ホーム > スタッフブログ > ピアサポート・ピアカウンセリング > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年4月19日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年4月19日(金)開催報告

掲載日:2013年04月20日 スタッフブログ, ピアサポート・ピアカウンセリング, レポート, 育児休業・育休後

4月19日(金) なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫の4回目をヘルシーカフェのら「広場のら」で開催しました。今回のなかまカフェには、育児休業中の3人のママがご参加くださいました。
*
育児休業からの職場復帰、スタンバイ完了!
4月から、Aさんのお子様の保育園ライフが始まりました。今月は短時間保育ですから、「夕方遅いお迎えになった時、子どもと関わる時間や気持ちの余裕はあるのかしら」と心配もつのるAさんです。Aさんは、お子様が2歳を過ぎるまで子育てに専念したいと育児休業制度を最大に活用されました。「せめて3歳までは一緒にいたい」というのが本当の願いなのですが、現実は…。保育園でもお子様はすぐに新しい環境に溶け込み、先生やお友だちの輪の中で安心して遊んでいらっしゃる様子です。お母様を基地として心豊かに成長してこられたからこそ、お子様も「安心分離型」の保育園ライフスタートができたのですね。本当にお疲れ様でした!
さて、まもなくの職場復帰。同じ職場に戻るとしても、この数年の間にスタッフの異動もあり、IT環境も変化していますから、ちょっと不安もよぎります。母という人生を歩み始めて、Aさんご自身の人生観や価値観も見えてきました。お子様のいる「家族」を大切にする暮らし。その家族には故郷の親たちも含まれています。
1時間を越える通勤が再開ですが、せめて帰りのひと時は、ご自身への褒め言葉のシャワーをかけるリフレッシュタイムになりますように。
*自分らしいライフスタイルを実現するために、制度や環境をどう活用する?!
「育児休業中のママ」を一括りにはできません。おひとりおひとりが自分らしい人生を願いながら生きています。
命を育む母という天職を得て、さて、これからの人生。何よりお子様は愛しい存在です。 仕事でもキャリアを積んだ皆さんが目指したいのは、子育ても仕事もバランスよく続けられる生活。
Bさんの職場は、子育てと仕事の両立がしやすい環境です。しかし、職種は選べません。自分はどんな専門性を育んでいけば良いのだろうと、ふと思うことがあります。
Cさんの職場は、育児休業だけではなく、さまざまな勤務形態が選べる制度があります。Cさん自身が子育てママのロールモデルというポジションです。時間短縮制度を利用しない職場復帰を考えています。子どもの病気への対応、保育園か幼稚園のどちらが良いのか、地域での役割の負担は?お子様の成長に最適で、激務でもある仕事責任も果たせる地域環境をどうして創っていこうかと、考え始めました。

≪ヘルシーカフェのら・ランチタイム&ティータイム≫

今日のメニューは、なんと3種類。じゃがいものスープ付きです。



とれたてのネギがくるまれたポークかつ。
塩麹煮でチキンの柔らかさ抜群、トマトスープもヘルシーなチキンの塩麹煮。
白兎堂岡豆腐店のこだわり豆腐のステーキ。本日は限定4食でした。
いつものようにいろいろな新鮮野菜に囲まれたランチプレート、おいしかったです!
食後は人参ケーキと好みの飲み物でティータイムも過ごしました。
≪参加者アンケートから≫
同年代で似たような悩みを分かち合えてよかったです。
いつものことですが、いかに自分に自信を持つかが、私にとっては必要かも?
やってみないことにはわからない。
育休中の方のそれぞれの悩みや思いを聞けてよかったです。「”仕事と育児をする時、それぞれに集中できるようになる”を目標にする」という考え方はすごくよいと思いました。
色々な話ができて息抜きができた。育休復帰への道筋を考える上で参考になる経験が聞けてよかった。
≪スタッフからのメッセージ≫
「なかまカフェ」は、自分の気持ちを自分の言葉で安心して話すことができる場です。
「ピアサポートって、いいっぱなし、ききっぱなしなんですよね」とちょっと下調べをしてくださったママの言葉にウルっとしました。そうなんです!でも、それは、「共通の課題」と「信頼関係」がある事で成り立つこと。解決の方法を教えることはできませんが、ご自身にとって「最良のCHICE」につながるための「傾聴と情報提供」の場です。すぐ効く薬ではなくて、「じっくりと自分と向き合いたい人」にはきっと何かを持ちかえっていただけるのでは?

今回も少人数ならでは、参加者の皆様の願いをゆっくりとお聞きしながら、心豊かなひとときとなりました。
ご同行のお子様たちの健やかなご成長ぶりに、日々のママたちの丁寧な関わりが伝わります。
初めての、核家族の子育てをよく頑張っていらっしゃいますね。
「ずっとこのまま子どもの成長を見守っていたい」、「仕事が最優先という生き方は望んでいないのです」という気持ちに共感です。
その昔、スタッフ自身がそんな気持ちの揺れの中で、自分を追い込んでしまったちょっと苦い経験があります。自分の中にふたつの自分がいてグルグル、グルグル。結局、仕事場では子どものことを考え、子どもの傍では仕事のことを考えるという落とし穴に嵌ってしまいました。どちらの自分にもOKがだせなくて、リセット人生を選んでしまいました。その後悔が今のプティパの活動の原点のひとつかもしれません。本当の気持ちを話せる機会があって、ちょっと前向きになれるだけで、二者択一ではない、自分らしいオーダーメイドの環境づくりができるはず。時間はまだまだたっぷりあります。

電車に乗ってのはじめての外出の場が「なかまカフェ」という方もいて嬉しかったです。
子どもがいることで拓かれていく新しいつながりは、図り知れません。
育児休業は、ママたちのじぶん育ての時間でもあります。
のんびり、ゆっくり、お子様との時間を楽しみながら、自分じかんも大切にしてください。

 「育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫」は来月もその次も、ヘルシーカフェのらさんの「広場のら」で続けます。ヘルシーカフェのらさん、予約を受けてくださって有難うございます。

≪Infomation≫
●次回は、5月24日(金) 10:30~12:30に開催します。
参加者募集開始しています。ご案内はこちらです。
皆様のご参加をお待ちしています。

Pocket