ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 「産後ブルー」をともに考えよう~6月9日の埼玉新聞に掲載されました!
スタッフブログ

「産後ブルー」をともに考えよう~6月9日の埼玉新聞に掲載されました!

掲載日:2013年06月11日 イベント・セミナー, スタッフブログ, メッセージ, 病気・障害のあるママたち

6月16日(日)開催のあんしん子育てサポートプロジェクト「第1回 学習会」が、埼玉新聞6月9日第14面に掲載されました。☆★☆












(記事は以下の通りです)
産後ブルーに悩む女性やその家族、地域住民たちが「療養と子育ての両立」や必要な支援について共に考える「第1回学習会」が16日午後1時半から同4時まで、さいたま市南区の]武蔵浦和コミュニティセンターで開かれる。学習会は全5回の予定。一般社団法人プティパ主催。
 第1回のテーマは、「『うつまま日記』に学ぶうつ」。精神疾患患者向け雑誌『こころの元気+』などを発行するNPO法人「コンボ」からへ丹羽大輔さんと小林絵理子さんを迎える。『うつまま日記』は、うつ病を抱えながら子育てをする母親の実体験を描いた4コマ漫画で、それぞれ精神疾患を抱える女性たちが原作、漫画作画、編集を担当。同書の制作裏話なども紹介される。会費は500円。定員は20人。当日は、無料で保育サポートも行う(定員有)、申込は14日までに、ホームページの問い合わせフォーム(http://petitpas-saitama.org)か電話048-423-6701(留守番電話対応有)で事前予約が必要(原望美)

☆★☆
原様には丁寧な電話取材をしていただきました。
イベントコーナーにコンパクトに紹介くださるのかな・・・と思っていたら、
こんなにきちんとした内容紹介をいただいたことをとても嬉しく思っています。
しかも、AKB総選挙の隣りです。
 ☆たくさんの人に知っていただけますように。
☆たくさんの方に関心を持っていただけますように。
☆たくさんの方にお越しいただけますように。

●第1回学習会開催案内はこちらです。

Pocket