ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪しき≫ vol.8 2013年5月10日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪しき≫ vol.8 2013年5月10日(金)開催報告

掲載日:2013年05月14日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪しき≫8回目を5月10日に開催しました。
今回は、2歳8ヶ月と7ヶ月のお子様をご同行のAさんとご一緒に過ごさせていただきました。

上のお子様の育児休業からまもなく復帰をと考えている時に、2人目のお子様を妊娠されたAさんの育児休業は、来年の春まで続く予定です。
2歳のBちゃんは、言葉のコミュニケーションもできるようになり、好奇心も溢れています。「ママ-」、「ママッ」、「マ~マ」とたくさんの関わりを求めます。下のお子様も離乳食も始まり、ハイハイの行動半径も日々拡がっていきます。眼も、手も、心も…すべてがお子様に注がれている毎日。パパもお休みの日にはお子様としっかり関わってくれています。親子4人のかけがえのない日々ですが、日常から開放されて、’じぶん時間’を過ごしてみたいという想いがよぎることもあります。
来年の春まで時間はたっぷり。仕事に復帰する日のことを考えると、ご自分のスキルアップのために今の時間をもっと活用できないだろうか等と思ったりもします。でも、毎日は子供たちと関わるうちに過ぎていきます。

≪スタッフからのメッセージ≫
伸びやかなお子様のご様子から、Aさんの日々の細やかな関わりが伝わります。本当にここまで頑張って来られましたね。
眼もかけ、心もかけながら、手は別のこと…なんてできたら、どんなにいいでしょう。一体いくつの手や眼が必要なのでしょうね。ママにもいろいろなタイプがあります。「ま、いいか」タイプもいれば、「きちんと」タイプもいます。Aさんはきっと「きちんと」タイプ。「持ち味を大切に」が一番!ですね。優先順位の付け方は人それぞれ。それが個性。
「人に頼む段取りを考えるより、自分でやったほうがいいと抱えてしまうタイプかも…」とAさんも言われていました。スタッフも抱え込み派なので、なかなか良いアドバイスもできなかったのですが…。ふりかえってみると、頼み上手になる努力はもっとしていればよかったかもしれないなぁと思います。
家事に子育て、それに仕事が加わったら、やるべき荷物は抱えきれません。ひとりですべてを完璧にはこなせません。ヘルプを誰にどう頼んでいくかという創意工夫が、子どものいる暮らしには欠かせません。
「お願いね」、「よろしくね」、「ありがとう」…周囲の人たちとの関わりがピンチを切り抜けるカギかもしれない、と今は心から思います。

「なかまカフェ」は、自分の気持ちを自分の言葉で安心して話すことができる場です。
参加者の課題にあわせてグループを進めます。小人数の時には、ゆっくりとお話をお聞ききできますし、数人のグループではお互いの経験が役立ちます。「じっくりと自分と向き合いたい人」には、安心して自分のことを話せる場でありたいと思います。

≪Infomation≫
●次回、「育児休業中のママたちのピアサポート・志木」は、6月7日(金) 10:00~12:0に開催します。参加者募集開始しています。ご案内はこちらです。
●「育児休業後のママたちのピアサポート・志木」を6月2日(日)にふれあいプラザ志木で開催します。ご案内はこちらです。
●「育休後カフェ@さいたまvol.4」を7月13日(土)に開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。

■会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
リビングの一角のプレイコーナーの遊具でBちゃんも楽しみました。
木の香りが心を穏やかにしてくれます。
今回も寛いだ時間を過ごすことができました。

「見学も大歓迎」とのことです。
お近くにお越しの時には、皆様もお立ち寄りになられては?


Pocket