ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.68 2018年12月3日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.68 2018年12月3日

掲載日:2018年12月30日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree11月5日(月)、人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第68回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。


あなたのこころの樹は元気ですか?


[今回の主な話題]
子どもは何を考えているんだろう?を考える。

今月は、Aeさん、Acさん、Vさん、Lさんがご参加くださいました。
・子どもが学校で巻き込まれている出来事にきちんと向き合いたいという親の気持ちも子どもの本当の気持ちも受け止めてもらえない…。この気持ちをどこにむけていけばいいの?
・子どもと通う親子教室。親にもある役割、人付き合いの苦手な私にできるの?と心配。
・幼稚園バスに乗りたがらなくなった子ども。「~しなさい」をやめて、いろいろな人の応援をもらいながら、子どもの気持ちと向きあい中。
・グイグイいくタイプの子ども。周りの眼が気になり、「やめなさい」ばかり言っているこの頃。

小学生から2歳まで、幅広い子育ての悩みを共有し、みんなで話しあいました。

‘社会’は厳しい。「ここで子どもを叱らないと…」と周りの眼が気になる場面がいろいろあります。
・砂場で伸び伸び遊ぶ子ども。別の子どものお父さんの「チ」と舌うちが聞こえ、子どもを叱ってしまったことが。。
・「『だめだよ』なんてと言っている場合じゃないよ」という視線を感じて、「やめなさい」と強く叱ってしまう。
・いつも注意ばかりしている自分が嫌になる。「このくらい大丈夫」と思う時に限って…。
・叱った時、子どもがキィとなっていることにどう向き合えば…。

みんなどうしてします?
・子どもにしてほしいことは、「○します」と敬語で伝える。
・余裕がある時は、時間を伝える。
・その場では周囲のことも考えて対応して、アフターフォロー。
等など、知恵袋がたくさんです。

今回のテーマも本当に深いです。
「子どもの気持ちを大切にしながら、’社会’のことを理解して行動できる人になってほしい。」
年齢はさまざまですが、皆さんの日々の出来事は、お子様たちが社会の一員として旅立つ日に向かう旅!

 開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20181203

  ≪参加者の皆様の感想から≫
自分の気持ちのメンテナンスでおじゃましました。リフレッシュできました。ありがとうございます。自分の話を聴いてもらえる場所がなかなかないので安心できます。
皆さんのお話が聞けて勉強になりました。悩みを話してみると、案外悩むほどのことでもなかったかなと、少し気が楽になりました。
テーマが難しすぎて、自分の中に落とし込むのに時間がかかりそうです。
皆さんのアドバイスを聞いて、自分の言動を違う面から見ることができて、ハッと気付くことができました。これからの子育てに今日気付いたことを意識していきたいです。

  =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。

「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪スタッフからのメッセージ≫
何が望ましい行動なのかを小さな子どもにわかってもらうには?
「望ましいことは何かは、わかっている。でも、その通りにならないから途方にくれたり、イライラしたりするのです」と、誰もが思いながら子育てをしていることでしょう。
「では、どうすればいい?」と課題や自分の気持ちに向き合うことを大切にしたい参加者の皆様です。
すぐに答えが見つかることではありませんが、’問題’は、子どもに社会で生きる大切なことを教えていくチャンスなのかもしれません。
親は、人生のナビゲーター。
子どもの気持ちを理解しながら、笑顔になれる旅を続けていきましょう!
2018年も毎月開催し、57回から68回まで延べ51人の方をお迎えすることができました。平均すると4.25人/回。
「ママのためのおはなしカフェ」を見つけていただき、続けてくださることに感謝申し上げます。
個性はさまざまですが、共通の関心を持つ仲間(ピア)と一緒に、「じぶんと向き合う」時間を大切に!
2019年もよろしくお願いします。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香:精神保健福祉士、社会福祉士)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」
Vol.69   1月7日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターです。
ママたちのピアカウンセリング(69)20190107

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket