ホーム > スタッフブログ > レポート > プティパ子育てサロン「アロマヨガ」11月30日 ふれあいプラザ志木 開催報告
スタッフブログ

プティパ子育てサロン「アロマヨガ」11月30日 ふれあいプラザ志木 開催報告

掲載日:2012年12月01日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

アロマヨガ11月30日(金)、プティパ子育てサロン「アロマヨガ」をふれあいプラザ志木で開催しました。
講師は、「aromamma」を主宰され、子育て中のママでもある伊勢佳弥子さんです。

「風邪気味なので、残念ですが」、「鼻水が続いているので、用心します」と言うお電話をいただくたびに、「ママ、がんばれ!」のエールを送りたくなります。いのちを守る母親業です。傍らに寄り添う時間は、本当に大切です。今しなくて良いことは先延ばしにして、一緒にいることは貴重です。またのご参加をぜひ…。
今回は7組の親子様がご参加くださいました。3ヶ月、7ヶ月、1歳1ヶ月から6ヶ月、2歳5ヶ月のお子様8人。応援に入ってくださった学生ボランティアさんは、将来保育士や幼稚園の先生になるための勉強している中村さん、染谷さん、飯島さん、吉田さん、瀧澤さんの5人です。

初めて足を踏み入れるホール。「ここはどこ?」。子どもたちは最初不安でいっぱいです。
無理しないで、子どもたちの気持ちをママとの距離感を大事に見守る同室保育サポートがプティパ・子育てサロンのモットーです。
何と言っても子どもたちの安心空間はママのおひざ。ママたちがエクササイズをする真ん中に遊具を出して一緒にいるところから「はじめまして」の関わりをはじめました。ゆっくりとプレイコーナーにシフトする子供たち。歩ける子どもたちはホール中を探検。ひとりひとりにそのお子様ならではの安心や興味の”ツボ”があって、それは本当に個性豊かです。

保育サポーターのFさん&5人の学生ボランティアの皆さんと子どもたちの関わりの様子をご紹介します。





























ホール内はアロマの香り。快いBGMも流れています。
子どもたちが行ったり来たりするなかでも、伊勢さんやママたちはじょうずに子供たちと関わりながらエクササイズにも集中! ハードなポーズも難なくこなして、リフレッシュ。







最後の記念撮影は、みんなこの笑顔です。本当にお疲れ様でした。みんなそれぞれ頑張りました。
≪参加者アンケートから≫
初めての参加で子供2人連れてだったので心配でしたが、皆さんのおかげでリラックスして楽しめました。子どもにも目が行き届くので安心して預けられました。ありがとうございました。
楽しめてよかったです。
楽しくヨガができて良かったです。また参加したいです。
子どもをみてもらったので、ヨガを存分にできて良かったです。

≪学生ボランティアの皆さんのメッセージ≫
「子どもが大好き」、「将来子どもに関わる仕事をしたい」という動機をもつ学生ボランティアの皆さん。真剣な感想を寄せてくださいました。
今回お子さんに関わらせていただき、普段の机上で学ぶのではなく、体を使って学ばせていただけたことをとても嬉しく思います。保育サポーターのFさんが3ヶ月の赤ちゃんに行っていた体遊び(ラララぞうきん)は、授業で習ったもので、このような時に行うと良いのだと感じました。
私は既に保育実習を一度行っていたのですが、1歳未満児さんと関わるのは初めてでした。乳児さんは言葉を話しません。なので、どのようにコミュニケーションをとろうか不安でした。ですが、あたたかい雰囲気とお子さんのかわいさにどんどん関わっていくことができました。7ヶ月のまだはいはいをしないお子さんと主に関わっていたのですが、目を離すことが恐くて他のお子さんとあまり関われなかったことが反省点です。気がつくとお子さんに背を向けていた時もあって、立ち位置に気をつけなければと感じました。

本日はありがとうございました!
最初は少し戸惑ってしまったけど、楽しい時間を過ごせました。
子どもさんたちとの接し方などを教えてもらったりして、とてもタメになりました。
また機会があれば参加したいです!

本日は貴重な体験をさせていただき誠に感謝しております。
子どもたちと触れ合ってみて私自身大変楽しい気持ちになりましたし、同時にまだまだ経験不足だと感じました。今後の実習の際に今日体験したことが生かせたら良いと思いました。
時間が過ぎるのがあっという間に感じられ、子どもたちと別れるのが名残惜しかったです。
今後もまた参加させてもらいたいのでよろしくお願い致します。本日はありがとうございました。
その際はまたよろしくお願いします(^^)

初めて、一般のかたのお子さんのお世話をさせていただきました。 これが、将来に役立つボランティアになったのではないかな と思いました。
子どもたちは、初めのころは緊張気味で、少し私たちを警戒していた面も 見えましたが 、時間が経つにつれて、この場所にも、私たちにも 慣れ、すっかりハシャいでる姿が見れて、楽しいのとかわいいと思いました。
子どもたちの遊びの興味は幅広く、 コインを入れるおもちゃのふたに興味を持ったり、 至って普通の積み木より、ペットボトルのふたに興味を示したりと 発見出来、勉強になりました。
また、大人数でも 子どもたちが おとなしかったので ボランティアするほうも楽で良かったです。
また、是非、お時間があえば 参加させていただきたいと思いました。ありがとうございました!

今回参加させて頂いてありがとうございました。 お子さん達と関わることができて純粋に楽しかったです! そして本当にみんな可愛くて、もっと長い時間関わりたいなと思ったほどあっという間に時間が過ぎていってしまいました。 授業で、このような地域で子どもを育てる場などが少なくなっていて親御さん達の負担が大きくなっていると習いました。 なのでこのプティパさんの子育てサロンのような活動が全地域にどんどん増えれば良いなと思いました。 またこの子育てサロンに参加したいと思っています! よろしくお願いします!

 ≪スタッフからのメッセージ≫
子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムを提供したいとはじめたプティパ子育てサロン。毎回いろいろな課題にぶつかりながら、赤ちゃんの安心空間を創るにはどうしたらいいのだろうと手探りをしています。日頃、保育園や子育て支援センターのように保育スタッフや遊具が完備されたサポートに慣れ親しんでいるママもいれば、短い時間でも子どもと離れた経験のないママもいます。何しろお子様の月齢が幅広く、動きや興味もひとりひとり違います。本当に難しい。でも、毎回、ご参加くださったママやお子様たちの笑顔を見ると、何とか続けたいなぁという思いが募ります。
難しさと楽しさの両方があるのが子育ての世界です。それならば、「子どもたちやママたちから学ぼう」という発想で、埼玉県内の複数の大学のボランティアセンターを通して、学生ボランティアを呼びかけてみました。
「平日の午前は授業があるので難しいでしょう」と心配してくださる大学も多かったのですが、前回のベビーマッサージに続いて、参加動機をしっかりお持ちで、ボランティア保険等にもご加入の学生さんが呼びかけに応じてくださいました。茨城県や東京などいろいろな地域から埼玉県内に通学されている学生さんも多いのです。しかも、午後一番の授業に出席しなければならないなど、きついスケジュールを調整しての応援です。
「保育実習に行っても、小さなお子さんと関わる機会はほとんどなかった」というお話を伺い、それも意外なことでした。わずか1、2時間の関わりですが、子どもたちとの距離もどんどん近付いていきます。愛しそうに赤ちゃんをだっこする姿や経験豊かな保育サポーターFさんの関わりからもいろいろなことを学ぼうという真剣なまなざしに胸がキュンとなる場面もいっぱいでした。
これから、試験期間など学生さんは来たくても来れない・・・という時期も多いのが心配の種でもあります。子育て経験が豊かで、今は孫育て中の方やプログラムには参加しないけれど、同じ月齢の子どもと遊ばせたいという子育てママたちも大歓迎です。プティパ子育てサロンは、プログラムでもリフレッシュできるし、「みんなで一緒の子育てスペース」としても必要とされるようになりたいなぁと願っています。
実は、講師の伊勢さんもお子様の発熱で急遽おばあちゃまに看病を託して駆けつけてくだったのです。本当にいのちを見守る子育ては、ピンチの連続ですが、一山一山越えていくたびにいろいろな支え合いができていくのだと思います。
皆様、本当にお疲れ様でした! 「次回もまた参加したいです」という反響がとっても嬉しいです。
それぞれに大変でしたが、楽しかったですね。たくさんのご協力を有難うございました。

 ≪Infomation≫
プティパ育てサロン「アロマヨガ」、次回は、12月19日(水) 10:00~11:30に開催します。
参加者募集開始しています。皆様のご参加をお待ちしています。

Pocket