ホーム > スタッフブログ > ピアサポート・ピアカウンセリング > なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2013年5月24日開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2013年5月24日開催報告

掲載日:2013年05月25日 スタッフブログ, ピアサポート・ピアカウンセリング, レポート, 流産・死産

 なかまカフェ・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート
流産・死産を経験した家族のピアサポート「まさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
流産や死産は、思いもよらない出来事。新しいいのちの宿りや赤ちゃんとの対面への期待が膨らむ日々が一転、喪失という体験に向き合うことになるのです。
プティパは、「子どもを宿した時から、’母’としての新しい人生がはじまる」と考えています。8週、27週、そして40週であっても、ひとつのいのちの母であると・・・。
今育てているお子様がいるかいないかではなく、いのちを宿した経験を持つご家族にも必要なご支援があると思います。
そのひとつが、「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」です。
プティパを設立してから数ヶ月、「哀しみをひとりでかかえないで」と呼びかけ、毎月続けています。

5月24日(金)、少し離れた街からお訪ねくだったAさんの流産・死産のご体験をお聴きしました。つい先ごろの、ひとつの命と向き合った20週という時間の重みを共有させていただきました。
Aさんの母になる願いが叶う日を心からお祈りしています。


写真は、baby-tears 天気の涙 世界一小さな花を咲かせます。
花言葉は、変わらぬ愛


≪information≫
●次回のなかまカフェ「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」は、6月21日(金)に開催します。→詳しくはこちらをご覧ください。

≪感謝≫
●「流産・死産経験者で作るポコズママの会」様のサイトに毎回の開催情報を掲載いただいています。毎月、本当に有難うございます。

「なかまカフェ」は、一条工務店志木住宅展示場モデルルームの一室をお借りして開催しています。木の香りの中で、「哀しみの体験」という深いお話を静かにお聴きすることができます。毎月本当に有難うございます。

Pocket