ホーム > スタッフブログ > メッセージ > 「育児休業からの職場復帰相談会」2月11日(月・祝日)にふれあいプラザにて開催です。
スタッフブログ

「育児休業からの職場復帰相談会」2月11日(月・祝日)にふれあいプラザにて開催です。

掲載日:2012年12月16日 スタッフブログ, メッセージ, 育児休業・育休後

 workingmother image2月11日(月・祝日)、育休後コンサルタント・山口理栄さんを講師にお迎えし、
「育児休業からの職場復帰相談会」を開催します。
もうすぐ職場復帰するワーキングマザーのための相談会です。 

志木駅近くの一条工務店モデルルームの一室をお借りして、毎月「なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート」を続けています。 「育児休業後も働き続けよう」という決心は固いママたち。

春の保育園入園募集手続きもすませました。
「もし希望の保育園に入れなかったらどうしよう…」
とにかく、住んでいる地域によって保育園事情は本当にいろいろなのです。
「もし…」を数え上げれば、不安は高まるばかりです。

パートナーの子育て参加も、家庭によってさまざま。パートナーシップにもいろいろなパターンがあることも話してみてわかること。実際にパパの出番がいろいろあるというご家庭のお話からは、「どんなにいそがしいパパにだって、父親の出番をたくさん創ってあげられるといいよね」と希望が膨らみます。 

育児休業法のもと、「育児及び家族の介護を行う労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるよう支援する」という社会の流れは出来ています。7月からは、従業員10人以下の中小企業も法の適応が求められるようになりました。
「時間短縮制度を利用する予定」のママたち。しかし、募る不安…。
「時間短縮制度の利用第1号のプレッシャー」であったり、「3人目の育児休暇。『無理をしないで両立をがんばって』という温かさだからこそ、感じ続けてしまう申し訳なさ」であったり。その孤独な不安感は、育児休業法もなかった時代の子育てママと20年の時を経てもあまり変わりはありません。 

子ども、夫、職場との新しい協力関係を紡ぎ直すというのが、育児休業中のママたちの職場復帰の最大の課題です。この大きな環境の変化をたったひとりで抱えないで欲しいとプティパは心から願っています。
先日の「育児休業中のママたちのピアサポート」では、「志木エリアでも育休後コンサルタントの山口理栄さんとお話がしたい!」と切実な希望をお受けしました。
そこで、「緊急プログラム・育児休業からの職場復帰相談会in 埼玉」を企画しました。
「相談会」には、「じっくり話そう」というメッセージを込めました。
2月、そろそろ保育園の入園決定が出される頃です。
一気にいろいろなことを考えたり、決めたりしていかなければならない2月、3月。
山口理栄さんの講義は、社会全体の動きと「自分はなぜ働き続けるのか」というつなぐヒントを投げかけてくださることでしょう。いろいろなヒントを参考に、「仕事も子育ても大切にしたい!私らしいワーキングライフとは」を考えるきっかけにしてください。
プティパは、子育てママたちの新しい環境づくりを心から応援して参ります。

育児休業からの職場復帰相談会」のご案内はこちらです。
さいたま市では、3月2日(土)に「育休後カフェ@さいたまvol.3」を開催します。ご案内はこちらです。
まずはこの2ヶ所から、
育休後コンタルタント山口理栄さんとプティパの協働企画で、育児休業中のママたちの「育児休業後」を応援していきたいと思います。
皆様のご参加を心からお待ちしています。

 

 

Pocket