ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木 vol.4 2013年7月26日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木 vol.4 2013年7月26日開催報告

掲載日:2013年08月04日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・しき」の第4回。7月26日(金)に志木駅南口の一条工務店様住宅展示場モデルルームの一室で開催しました。先月に続いて4組の親子様がご参加くださいました。和気あいあい、なんて賑やかな! 時間はあっという間に過ぎました。

[今回の主な話題]
子ども同士のケンカ~その時、どうする?
今はまだケンカという程のいざこざではありませんが、「ぶった、ぶたれた」、「おもちゃをとった、とりかえした」など、子ども同士が集まれば、いろいろなトラブルの連続。「そんな時、どう言えばいい」というAちゃんのママの問いかけです。
今回は、ロールプレイで場面を再現してみました。叩いた方のママ、叩かれちゃった方のママ、いろいろな立場になっての名演技! ふりかえりでは、いろいろな良い所を言いあったり、なってみての気付きがたくさんありました。
・「ごめんなさい」だけではなくて、子どもにも「大丈夫だった?」と声をかけてもらえると嬉しい。気持ちが全然違う。
・これまで「大丈夫です」とだけ言って、ママ同士のことばかり心配してしまい、子どもたちのことはあまり考えていなかったかも。母親として、「今は大丈夫だったけど、仲良く遊ぼうね」など、子どもたちへの言葉かけも大切と気付いた。
等など、いろいろな立場になってみることで感じあえたことがいろいろありました。 

ママ同士の挨拶~お返事がないとき、どうする?
「子育て支援センター、児童館など、お子様を遊ばせたくて頑張って出かけています。おはようございます、こんにちはとママたちに挨拶するように心がけています。でも、挨拶が返ってくることがないことも多いのです。これは、私だけ?それとも今は皆そうなの?」とBさんの悩みをわかちあいました。いろいろな意見や考えがありました。同じように感じている人もいましたし、あまり気にならない人もいました。大人数のグループではストレスを感じやすいので、自分自身も安心して参加できる人数の時間に行くようにしているという人もいました。人と人との程良い距離の取り方は難しい・・・。’正解’や’結論’は出ないけれど、時には立ち止まって、心にかかっていることを言葉にしてみることって大事にしたいですね。

[ちょっと自分のふりかえり・・・]
今回は、「アサーティブについて」お勉強。
人にはいろいろな感情が織り交ぜです。自分の気持ちを相手に伝える時、どんな自己表現をしていますか。「自分が優先。攻撃的な自己主張をする」、「他者が優先、自分は後回し。自己主張しない」、「自分も他者も尊重。穏やかに自己主張する」、ふだんのあなたはどんなタイプ?また、相手によって、自己表現がかわっていくこともありますね。自分の気持ちも大切にし、相手にも配慮しながら、適切に自分の主張を伝える-そんな自己表現が身に付いたら、どんなに良いでしょう。

[プティパからのメッセージ]
2歳のCちゃん。会場にもすっかり慣れました。持参のおもちゃも上手に使いながら、いろんな遊びを工夫しています。お昼寝から目覚めたDちゃん。ボールプールでご機嫌になりました。ハイハイのEちゃんも、ボールブールやおもちゃに興味しんしんです。「あ、立った!立てたね」。Fちゃんの立つ瞬間、皆で大きな拍手!
ママたちがお互いの子どもたちにも心を配りながら、声掛けをする場面や笑いある場面が本当に多くなりました。あ、あぶないかも・・・という時も、誰かがサッと余裕のサポート。1ヶ月のうちにお子様たちもすごく成長されますし、ママたちの関わりもすごく上手になられていくこともすごいことです。
☆★☆
このプログラムは、お子様もご一緒に参加いただいています。授乳やおむつ交換、おやつやトイレとお子様との関わりが最優先になりますが、それがママの日常であり、役割ですから、「チャイルド・ファースト」でゆっくりと進めていきます。

この1ヶ月どうでしたか?の質問に、「特に、人づきあいに困ることもなく穏やかに過ぎました」という感想が多くて、胸がいっぱいになります。
嬉しいのはママたちの「気付き」のチカラ。
「子育て支援センターを利用する時間を工夫しています」、「自分は自分と思えることで、少しくらい何かあっても大丈夫なれるかな」等、それぞれが自分の生活やタイブに合わせていろいろな工夫を重ねています。
そして、グループのチカラ。毎回、予想も出来ない位、嬉しい場面が続きます。ママ同士の前向きな気持ちやお子様たちへの優しいまなざしに触れて、この安心感がどこからくるのだろう!?と元気をいただきます。
☆★☆
毎回、参加者の方々のタイプや困っている課題に合わせて、様々なセッションを自由に取り入れていきます。
ピアカウンセリングとは、共通の経験と関心に基づいた仲間同士の相互支援活動のことです。
仲間同士の「ピア」の良さを活かしたピアカウンセリングの最も良いところは、共感がもたらすさまざまな気付きではないでしょうか。
「ママたちのピアカウセリング」は、自分とは違うタイプの人との交流を通して、自分らしさを再発見する時間を大切にしていきたいと思います。
☆★☆
次回vol.5は、8月23日(金)13:30~開催です。
これからの回からもご参加いただけます。
ご関心のある方は、ご連絡ください。

さて、第2クールのご案内を掲載しました。→こちらです。
≪志木≫グループは、第4金曜日(原則)の午後です。
全6回参加できる方を優先させていただきます。
6ヶ月の時間の流れの中で、いろいろな「気付き」を深めていただきたいと思います。
どの回からもご参加いただけます。お休みの回があっても大丈夫です。
会費は、1回ごとにお支払いいただきます。
ご参加様には、6回目ごとに「修了証」をお渡ししたします。
引き続きのご参加、大歓迎です。

 

■会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
プレイコーナーにあるおもちゃでお子様たちも楽しそうに遊んでいます。
寛ぎながら、ゆっくりとお話もできました。
スタッフの皆様も毎回あたたかくお迎えいただき有難うございます。
「見学もいつでも歓迎」とのことです。お近くにお越しの時には、皆様もお立ち寄りになられてはいかがですか?

Pocket