ホーム > スタッフブログ > こころがブルーなママたち > 【お知らせ】『あんしん子育て’サポートプロジェクト’学習会報告集2013』ができました
スタッフブログ

【お知らせ】『あんしん子育て’サポートプロジェクト’学習会報告集2013』ができました

掲載日:2014年01月19日 こころがブルーなママたち, イベント・セミナー, スタッフブログ, レポート

『あんしん子育て’サポートプロジェクト’学習会報告集2013~産後ブルーに悩むママたちが本当に必要としているサポートとは?~』ができました。

2013年に開催した全4回の学習会の抄録と参加者様のメッセージをまとめました。
(A4版 全20ページ)



≪掲載内容≫

・第1回学習会  『うつまま日記。』に学ぶ産後うつ
・第2回学習会  ママの体験 産後うつを通して思うこと~発病・回復・支援へ~
・第4回学習会  うつ病の親をもつ子供たちへのサポート
・第5回学習会  パパの体験 産後うつの妻を支える
・参加者メッセージ

こちらから内容をご覧いただけます。
報告集☆2013学習会(PDF 2.46MB)
@2013 あんしん子育て’サポートプロジェクト’学習会報告集

現在、ご支援いただいた関係機関様、参加者様(希望者)にお配りしています。→ 配布は終了させていただきました。
報告集のご購読ご希望の方に ―。
若干数を有償にて頒布致します。
・頒布料金500円(送料込み)
・送金方法は、お申込者様にお知らせいたします。 
・問い合わせフォームより、お申し込みください。
「報告集」希望とし、以下の項目をご記載ください。
お名前/郵便番号・ご住所/メールアドレス/希望部数

産後うつママたちの
”あんしん子育て”サポートプロジェクトについて

初産婦の85%がマタニティブルーを経験し、産後うつ病は妊産婦の10%~15%に発症すると言われています。妊娠・出産が心身に急激な変調をもたらすとともに、発病の背景には、さまざまな要因が複合的に絡まっていると考えられます。病状の変化に適宜適応しながら、子育てや日常生活を維持していくことは、並大抵の努力で越えていけるものではなく、周囲の協調的な関わりが大切です。

産後うつ病について、本人、家族、支援者、一般住民が相互に理解を深めることによって、安心して「療養と子育ての両立」に取り組める環境づくりを支援することが求められています。

産後うつママたちの”あんしん子育て”サポートプロジェクト『ルポゼ』は、大和証券福祉財団「平成24年度(第19回)ボランティア活動助成」を受け、はぐはぐ(ママブルー埼玉支部)と一般社団法人プティパが協働で実施します。産後うつやさまざまなメンタルヘルスの課題で悩むママの子育てについて、ご本人、ご家族、支援者、地域の皆さんで相互理解を深めあい、「療養と子育ての両立」に必要な支援について、ご一緒に考えていきましょう。

一般社団法人 プティパ

Pocket