ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.69 2019年1月7日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.69 2019年1月7日

掲載日:2019年01月31日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree1月7日(月)、人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第69回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。


あなたのこころの樹は元気ですか?


[今回の主な話題]
子どもの行動の意味を考えてみる。

今月は、Akさんが初めてご参加くださいました。
開催日は小学校や幼稚園の始業式の日でしたので、参加できないメンバーもいらしたことでしょう。

Akさんは、4歳と0歳のお子様の子育て真最中です。
二人目の子育てに少し気持ちのゆとりを感じるのは、経験は力なりということでしょうか。
でも、上の子どものことはすべてが「はじめて」―。戸惑うことの連続です。
言葉も上手になりました。それだけに「カチン!」と来ることもあります。

例えば、下の子どもの授乳中など手が離せない時に限って、アレコレと話しかけてくる上の子ども。
でも、すぐにかなえてあげられないことばかり―。
言って聞かせても、聞き入れてはくれません。結局―。
「いいかげんして」
「えーん、パパがいい」
こんなことの繰り返し。ハァー。

☆☆☆
今回は、この場面を’経験サイクル’を使って振り返ってみました。
実際はどんな場面だったのかを詳しく思いだしてみます。
その時の子どもの気持ち、自分の気持ちを考えてみます。
「あぁ、そうだったのか。そうだよな。」
こうやって落ち着いて振り返れば、いろいろな気付きが生まれてきます。

こんなお話をしながら、上のお子様のいいとこ探しをしていただきました。
たーくさんあるものですね。
先程までは、困ったちゃんだったお子様の良いところをしっかりと伝えてくださるAkさんでした。
☆☆☆
家族ですもの、時には感情の嵐をぶつけてしまいたくなることもあるかもしれませんが、今はそれが許されない時代になりました。
いろいろな視点から見ることで、さまざまな気付きが生まれます。
自分で発見して腑に落ちることで、「こうありたい」という方向に自分自身が近づいていくことができます。

子どもは自分とは異なる人格・個性を持つ存在。
子どもは、今まで知らなかった世界へ誘ってくれます。
人づきあいが少ししんどいママにとっては、ちょっと尻込みをしたくなることもあるかもしれませんが、楽しみながらチャレンジしていけると良いですね。

 開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20190107

  ≪参加者の皆様の感想から≫
マンツーマンだったので、我が子を研究していただくことができました。
自分で気付けない子どもの長所、性格を教えていただいた貴重な時間になりました。
子どもの目を見て、話をする!と思いました。ありがとうございました。

  =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。

「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪スタッフからのメッセージ≫
‘経験サイクル’は、仕事や能力開発に役立つだけではありません。
すべての人にとって、経験が知恵袋になる魔法のサイクル。
子どもという発展途上人を理解するためにも大活躍です。

「ママのためのおはなしカフェ」では、その時々のテーマと向き合うために、対話やロールプレイ、ワークシート等、いろいろな方法を活用しながら学びあっています。学ぶとは気付くこと。気付くためには、自分を踏まえて、考えることです。それが、ひとりではなかなかできないことなのです。

共通の関心を持つ仲間(ピア)と一緒に、「じぶんと向き合う」時間を大切に!
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香:精神保健福祉士、社会福祉士)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」
Vol.70   2月4日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターです。
ママたちのピアカウンセリング(70)20190204

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket