ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 「育休後カフェ@さいたま」10月7日(日)開催報告
スタッフブログ

「育休後カフェ@さいたま」10月7日(日)開催報告

掲載日:2012年10月08日 イベント・セミナー, スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

1995cafesaitama image10月7日(日)、「育休後カフェ@さいたま」の第2回を開催しました。
さいたまは朝から雨・・・。
こんなコンディションのなか、育休後コンサルタント山口理栄さんをファシリテーターにお迎えし、11人のママと5人の赤ちゃんがさいたま市に集まりました。


≪育休後カフェとは≫

育休後カフェは、育休中または仕事に復帰した方(ママ,パパ)が両立についての悩みを共有し、同じ境遇の仲間と話しをする中から気づきを得て、自分の中にある答えに自信を持つための場を提供するものです。

Before  参加者の皆さんの参加動機は・・・≫
 こんな呼びかけに応えてださった、参加者の皆さんの参加動機。立場もさまざま!、不安もいっぱい!
職場で初めての育児休業。職場復帰に向けて、不安がいろいろ出てくる。他の人はどうしてるの。(複数)
残業の多い職場への職場復帰。仕事と子育ての両立、モチベーションを保つためにはどうすればいいのか。
来月に職場復帰予定。実家も遠く、核家族での仕事と子育ての生活がいよいよはじまる。
働くママとの出会い少なくて。
来年春には職場復帰予定。子育てと仕事の両立環境をどう創っていけばよいだろう。
先輩子育てママもいる職場。育児休業で子どもとの生活をしていると、自分にとっての仕事をもつ意味考えてしまう。
職場で時間短縮制度への理解をはかるにはどうしたら。
仕事で抱えたストレスのコントロールを上手にやっていくには。子どもときちんと向き合っていくには。
3人目を妊娠中。9月に長期にわたる育児休業から職場復帰。2人の子どもたちを保育園に託しての生活が始まったばかり。
3人目の末っ子の育児休業を終え5月に職場復帰。1月の「育休後カフェ@さいたま」は職場復帰前、今回は復帰後。女性がもっと負担なく(心・体力的・・・)仕事が出来ないかな~。
子どもはこれから。会社の中でのキャリアアップと子どものいる生活、どう考えていこう…。

Lecture & Group「育休後カフェ@さいたま vol.2」≫
育休後コンサルタント山口理栄さんは、@さいたまの参加者の参加動機を細かく確認され、グループディスカッションの前にレクチャータイムを組み込むスタイルをご提案くださいました。24枚のバネルには、「子育てと仕事の両立」のヒントが満載。
山口さんのレクチャーの切れ味は、「なぜ、そのような視点が必要なのか」をはっきりと伝えてくださること。自分の中にあった不安や悩みの背景や原因が掘り起こされ、いろいろな気付きが生まれていきます。

さらに、グループディスカッションを通して、立場や経験の違いを越えて、いろいろな発見や気持ちの共有が深まります。

 

 

山口さんからはたくさんのエールをいただきました。
「決めて割り切るの繰り返し。悩みは何も生み出さない。」
「人は集団でしか生きられない。子育てはひとりではできない。今は’借り’の時期。」
「仕事のブランクをあけないでほしい!」
最後は山口さんを囲んで、全員笑顔で記念撮影。
山口さん、さいたま市までお越し下さり、ありがとうございました。

≪「アフターランチ≫
終了後は、アフターランチ。カフェ土瑠茶特性のキッシュプレートとアフガンカレーをおいしくいただきました。

 

 

 離乳食メニューはこちら。
「おいし~い」

ランチをいただく頃には、昨夜から降り続いた雨があがり、さいたまにも青い空がひろがっていました。参加者の皆さんの心が伝わったみたい・・・。
本当にあっという間、でも、心豊かな時間をご一緒に過ごすことができました。

After「育休後カフェ@さいたま vol.2」参加者の声≫
同じ悩みを抱える方達と話ができ、気持ちが楽になった。自分のすべきことが明確になり、有意義な時間だった。
仕事をしながら子育てということについて漠然とした不安が少し晴れたように思います。 家に帰ったら、夫や両親にも話して復帰後のことを話してみようと思います。仕事も子どもいることに感謝し過ごしたいと思います!
職場復帰にあたり、不安に思っていた事や悩んでいた事が、一人でなくみんなに共通することだと気が付かされ、勇気をいただけました。何でも一人で完璧にするのではなく、上手に人の手を借りながら両立を目指していこうと思います。
同世代の人たちの両立の状況を知ることができ、いろいろと考える機会になりました。 山口さんの実体験から来る言葉一つ一つがとても染みました。
育休中のママさん達と話せることで、いろいろな刺激になり不安も少しやわらぎました。
山口さんや参加者の方々のお話を聞き、前向きに進んでいこうという確認ができしまた。また、両立するための具体的な対策を教えていただき実践していこうと思います。
仕事もあって子どももいる。その境遇に感謝しつつ周囲に甘えないようやっていきたいと思いました。時間があっという間に過ぎ、山口さんのお話はもう少し聞いてみたいと思いましたので、また機会がありましたら参加させてください。
いろいろな方とお話できて良かった。まだ復帰する前から悩み過ぎていたような気がした。今回の話し合いを通して、自分の職場の方達は理解ある方達だと改めて思い返すことができた。始まる前から悩まずに、「まずはやってみよう!」という気持ちで取り組んでいこうと思います。
前回に引き続き2回目も参加して良かったです。育休中の方からエネルギーをいただきました。初心にかえりました。悩みを共感すること、とても心強く、改めてこういった場所の存在が必要だと感じました。
このような会を開いている方がいるというのがまずとても感動しました。もっと、単なる座談会のようなものかと思っていたのですが、山口さんの長い経験から、問題や解決策を分かりやすく組み立てて教えていただけたのがとても良かったです。仕事場、職場ごとのそれぞれとてもケースバイケースな問題になってしまうと思っていたことが、広い視点で考えることができるのだと言うことが、とても勉強になりました。
気持ちがスッキリしました。多くの気付きを得られました。復帰後、働き始めた人だけのセミナー(カフェ)があるとよりお互いの具体的な悩みが共有でき気付きも多くあるかと思いました。

≪子供たち、応援ありがとう≫
同行された2ヶ月から1歳の5人のお子様たちも、穏やかに過ごされママたちを応援してくれました。
ママたちはグループに参加されながらも、お子様のサインを受け止めながら、授乳、おむつ替え、だっこ…と実に細やかな関わりをされていました。
日々お子様とのコミュニケーションをしっかりと育んでいることが伝わりました。

≪カフェ土瑠茶の皆様、大変お世話になりました≫
日曜日の開催にもかかわらず会場をご提供くださいましてありがとうございました。
細やかなお心配りをいただき、いろいろなピンチもにこやかに助けていただいて本当に感謝しています。
お食事もとてもおいしかったです。皆様ありがとうございました。

≪情報発信のご協力ありがとうございました≫
「育休後カフェ@さいたま」のご案内にご協力くださいました多くの方々に、心より感謝を申し上げます。
子育て支援にもいろいろなニーズがあります。さまざまな選択肢から必要なサポートが得られる時代になりますように・・・と願いながら、これからもご支援をお願いたします。そして、お問い合せをいただいたり、プティパサイトをご訪問くださった多くの方々、新たな出会いを楽しみにしています。

★参加者の皆様、本当にお疲れ様でした!
★これからも「育休後カフェ@さいたま」や育児休業中のママサポートについて、いろいろなご期待をお聞かせください。
皆様の声に応えながら、ぜひ、「育休後カフェ@さいたまvol.3」や「あったらいいな」と思うことを実現していきたいと思います。

≪ご
案内≫
プティパでは、なかまカフェ「育児休業中のママたち」のピアサポートを毎月開催します。
産休、育児休業中や開催日がお休みのワーキングマザーでお互いの経験を語り合う場を。
次回は、11月14日(水)開催します。

Pocket