ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.71 2019年3月4日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.71 2019年3月4日

掲載日:2019年04月29日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree3月4日(月)、人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第71回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。


あなたのこころの樹は元気ですか?


[今回の主な話題]
じぶんをとりまく人たち、支えられたり、きょりをとったり。

今月は、TさんとAgさんとLさんがご参加くださいました。
・ママ同士のグループランチ報告。
・見知らぬシニアの方から話しかけられた言葉、モヤモヤ。
・これからの卒園式、入学式に向けて、不安がいろいろ。

まずは、小学校入学準備を応援!
卒園の謝恩会の意義、登校班や学童保育、PTA役員…。心配事は尽きません。
自分や家族にとっての謝恩会のテーマは?
「子どもの卒園を子どもと一緒に喜ぼう」など、自分が大事に思う気持ちでその場にいてはどう?
「お話しなくては、仲良くならなければ」というプレッシャーから逃れてみては。
小学生ママのTさんの経験談。
「子どもが泣きながら帰ったことがあり、 心配だったから迎えに行くようにしたところ、ボランティアの人が見守ってくださっていて、
親だけが子どもたちを見ていてくれるのではないことに気付いた。学校はもちろん、その行き帰りも子どもたちが社会や人間関係を学ぶ機会なんだなと思った」。
とっても深い経験談。
大切なことに気付いていくことができるのは、「子どもにとって大切なことは何だろう」という気持ちが真ん中にあるからですね。

☆☆☆
「自分や家族を取り巻く人々や環境の地図」を書いてみると、いろいろな発見があることでしょう。
早速、Tさんがご自分の関係図を示してくださいました。
自分が大切にしている人たち、支えてくれている人たち、適度な距離を保ちながらつながっている人たち…。
そして、それは良くも辛くも、子どもたちの成長とともに、時々刻々変化しています。

例えば、「環境の地図に小学校が一つ加わるだけで、大きな変化です。
変化に対して、不安やストレスがあって当然です。
ひとりひとりの不安の感じ方があり、自分らしいストレス対処法があるものです。
今月も、「悩みの渦中は無理だけど、ちゃんと悩むとポジティブが見えてくる」ということを
さまざまな話題で話し合うことができました。

最後は、久しぶりに「誉めことばのシャワー」でしめくくり。

 開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20190304

  ≪参加者の皆様の感想から≫
他の方のおはなしを聴くことで、自分の不安や不足が明確になりました。
誰かに答えを求めるのでなく、自分でリカバリーの方法を探すことで、Happyになれるのではと考えることができました。
先輩ママさんのお話を伺えて、すごく助かりました。
今回も有難うございました。
コーピングという言葉を初めて聞きました。
ほめ言葉のシャワーがよかったです。
また、子育て1ヶ月、がんばれそうです。

  =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。

「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪スタッフからのメッセージ≫
ストレスは、うまく活用すれば頑張る力にも働くそうです。
過度なストレスを抱え続けないためにどうするかが、’健康’を維持するポイントであるとか。
ストレス・コーピング(対処)は、現代を生きるすべての人にとって必要なスキルのひとつと言われます。
子育てをしているお母さんも、自分らしいコーピング・スキルに気付いておくことが大切!
生活のふとしたことで、ホッと息がつけたり、満足度がグッとみたされる出来事があるのでは?
「ママのためのおはなしカフェ」は、メンタルケア最前線。
そう感じていただけると嬉しいです。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香:精神保健福祉士、社会福祉士)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」
Vol.72   4月15日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターです。

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket