ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 「育休後カフェ@さいたまvol.3」2013年3月2日(土)開催報告
スタッフブログ

「育休後カフェ@さいたまvol.3」2013年3月2日(土)開催報告

掲載日:2013年03月07日 イベント・セミナー, スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

1995cafesaitama image3月2日(土)、「育休後カフェ@さいたま」の第3回を開催しました。
前日、関東には春一番が吹きました。当日も’春二番’と呼んで良いほどの強い風。大人も吹き飛ばされそうな風ですから、小さな赤ちゃんを連れての外出は本当に大変だったと思います。今回は、13人のママと6人の赤ちゃんが、さいたま市カフェ土瑠茶に集まりました。

≪育休後カフェとは≫
育休後カフェは、育休中または仕事に復帰した方(ママ,パパ)が、同じ境遇の仲間たちと話をするなかで、両立についての悩みを共有し、新たな気づきを得て、自分の中にある’答え’に自信を深めていく場を提供するものです。

≪Before 参加者の皆さんの「気になっていること」は・・・≫
復職後の子育てと仕事の両立という共通課題ですが、抱えている不安は、職場、夫、子どもとの関わりなど、さまざまなテーマが山積みです。
仕事の続け方。「復帰後の会社での立ち位置」はどうなのだろう、「今後の働き方と周りとの調和について気になる」。時間短縮制度のある時代ですが、「いつまで時短で働くことがよいのだろう」という不安のある方は本当に多いです。「このまま常勤を続けるべきか」、「小学校入学のタイミングで仕事が続けられるのか?」、「将来フルタイムで働くかどうか」、「働き方のペースダウンをするかしないか、子どもの進学問題について」、「最近は出産、育児を機会に起業する方が増えているようなので働き方がとても気になります」等、キャリアの重ね方と子育ての両立へ手探りする気持ちが伝わります。
「復帰後の生活をうまく回せるか」、「夫の協力が得られるか心配」、「家事の時短のコツは?」、「復帰後の生活時間。うまくやっていくには?」「仕事復帰後、母としても子どもときちんとかかわっていきたいのだが…」。職場、保育園、そして、帰宅後の生活について、等きいてみたい話したいことはいろいろです。

≪Lecture & Group「育休後カフェ@さいたま vol.3」≫
今回は、春からの職場復帰を控えている方が半数を越えるというグループの特徴を考え、育休後コンサルタント山口理栄さんの「両立の心構え」のレクチャータイムを取り入れて、参加者の皆様の課題解決のヒントをお伝えすることにしました。
「時間短縮制度」、「復帰面談で上司に伝えること」、「タイムマネジメント」、「夫とのパートナーシップ」等、「子育てと仕事の両立」のための大切なテーマをさまざまな角度から焦点をあててくださいます。

「大変さは一生続かない。毎日、毎日をしっかりとまわしていくこと」、「焦らないで、でも、諦めないで」、「申し訳ない…と思っても意味はない。今は周囲の人たちに’借り’ている状況。それは一生続くわけではありません」、「子どもと一緒の時は、子どものペースにあわせる。一方、自分がひとりの時間に自分なりの工夫ができる」、「明日は休んでも大丈夫なように常に考えて仕事をする」、「自分自身が自分を束縛していませんか?諦めずに、焦らずに、パートナーにも伝え続けることも大切」等、「ハッとする」ヒントがいろいろです。

妊娠、出産を経験し、これから職場に復帰し、仕事を続けていくということは、「社会的な役割をもつ自分」、「母として、代わりのない役割を担う自分」、「夫のパートナーシップで家族を育くんでいく自分」等、育児休業前とは違う、新たな役割意識を持っていくことの大切さを教えられます。自分の置かれた状況の中で、周囲との「関係性」の中で、自分にとっての環境をひとつひとつ創っていく道に歩み出すことへの「応援歌」をいただいた時間でした。







まあ大変。山口さんのお話をじっくりと伺っていると、カフェの残り時間もわずかになっていました。
短いグループディスカッションでしたが、3グループにわかれて、自己紹介や感想のわかちあいと話し合ってみたいテーマについて話し合っていただきました。グループディスカツションの時間が限られていた分、アフターランチも含めてご交流をいただきました。 
グループの最後は、「これからやっていきたいこと」について、おひとりおひとりにご報告をいただきました。皆さんの前向きな生き方に胸が熱くなる時間です。ブログでは皆様からいただいた言葉を、「スタートアップ記念日」として共有させていただきたいと思います。

<職場との関係>
上司や同僚ともっと話しあっていこう。
会社や同僚に感謝の気持ちも持って、働くモードにしていこう。
復帰面接にも活かしたい。
会社に対して申し訳ないという気持ちがあったが、対等に話し合っていけばいいのかな。
時間短縮制度をいつまで続けるかを考え、長く働けるようにしていこう。復帰に向けて自分の方から詰めてやっていこう。
時間短縮制度は福利厚生ではないという視点。
周囲に自分の状況を伝えることが大切と感じた。
<仕事観>
ビジネスの感覚をもっと意識していこう。
マネジメントする大切さ。
管理職をひきうけることに良い点もあることもわかった。
仕事のスキルを上げていきたい。
<子どもの環境>
復帰後の長時間勤務、子どもの環境をどうするかが課題。
地元で子育て支援やりたい人たちの活動にも関心。
何かあった時のことも決めていかなきゃ。
<夫とのパートナーシップ>
家事分担表をつけてみよう。
夫との家事分担も話し合っていきたい。
忙しい夫にも自分から働きかけていこう。
家事分担も頼めることは頼んでいこう。
夫が子どもの時間もつくっていこうと思った。

≪After「育休後カフェ@さいたま vol.2」参加者の感想から≫
漠然としていて細かいところまで詰めていなかったところを上司と話さなきゃと思いました。これからやらなきゃいけないことが、まだたくさんあると気がつかされました。
とても考えされられました。皆さんの不安なども聞けて、自分にも気付きがあってよかったです。
短時間制度について、自分でデメリットも理解して利用する視点、自分がどう考えるか、どうしたいかが、何より大切なのだということが、あたり前のようでいて、改めて気付かされたように思います。
育休後働き続ける覚悟の甘さを痛感するとともに、頑張る気持ちができました。
これから復帰のため知っておきたいことや、心構えなど知れて、また立場の近い方と話ができてよかったです。
山口さんのお話と資料がとてもわかりやすかった。自分自身の気付きももらえました。私自身は育休からすでに復帰しているので、復帰した人向けのカフェもぜひ開いて欲しい。
想像していた通りの内容でした。情報交換という場ではよかったのかもしれないが、もう少し、びっくりするほど、役に立つことや、会社に復帰するにあたり、こういう事をしたほえがよいという事を聞けるかもと期待とたいたがそうでもなかった。
ディスカッションの時間がもう少し欲しかった。仕事復帰への考え方が甘かったとわかった。
復帰前に会社に聞いておきたいことをまとめることができた。会社への感想を再確認できた。もう少しグループの話し合いの時間、交流があったらと思いました。今度は子どもと一緒に来たいです。
自分の見直しができてよかったです。仕事をしながらの子育てについては話せませんでしたが、これから復帰する人とその赤ちゃん達に「がんばれ!」って気持ちでいっぱいになりました。
地元でこういう話を出来る「場所」があり、本当に良かったです。2年前から参加したいと思っていたのですが、やっと念願がかないました。違うテーマのものも参加したいので、是非また来てください。

≪カフェ土瑠茶の皆様、大変お世話になりました≫
土曜日の開催にもかかわらず会場をご提供くださいましてありがとうございました。開催前から「育休後カフェ@さいたま」のことを地域の方に知らせていただく等、いろいろなサポートをいただき感謝しています。「あんしんな食材」を使った心のこもったカフェ土瑠茶さんのランチは、何度もご訪問するうちにスタッフにとっての「げんきランチ」になっています。これからも「育休後カフェ@さいたま」の’ふるさと’として、長いお付き合いをいただければ嬉しいです。

≪さいたま市の後援≫
「育休後カフェ@さいたまvol.3」は、さいたま市後援事業として承認をいただきました。後援承認申請にご支援、ご尽力くださいました、さいたま市 子ども未来局子ども育成部子育て企画課課長や担当者様に心から感謝を申し上げます
今回、一番嬉しかったことは、「子育て支援」のひとつのテーマとして、育児休業中のママへの支援ニーズがあるということを、さいたま市さんが「後援」というカタチで関心を示してくださったことです。
さいたま市さんのご後援をいただく、最大のメリットは「広報」です。vol.3は、その広報ネットワークを活用させていただくには、時間も充分ではありませんでしたが、vol.4、vol.5では、「さいたま市」全域にお知らせしたいと思います。

≪「育休後カフェ@さいたま」vol.4& vol.5開催宣言!≫
山口理栄さんの「低空飛行でもいいのです」というメッセージは、「続ける」ことへの価値を気付かせてくださいます。「育休後」を支え合う場として、2013~2014年「育休後カフェ@さいたま」vol.4& vol.5を続けて参りたいと思います。

「育休後カフェ@さいたま」vol.4 ~「育休後」フォローアップ編~
~春からの職場復帰。「続ける」を支え合っていきましょう。
2013年7月13日(土) 会場:カフェ土瑠茶

「育休後カフェ@さいたま」vol.5 ~「育休後」スタートアップ編
~春からの職場復帰。「さあ、育休後からはじめよう」
2014年3月頃 会場:カフェ土瑠茶(予定)

≪ご案内≫
プティパでは、なかまカフェ「育児休業’後’のママたちのピアサポート」を開催いたします。
2013年5月26日(日)9:30~11:30
会場:武蔵浦和コミュニティセンター
詳細は、後日ホームページ等でご案内いたします。

Pocket