ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」~「赤ちゃんが無事に生まれる予定だった7月を乗り越えることが出来ました」流産を経験したAさんのそれから~
スタッフブログ

なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」~「赤ちゃんが無事に生まれる予定だった7月を乗り越えることが出来ました」流産を経験したAさんのそれから~

掲載日:2013年08月13日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 流産・死産

流産・死産を経験した家族のピアサポートなかまカフェ・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート
8月、お別れしたいのちと向き合う様々な機会が続く時節です。
「なかまカフェ・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」に重ねてご参加されたAさんからの近況報告をいだきました。
同じ経験をされた皆様とわかちあいたいと思います。

「赤ちゃんが無事に生まれる予定だった7月を乗り越えることが出来ました。
あの出来事からここまで来られた自分を褒めてあげたいと思います。
もし無事に生まれていたら今頃・・・と時々考えてしまう時があります。
でも、14週の短い期間でもお腹に宿って、生きてくれたことは絶対消えないし、幸せな事だと思えます。
一方で、自分の悲しみや苦しみを普段は見せずに生活する中で、芸能人や友人や同僚の妊娠、出産の話に動揺や嫉妬の気持ちも感じてしまいます。
時間が経っても、気持ちの移ろいが色々あります。」

写真は、baby-tears 天使の涙 世界一小さな花を咲かせます。
花言葉は、変わらぬ愛


≪プティパからのメッセージ≫
プティパは、「子どもを宿した時から、’母’としての新しい人生がはじまる」と考えています。
共に過ごした時間の長さに関わらず、女性たちは内面から大きく変化していかれます。
「まさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
期待が喪失の体験へと一転した動揺の中で、「なかまカフェ」を見つけてくださったAさん。
言葉にならない気持ちをわかちあった「なかまカフェ」での時間を思い出します。
私たちの人生にはいろいろなことが起き、私たちの心の中にはさまざまな感情があります。
ゆらぎはゆらぎのままに。
ありのままの自分を語れる場所、「なかまカフェ」のちいさなあかりを灯し続けたいと思います。
Aさん、お知らせを有難うございました。

≪information≫
次回のなかまカフェ「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」は、8月23日(金)に開催します。→詳しくはこちらをご覧ください。

≪感謝≫

流産・死産経験者で作るポコズママの会」様のサイトに毎回の開催情報を掲載いただいています。毎月、本当に有難うございます。

≪ご案内≫
流産・死産経験者で作るポコズママの会」様の「ポコズママの会発足10周年記念イベント」が9月22日(土)に開催されます。→詳しくはこちらをご覧ください。

Pocket