ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.8 2013年12月9日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.8 2013年12月9日開催報告

掲載日:2013年12月11日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

12月9日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第8回を武蔵浦和コミュニティセンターで開催しました。4組の親子様がご参加くださいました。お子様の発熱やママの体調でお休みの方ももいらっしゃいました。その後の体調、いかがでしょうか?

【主な話題】
最近、困っていることはどんなこと?~フリーディスカッション~
「ママ友に’家に遊びに来ませんか?’と声をかけられました。誘われたら自分もおもてなししなくてはいけないのでは?と思うと少々気が重くなります」
「ママ友から’今度、お話しましょう’とメールが届いたのですが、その後の返事がありません。その今度はいつ?」
―等など、最近ちょっと困っていることについて、自由に話し合っていただきました。
「ご近所で、子ども同士のお付き合いも続きます。’これから’があるお付き合いだから、いろいろと考えてしまいます」
「遊びに来て欲しいと相手の方も思っているのでは?」
「家にお友だちを呼ぶのが好きというタイプの人もいます」
「軽い気持ちで’来ませんか’と言っているのかも…」
「家に呼ばれるだけでも羨ましいですよ」
‘正しい答え’がある訳ではありません。お互いに心地良い、ほど良い距離のお付き合いって何だろう?お互いの体験を話しながら、それぞれの感じ方や受け止め方があるなぁと実感する時間となりました。
傾聴のレッスン
話すのが好きと言う人もいれば、聞くのが好きという人もいます。タイプはいろいろですが、「聴く」力がつくとコミュニケーションは、<もうチョット>楽しさが加わります。
今回は、傾聴のレッスンを取り入れてみました。お互いに話を聞き合ったり、相手の話を受け止めて返してみたり。アドバイスばかりの会話と気持ちを受け止める会話の聴き較べもしました。「聴いてもらって嬉しかった」、「自分の言いたいことをわかってもらえて嬉しかった」という気持ちを毎日の暮らしの中でも思い出していただければと思います。

≪参加者の皆様の感想から≫
皆さんの意見とても参考になりました。ありがとうございました。また、ぜひ参加したいと思います。
言葉がけひとつで相手に感じとられ方が違うって聞けて良かったです。
自分の内面を俯瞰できる場として参加できてよかったです。
もっと自分に自信を持って生きていきたいと思いました。皆さん、頑張っているんだなぁと励まされます。

≪スタッフからのメッセージ≫
ママたちのレッスンの間、お子様たちも思い思いに遊んでいます。おもちゃを譲りあったり、お部屋の中を歩いたり…。落ち着いて過ごす様子から、ママと一緒の安心感が伝わってきます。「あ~」、「う~」。言葉の獲得、真っ最中のお子様たち。いろいろな言葉がけを続けてあげてくださいね。
「地域のグループにも、自分の持ち味で参加できるようになりました」、「少しずつ地域の交流の場に出かけてみようと思うようになりました」等など。月に1回のグループでできることは少しずつですが、参加者の皆様の暮らしにも活かしていただけていることがわかり、本当に嬉しい気持ちです。
☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。
☆★☆

次回vol.8は、1月6日(月)10:00から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。
※どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。

Pocket