご夫婦でご参加ください。お互いのキャリアを支え合うためのヒントが得られることでしょう。「小学生以上の子育てと仕事の両立セミナー」は、毎年の定番セミナーです。2019年も企画しなければなりませんね!
私たちの価値観には、いろいろと思いこまされてきた社会通念が刷り込まれているかもしれません。時代の風を感じながら、これからの自分たちの人生デザインを考えることが必要なのだと思います。
「育休後カフェ® @さいたま」は、仕事も子育ても自分らしく続けていこうと願う皆さんの「港」でありたいと思います。
いつでもご帰港ください。
(田村芳香:一般社団法人 プティパ  ソーシャルワーカー/精神保健福祉士・社会福祉士 育休後カフェ ファシリテーター)

information≫
《育休後・職場復帰セミナー2019》働き方改革時代のわたしたちの子育てと仕事の両立 2月3日(日) レンタルスペースホーリィ
育休後カフェ@さいたま vol.26  3月3日(日)   café土瑠茶
育休後カフェ@さいたま 総合案内はこちらです。

 #育休後カフェ #育児休業 #職場復帰 #育休後 #育休後コンサルタント #山口理栄 #子育てと仕事の両立 #1995cafe  #wmjp #cafe土瑠茶 #ワーキングマザー #ワーママ#プティパ埼玉

Pocket