ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.72 2019年4月15日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.72 2019年4月15日

掲載日:2019年04月29日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree4月15日(月)、人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第72回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。


あなたのこころの樹は元気ですか?


[今回の主な話題]
グルグル思考からぬけだすとき

今月は、続けてご参加のAgさんとLさんと新たな参加者Alさんを迎えてのおはなし会でした。

・Agさんは、保育園のグループラインでの出来事をお話くださいました。
旅行中ですぐに「既読」にできなかったことに、「スルーする人がいるなんて」のメッセージが…。
いつもなら感情的になりそうなところをグッと抑えて、自分の事情を伝えるメッセージを投稿しました。
メンバーの皆さんからは、ポジティブなメッセージが返ってくる、チョット嬉しい展開に。
Lineでのやりとりは、文章化することで、客観視できる利点があったようです。
「これからも同じ街で暮らしていくのだから、グループを通して、人づきあいを学んでいこう」と前向きになれたAgさんです。

・2人目のお子さんを出産されてまもないAlさん。
育休中ですが、まもなく会社の飲み会の予定です。
人と話すことが苦手かAlさんは、少々気が重い―。
「ただいま子育て中」と無理をしなくても良いのかもしれませんが、
「これからも仕事は続けていきたいので、参加しようと思います」と、
職場とのコミュニケーションに前向きに向き合うAlさんです。

・Lさんからは、「子どもたちと穏やかに過ごし、怒らなかった春休み」の報告です。
子どもたちが手を離れはじめるこれからのことを思うと、「この時間は戻ってこない」と思えたLさん。
子どもの遊びに付き合い、日中は’時短’家事を取り入れました。
Lさんにとっては、革新的な新バージョンのライフスタイルです。
「○○でなければならない」と固定観念に捉われすぎず、「柔軟に考えていこう」と思うことで、前向きな行動を続けるLさんです。

 開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20190415.docx

  ≪参加者の皆様の感想から≫
同じ子を持つお母さん方とお話できて嬉しかったです。
うまく言語化できずにいたこと、不安を自分の中で気付けたのが大きな収穫でした。
いろんな立場の方のお話を伺えてよかったです。
自分中心でなく、子ども中心で趣味を見つけ出したり、遊びをするのも悪くないし、
集団生活にはいると役員等がありますが、うまく人の立場、立ち位置を見極めて、
人と関わっていけたら、人づきあいがいつのまにか、苦手から→好きに変わるといいなと思いました。
新しい学期、年度を迎え、あらたな気持ちでここに来ました。
自分の中のぐるぐる思考が、少しだけ階段を上がったような経験を、今日話せたことはよかったと思いました。
これからも、今の自分を大切にしつつ、まわりのこともよくみることのできる大人になりたいと感じました。

  =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。

「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪スタッフからのメッセージ≫
アレコレと思い煩い、出口がないような思い—。こんなグルグル思考に悩まされること、よくあります。
でも、永遠に続きそうなグルグルの空間に、新しいノブが見えて、パッとドアを開く時もある。
今月は、こんなグルグル思考から解き放される経験談がたくさんありました。
いろいろな角度から考えて、現実的に行動する—とても丁寧に自分と向き合っていることが、素敵です。
これからも「ママのためのおはなしカフェ」を、自分の気持ちと向き合う時間としてご活用ください。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香:精神保健福祉士、社会福祉士)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」
Vol.73   5月13日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターです。

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket