ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年2月15日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年2月15日(金)開催報告

掲載日:2013年02月15日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

2月15日(金) なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫の2回目をヘルシーカフェのら「広場のら」で開催しました。
今にも雨が降りそう…。あつい灰色の雲に覆われた寒い朝にもかかわらず、さいたま市内各区、東京都内から7組の親子さんが集まりました。「風邪がそろそろ治るかなと楽しみにしていましたが、他のお子様にうつしては申し訳ないので、今回は諦めます」という方や、「今出ようと思いましたが、子どもが何だか熱っぽいので無理かも。残念です」という方もいらっしゃいました。
お子様たちは、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、6ヶ月、7ヶ月、10ヶ月と全員が0歳児です。お誕生日が一日違いというお子様もいらっしゃいました。赤ちゃんを抱き、お世話グッズが詰まったママバックをかかえての外出は本当に大変です。4月に職場復帰を控える方から、出産直後の山場を越えた方、2人目のお子様の育児休業中の方など、「育児休業中のママ」にも様々なステージがあります。

*皆はどんな悩みを抱えているの?
「子育てと仕事、そして自分自身のこと、バランスよくできるのだろうか…」。育児休業中のママたちの気持ちの中は、今日の雲のように、見通しが立ちにくい「育休後」のことで’不安’雲に常に覆われているといっても過言ではありません。
その’不安’をもう少し、言葉にしてみると…。
まずは、職場復帰した後の「生活」です。帰宅して、それから夕食の支度をして、お風呂に入れて…。限られた時間の中で、本当にできる? 気持ちの余裕は持てるのだろうか?
そして、子どもとの関わり。子どもと過ごす時間が限られた中で、どう接していけばよいのだろう。復帰後、子どもが病気の時は、長く仕事を休まなければならないと聞くけれど、どうすればいい。
夫に家事、育児を協力してもらうには?
保育園を選ぶポイントは?
皆さんが気になっていることは、本当に共通しています。

*
パートナーとの協力
「いそがしくてなかなか一緒に過ごせない夫。子育てや家事に協力してもらうには?」、「何を、どのレベルまで求めていいのか…」。育ってきた環境も価値観も違う者同士の結婚生活。そこに子どもが加わることによって、それぞれが慣れ親しんできた生活習慣や生活スキルの違いに気付かされることも多くなります。
最初から子育てや家事のシェアができるとは限りません。家庭は、夫婦が経験を重ねながら創っていくもの。子育ては、そのための最大のチャンスなのかもしれません。
なかなか聞けない他のご夫婦のパートナーシップ。今日のテーマのひとつに取り上げてみました。
「夫の得意なことで役割発揮」。「出産前から父親プログラムに参加。沐浴など夫ができる育児を実践」。「上司等先輩たちの情報や助言で考えが変化」。「少しやり方が違っていても、有難うと感謝の言葉を…」。「最初からダメと言わないで…」。皆さんはとても上手にパートナーと関わっています。そんなふうに上手くいくまでには、気持ちの行き違いやぶつかりあいなど、いろいろな出来事もあったことでしょう。
ひとりで抱えこまずに、自分が感じていることや望んでいることをパートナーに伝えるという”関係”を通して、それぞれのご家庭の流儀を育んでいっていることが伝わってきました。
グループの信頼関係がなければ、「夫とのパートナーシップ」をテーマに話すことは結構難しいのですが、聴き上手で、オープンマイントな参加者の皆さんは、とてもあたたかな話し合いの場を創ってくださいました。おっぱいもたっぷりのんでいい気持ちのお子様たちを起こしてしまいましたが、お疲れ様の記念撮影でパート1を終了しました。





 ≪ヘルシーカフェのら・ランチタイム&ティータイム≫







今日のメニューは、豆腐ステーキとポーク青菜いため。かぶのスープ付き。
ごはんは赤米と十六穀米が選べます。
野菜はさいたま産。ちゃんと’生きてる’野菜たちからの元気がいただける、地産地消のランチプレートです。
離乳食にもなるやさしいお味の定番”おからのサラダ”のまろやかさのポイントを、ヘルシーカフェのらの長谷川さんに伺いました。「おからはそのままではパサパサ感がありますが、豆乳を加えます」。なるぼど!
グループを終えて、参加者の皆さんはティータイムでパート2の交流を続けられました。
ケーキセットのケーキは、バナナのパウンドケーキです。

その頃には、とうとう雨が降り出してしまいました。
外は冷たい雨…。でも、店内はあたたかい人のぬくもりのヘルシーカフェのら。
皆様は無事にご帰宅できたでしょうか。




≪参加者アンケートから≫
共通の悩みを話せてよかったです。
仕事をされ復帰を考えている同じ状況の方とお話する機会がなかなかないため貴重な時間を過ごすことができました。
同じ不安や悩みを口に出して共有できたのでよかったと思います。
同じ立場の方々とお話ができてとても参考になりました。家では話ができないので、また参加したいと思います。
参加回数を重ねることで、自分の悩みや考え方が明確になりました。そして、皆さん、前向きな姿勢であることがとても気持ち良かったです。
仕事をしている方からの悩みや不安を話せてよかったです。

≪スタッフからのメッセージ≫
「ピアとは仲間のことです。ピアサポートとは仲間同士の相互支援のことです」…と呼びかけている「なかまカフェ」。共通の関心や課題を通して、それぞれの持ち味を発揮しながら交流していただけるように安心で安全なグループを創っていければと思います。
ほとんどが初対面の皆さんが、自分の気持ちを自然に話してくださって楽しい時間になりました。
お話や食事をしながら、ママたちは、授乳やおむつがえ、時にはおんぶであやしながら…とお子様の様子に目配り、気配りを絶やしません。お子様たちもママの傍らで、安心の表情で過ごされています。「最初は何にもわからなかった」と言われるはじめての子育てのママたちも、こんなに落ち着いてお子様と関われることに、「よくがんばってきたね」と自分にご褒美をあげてほしいと思います。
また、二人目の子育てママの存在も貴重です。「これからどうなるのかな…」と不安から先に考えがちな話題も、乗り越えてきた実体験の言葉が加わると、「何とかなるかも」と前向きな流れに変わります。
「なかまカフェ」は、自分の気持ちを自分の言葉で安心して話すことができる場。「育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫」は来月もその次も、ヘルシーカフェのらさんの「広場のら」で続けます。ヘルシーカフェのらさん、予約を受けてくださって有難うございます。

≪Infomation≫
●次回は、3月22日(金) 10:30~12:30に開催します。
参加者募集開始しています。ご案内はこちらです。
皆様のご参加をお待ちしています。

●「育休後カフェ@さいたま」を3月2日(土)に開催します。 ご案内はこちらです。
講師は、育休後コンサルタント山口理栄さんです。
皆様のご参加をお待ちしています。

Pocket