ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.6 2013年10月7日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.6 2013年10月7日開催報告

掲載日:2013年10月13日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

10月7日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第6回を武蔵浦和コミュニティセンターで開催しました。今月から≪さいたま≫は、月曜日開催となり、3組の親子様がご参加くださいました。

[今回の主な話題]
ママ同士のお付き合い
子どもを持つことで新たに始まるママ同士のお付き合い。避けては通れません。

しかし、年齢もタイプも実に幅広い”ママ”たち。
利用している子育て支援センターには、すでにいくつかのママグループができているようで、孤立感を感じてしまったり、子ども同士が仲良くなったママが、ちょっと苦手なタイプだったり…。気疲れでママ同士のお付き合いが億劫に感じる人も多いものです。
今回も、ママ同士のお付き合いの悩みがいろいろ。「私だけじゃないのね」と共感しあう参加者の皆様。
Fさんは、以前のセッションに参加したことが、学生時代の友達づきあいを振り返るきっかけになったそうです。自分は、お互いに理解し合える人とじっくり付き合うタイプだったと気付くことで、ママ同士のお付き合いもあまり無理せず、自然体で関われるようになったそうです。
Gさんは、ママになっても、これまでの友人とのお付き合いを大切にしています。自分を理解してくれる友人との気がねのいらない関係は、宝物です。心豊かな”自分じかん”があることで、ママ同士のお付き合いも程良い距離感があって良いのだと思えるそうです。

パートナーの立場
子どもが可愛くって仕方ないというのはパパも同じ。

限られた時間でも子どもと関わってくれるのは嬉しいことなのですが、「どうして〇〇できないんだ」とか、「もう少し、△△するようにしなきゃ」とか、ピンポイントのアドバイスに、自分のことが責められているように感じたり、「他人ごとみたい…」と反発を感じたりすることも・・・。パートナーの言葉が、何だか「一方的」と思えてしまうのはどうしてなのでしょう。
今回のセッションでは、パートナーとの関係を振り返る時間も取り入れました。「パートナーは、お子さんのことをよく理解していると思う?」、「パートナーは、あなたの話をよく聞いてくれる?」、「結婚前と今。変わったと思うことは?」等など…。
パートナーの立場もちょっと考えてみました。以心伝心と思いたいけれど、話さないとわからないこともいろいろありですね。特に、お子様のことは、パパの知らない時間の中でどんな様子なのか。パパには聞かないとわからないことも実はいろいろ。圧倒的な情報格差の中で、ボタンの掛け違いが続いていきませんように・・・。「このくらいやってくれても当然」という気持ちが潜んでいたりするかも。”空気のような関係”でちゃんと向き合うのは大変!
でも、「大変な時を支えてくれたパートナーへの感謝」、「日々の”ありがとう”で、パートナーシップもより深く…」など、良いところがたくさん再発見できました。

≪参加者の皆様のメッセージ≫
いろいろな人の話が聞けて、共感できたり、アドバイスをもらったり出来て、少しずつ自信ができることを実行していこうと思います。話を聞いてくれてありがとうございます。
ママ付き合いが辛い時、こういう考え方がある、こういう意見があったなと思いだして、心を軽くしていこうと思います。夫婦関係の見つめ直しで、夫の存在の有難さや、伝え方も聞けてよかったです。私だけじゃないんだと思えてきてよかったです。
夫婦関係の事について気付かされました。

≪スタッフからのメッセージ≫
毎回、「お子様のお気に入りのおもちゃをひとつ」とお願いしていますが、皆様いろいろなお出かけグッズを持参くださって、お子様たちも仲良く遊んでくれています。ママたちのじかんを応援してくれて、本当に有難う!

6回目のご参加となるIさんには、ささやかですが、第1クールの「修了証」をお渡しすることができました。
好奇心溢れる年齢になったお子様にも、じょうずに声掛けをされています。
久しぶりにお会いできたFさん。セッションでも気付きを大切にしてくださって、自分らしく生きる姿が伝わります。とても頼もしくなられました。
初参加のGさんをお迎えして、和やかなひとときとなりました。2時間は本当にあっという間で、センターのスタッフさんには、「終了時間は〇時ですよ」とちょっと苦言をいただいてしまうのですが…。
☆★☆
 「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

次回vol.7は、11月11日(月)10:00から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。
どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。

Pocket