ホーム > スタッフブログ > メッセージ > ≪謝辞≫一条工務店志木住宅展示場の皆様
スタッフブログ

≪謝辞≫一条工務店志木住宅展示場の皆様

掲載日:2014年03月30日 スタッフブログ, メッセージ, 地元・埼玉の話題

プティパの活動は、無償のご支援をくださる皆様の支えをいただき、2年目の活動を続けています。
今回は、「なかまカフェ」等のプログラムの会場提供をくださっている、一条工務店志木住宅展示場様のことをご報告させていただき、日頃のご支援への御礼とさせていただきたいと思います。

≪出会い―≫
常設スペースがまだないプティパは、公共スペース等を会場にプログラムを開催していましたが、なかなか予約はとれません。かといって、お子様連れでも歩いて来られるアクセスのよい場所なんて、なかなかありません。いろいろな場所を訪ね歩きましたが、断られるばかりです。
プログラムの定期開催のご案内ができなくて困り果てていたところ、助けてくださったのが、一条工務店志木住宅展示場様でした。

≪家族を創る―≫
「利用させてください」とお願いに伺いました。スタッフ様が展示場内を丁寧にご案内くださり、プティパの活動についても、耳を傾けてくださいました。そして、「一条工務店は、家を創るのではなくて、家族を創るお手伝いをしています。共通するところがありますね」と言われ、店長様につないでくださいました。
店長の宮地正和さんは、あらためて時間をとってくださり、さらに詳しくプティパのお話を聴いた上でモデルルーム利用を許可してくださいました。2012年の秋のことです。

 ≪今年もお世話になります≫
それから1年半。一条工務店志木住宅展示場のモデルルームでは、「なかまカフェ」、「ママのためのピアカウンセリング」を開催させていただきました。いろいろなママとお子様たちと、ゆっくりとお話する時間を重ねることができました。朝、スタッフの皆様は、本当に丁寧にモデルルームの手入れをされています。モデルルーム内のおもちゃも使わせていただくことが多いのですが、元通りに組み立てられなくて、ご迷惑をおかけすることもたびたび。それでも、いつも変わらない親切な対応をいただいています。
先日、新たなお願いに伺いました。「週2回、使わせてください!」
宮地店長は、再び、丁寧にプティパの活動について聴いてくだって、所内会議にかけてくださいました。
おかげで、火曜日の午後と金曜日の利用許可をいただくことができました。

これまでも「○○をしてください」ということは、一切言われたことはありません。少し心配になってお尋ねしました。「とはいえ、家を創ることがお仕事ですから、営業も大切ですよね。何かした方が良いでしょうか」
宮地店長は「押しつけがましくない方法で」と微笑みながら、「一条のことを伝えてください」と言われます。
一条工務店志木住宅展示場様とのご縁を戴いて思うことは、人と人のつながり・信頼関係を大切にされている姿勢がプレない方たちだということです。
ですから、こちらも同じ気持ちでお付き合いさせていただこうと思います。

今、プティハは、「感謝」をお伝えする以外に御礼はできません。いろいろな方たちの支えをいただいて、プティパの活動の意味をいつか「カタチ」にしていきたいと願っています。
一条工務店住宅展示場の皆様、これまで本当に有難うございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 【ご案内】
一条工務店志木住宅展示場
Tel;048-471-7811
住所:朝霞市三原3-33-23
アクセス:東武東上線 志木駅5分
車:国道254号線より志木街道・保谷志木線で志木駅南口方面
本物にこだわる誇りを大切に、チームでお客様の家造りをお手伝いします
私たちは、自分が担当するお客様でない場合でも、担当として接するよう心がけています。展示場全体、つまりチームで接することで、お客様が戸惑われたり困られたりする場面を無くし、安心して家造りを行っていただきたいのです。本物へのこだわりが、私たちの誇り。天然木を使うことで5、10年後に違いが現れます。お客様が気がつかない部分まで配慮する。それが、私たち一条工務店の愛情だと思っています。≪一条工務店ホームページより転載させていただきます≫
http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_ichijo/084678_0018_11/

Pocket