ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.1 2013年5月7日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.1 2013年5月7日開催報告

掲載日:2013年05月11日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

5月7日(火)、新プログラム「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第1回を開催しました。
さいたまでも呼びかけに答えてくださった2組の親子様がご参加くださいました。

 

ピアカウンセリングとは、共通の経験と関心に基づいた仲間同士の相互支援活動のことです。 ‘あんしん’のグループになるためのいくつかの約束事を共有します。

第1回では、人づきあいで困っていることをじっくりとわかちあいました。自分らしさが発揮できないと感じる場面を思い起こしてみると、「過去に傷ついた経験」があったり、「うまくnoーと言えずに我慢ばかりしてきた経験」があったり…。仲間同士の「ピア」の良さを活かしたピアカウンセリングの良いところは、共感がもたらすさまざまな気付きです。しんどさを抱えながらも、頑張ってきた自分もいます。

本日の参加者様の感想です。
難しいかな・・・て、構えていた部分もありましたが、参加者の方にも恵まれたこともり、楽しい時間を持てました。後になって、また、伝えきれなかったなというところがありましたが、回数を重ねて、それも改善していければなと思いました。
自分の気持ちがするするとでてきたことに驚きました。焦燥感のようなものがなく、リラックスして話せたので、体も心も軽くなりました。

安心して話せる場では、自分の感じていることを自然に言葉にすることができます。一方、「こんなことを言うとどう思われるだろう」と不安が次々に湧き出てしまって、「こんなことができない自分はダメ」と責める気持ちや疲労感が積み残されてしまうこともあります。誰にもその両方の自分がいるということは自然なことではないでしょうか。でも、その不安への対処法が、本当はやりたいことを我慢したり、行きたいのにいけないというようにご自分の可能性を狭めることであったら、それは辛いことですね。

この「ママのためのピアカウンセリング」では、参加者の方々のタイプや困っている課題に合わせて、フリーディスカッションや様々なセッションを自由に組み合わせていきたいと思います。 後半は、対話の基礎レッスンを・・・。自分のタイプを知り、ちょっとした会話のヒントを参考にしてみてください。薄皮を剥ぐように辛さが薄れていく時間をご一緒に。

今日も、初対面とは思えない、それぞれの持ち味を活かした会話が進み、楽しいひと時となりました。自分とは違うタイプの人との交流を通して、自分らしさを再発見する時間を大切にしていきたいと思います。

次回vol.2は、6月11日(火)10:00~武蔵浦和コミュニティセンターで開催です。
また、志木エリアでは5月31日(金)に開催します。
どちらでもさんかしやすい方にご参加ください。
ご関心のある方は、どうぞご連絡ください。
1クール全6回ですが、途中からのご参加もお受けいたします。

Pocket