ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木 vol.6 2013年9月27日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木 vol.6 2013年9月27日開催報告

掲載日:2013年09月29日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・しき」の第6回。9月27日(金)に志木駅南口の一条工務店様住宅展示場モデルルームの一室で開催しました。2組の親子様がご参加くださいました

 

≪今回の主な話題≫
ママ同士のアドバイス-パート2~自分の気持ち、相手の気持ち
「先月お休みをしましたが、ブログを読んで、私もママ同士の会話では、自分の体験を話すと失礼になるのではないかと思ってしまうなと思いました。結局、差し障りのないことばかり話してしまいます」とBさん。
最近、そんな体験はありましたか?とお尋ねすると、Cさんが子育て支援センターでのママ同士の会話でちょっと悩んだ出来事を提供してくださいました。
今回は、フリーディスカッションで、Cさん自身の気持ちや相手の方の気持ちはどうだったのだろうと、いろいろなポイントから場面を再現してみました。
子育てママにはよく話題になる、あることで、あなたはどうですか?と話しかけられたBさん。Bさんには、まだ体験のないことだったので、自分には「まだありません」と返しました。「(私には)よくあるんですよ」という言葉に、「…」。もう返す言葉はありません。でも、頭の中には、人から聴いていたある情報がありました。でも、「それを言って、相手の方が気を悪くしたらどうしよう」と思っているうちに、「…」が続いてしまいました。
Cさんは、慣れた人間関係の中では、自分の考えをしっかり伝えることができるのですが、初対面や慣れない関係での会話にちょっと苦手意識があります。
「落ち着いた、しっかりした人」という印象のCさんは、今のままでも相手の方は気分を害することなどはなかったはずですが、「もうちょっと、会話が続けられたらなぁ」という気持ちがCさん自身に残ってしまったのですね。
良い、悪い、~すべき」などという批判を避けます。
自分の心の動きを見つめ、それを素直に表現します。
その時受けた感情を大切にします。
一人称「私」を使って、話してみます。
等、ピアカウンセリングで大切にしていることが、普段の会話でも助けになることを確認できたセッションとなりました。

≪修了証≫
「ママのためのピアカウンセリング・しき」をはじめて6ヶ月。毎月参加してくださったCさんには、ささやかですが、「修了証」をお渡しさせていただきました。第2クールでは、「パーソナルテーマ」を設定して、ゆっくりとチャレンジを続けていただければと思います。
半年のうちに同行のお子様はねんねからハイハイ、立っち、伝い歩きと順調に成長されました。「あ~」、「う~」と表情豊かな、かわいい声がたくさん聞かれるようになりました。お子様の成長に負けない位、Cさんも気持ちや生活の変化があると感じ、毎回とても嬉しく思っています。

≪参加者の皆様のメッセージ≫
自分自身気付かないけれど、少しずつ私が成長していると言われ、嬉しかったです。
相手を気遣うことは大切だけど、もっと「私」を出してよいと言われて、少しずつやっていってみようと思いました。Yes/Noの質問を受けても、話を膨らませていけるように話をしてみようと思います。

≪プティパからのメッセージ≫
「どうして、そんな気持ちになるのしら?」、「相手の方は、どんな気持ちでお話したのかしら?」。何気ない日常風景を振り返ってみると、自分の大切にしていることや、こだわっていることが、少しずつ見えてきたりするものです。
スタッフ自身が、会話への苦手意識があるのではじめたプログラムなのだと、いつも思います。「過ぎたことは仕方ない」とやり過ごしてきたものですが、ピアカウンセリングに出会って、随分と支えられています。話すチカラは聴くチカラをつけていくことなのかもしれません。
日頃は、話せないいろいろなことを「ママのためのピアカウンセリング」で荷降ろししてください。

●第2クールもさいたま、志木エリアで続けます。参加者お一人お一人の「6回目」を祝福しながら、継続的にご参加できるプログラムとなっていますので、<続けての方>も<初めての方>もご一緒に学び合っていきましょう。
☆★☆
このプログラムは、お子様もご一緒に参加いただいています。授乳やおむつ交換、おやつやトイレとお子様との関わりが最優先になりますが、それがママの日常であり、役割ですから、「チャイルド・ファースト」でゆっくりと進めていきます。
☆★☆
毎回、参加者の方々のタイプや困っている課題に合わせて、様々なセッションを自由に取り入れていきます。
ピアカウンセリングとは、共通の経験と関心に基づいた仲間同士の相互支援活動のことです。
仲間同士の「ピア」の良さを活かしたピアカウンセリングの最も良いところは、共感がもたらすさまざまな気付きではないでしょうか。
「ママたちのピアカウセリング」は、自分とは違うタイプの人との交流を通して、自分らしさを再発見する時間を大切にしていきたいと思います。
☆★☆
次回vol.7は、10月25日(金)13:30~開催です。
これからの回からもご参加いただけます。

第2クールのご案内を掲載しました。→こちらです。
≪志木≫グループは、第4金曜日(原則)の午後です。
全6回参加できる方を優先させていただきます。
6ヶ月の時間の流れの中で、いろいろな「気付き」を深めていただきたいと思います。
どの回からもご参加いただけます。お休みの回があっても大丈夫です。
会費は、1回ごとにお支払いいただきます。
ご参加様には、6回目ごとに「修了証」をお渡ししたします。
引き続きのご参加、大歓迎です。

■会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
プレイコーナーにあるおもちゃでお子様たちも楽しそうに遊んでいます。
寛ぎながら、ゆっくりとお話もできました。
スタッフの皆様も毎回あたたかくお迎えいただき有難うございます。
「見学もいつでも歓迎」とのことです。お近くにお越しの時には、皆様もお立ち寄りになられてはいかがですか?

Pocket