ホーム > スタッフブログ > ピアサポート・ピアカウンセリング > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年10月18日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫2013年10月18日(金)開催報告

掲載日:2013年10月26日 スタッフブログ, ピアサポート・ピアカウンセリング, レポート, 育児休業・育休後

10月18日(金)、なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫を開催しました。
ヘルシーカフェのら様の「広場のら」には、3組の親子様がご参加くださいました。



 ≪仲間同士の相互支援の場≫
上のお子様は2歳。第一反抗期とも言われるイヤイヤ期の真っ最中。年子の下のお子様は、立ち歩きをはじめ、好奇心いっぱい。目が離せません。仕事再開後の毎日の生活を想像すると、「復帰後の家事と育児の両立ができるか心配です」というEさん。
あの暑い夏の出産から3ヶ月、お子様はかわいくなるばかり。Fさんは、「出産前は早くに保育園に預けて…と思っていたものの、実際出産するとそのような考え方が変わり、可能な限り子供といたい」という気持ちが溢れます。
上のお子様のご出産から5年。哀しみのご体験を幾度も越えて授かった、待望の二人目のお子様の誕生は、Fさんと同じ頃。「激務の仕事への復帰後を考えると不安な気持ちにもなる」Gさんです。
お子様への語りかけを大切にされてきたGさん。今では、5歳になったお子様は’頼りになる存在’だそうです。
イヤイヤ期と向き合うEさんには、少し先の見通しにつながる体験がいろいろ聞けました。
初めての子育てのFさん。手探りで集めてきたFさんの地域の子育て支援情報。同じ頃に出産されたGさんにも関心のあるものがありました。
ネットやチラシをきっかけにプティパの「なかまカフェ」につながってくださった、3人のママ同士、話題は尽きません。

≪仕事も子育ても大切な人生≫
皆さんの共通点は、「仕事も子育ても大切にしたい」という想いでした。
「仕事を辞めるという選択肢は今の自分にはありません」という気持ちを真ん中に置いて見ると、「復帰後の生活、どうなる?」という不安の渦が、「復帰後の生活、どうする?」に変わっていくのは、本当に不思議です。周囲の環境をどう活用できるかという前向きの視点に変わっていきました。
例えば、「どこに預かってもらえるだろうか」と考えていた保育園選び。「子どもを育てるパートナーとして頼りになる保育園と出会いたい」、「実際に子どもと一緒に見学に行ってみよう」、「夫にも意見を聞いてみよう」とリアルな行動に急展開!

自分ひとりの頑張りだけでは、決して乗り越えていけない山あり谷ありの「仕事と子育ての両立」。お子様の病気も避けては通れません。専門のスキルを発揮しなければならない3人のママたちのお仕事は、限られた時間の中でその責任をどう果たしていくかという質の高さを求められるもの。夫や同僚と協力がなくては、続けられるものではありません。「仕事を続けたい」という’覚悟’は、これからの人生を共に歩く、子供や夫、同僚、保育園、ママ友たちとのパートナーシップを拓いてくれそうです。

≪ヘルシーカフェのら・ランチタイム&ティータイム≫

今日のメニューは、3種類のスパゲッティ。新鮮なお野菜のプレートやスープもついて、とってもヘルシーでボリュームいっぱい。
ランチタイムには、お子様連れのグループでお部屋がいっぱいになりました。

≪スタッフからのメッセージ≫
市役所においてあったチラシをみてくださったFさん。ネットをみて、少し遠くの街から車できてくださったEさん。予定を調整して駆けつけてくださったGさん。あまり広くお知らせが出来ていない「なかまカフェ」を見つけてくださる方々が毎月いらっしゃることに、本当に感謝です。
特に、≪さいたま≫はヘルシーカフェのらさんのご協力なくしては開催できないプログラムです。人気ののらさんは会場予約も大変なので、今月で休会を検討していたのですが、参加者の皆様に「気兼ねなく、仕事と子育ての話ができる場は大切。同じ想いのママたちのためにも続けてくださいね」と励ましをいただきました。会場がとれましたら、ゆっくりと気長に開催を続けたいと思います。

≪Infomation≫

●11月、12月のなかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート≪さいたま≫はお休みいたします。
●2014年の会場の予約ができましたら、ご案内いたします。

Pocket