ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2014年4月18日開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2014年4月18日開催報告

掲載日:2014年04月18日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 流産・死産

なかまカフェ・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート 

「まさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
プティパは、流産や死産という思いもよらない出来事を体験された皆様に「哀しみをひとりでかかえないで」と呼びかけ、気持ちを言葉にする場を持ち続けています。

≪今月のなかまカフェ≫
4月18日(金)、40週でご出産されたお子様と1日でお別れをされたEさんと27週でお別れをされたFさんが「なかまカフェ」にお越しくださいました。偶然にもお二人はこれまで体験者の会で二度お顔を合わせたことがあったそうです。「なかまカフェ」は何か大きな力に選ばれ、引き寄せられるように、共通点が重なる方々の出会いの場になることは本当に不思議です。

Eさんは、まだ冬深い頃、お子様の誕生日を迎えました。その日、ご主人はケーキを用意してくれました。お子様がお腹にいた日のこと等、体に刻まれている実感が時間と共に薄らいでしまうのではないかという寂寥感や、産まれたあの子が今はいないことを受け入れがたい感情は消えることはありません。

Eさんは、青葉の季節にお子様の命日がめぐってきます。同じ頃、マタニティだった方がお子様と一緒に過ごす様子を見ることは、辛さをさらに深いものへと沈めます。大切な人とのお別れを体験した人の言葉は心に届きますが、周囲の人の労りの言葉は、どんなに優しさを込めたものであっても、新たな痛みを強めるばかり…。ネガティブな感情を引き出す自分をまた責めてしまう…。

お二人にとっては、揺れる心をまるごと受けとめてくれるパートナーが傍らにいてこそ、越えられた日々でした。
「この辛い体験をこれから同じ体験をした方たちのために活かす道はないだろうか」。Fさんはパートナー共に、そんな想いを病院にお伝えしたのだそうです。その声は大病院を動かすまでには至らなかったそうですが、体験をされた人が、「もうひとつの」支えを必要としていることは、心ある専門家の人たちにも届いたに違いありません。
Eさんも、涙癒えることはない日々の中で、いろいろな出会いを求めながら、自分だからできることを見つめていらっしゃいます。お会いするごとに、共感を知る人の豊かさが増していることを感じます。
大切なお子様との突然のお別れを通して、Eさん、Fさんに新しい価値観が芽生えていることが伝わる、深い時間でした。

≪参加者様の感想-アンケートから≫
今日、初めて参加させていただきました。もうすぐ娘が亡くなってから1年が経とうとしています。
一年経っても、悲しみや辛い経験は、忘れることはないと、日々の生活の中で抑えている感情が涙と共に溢れてきました、
同じ経験をした方達たちとお話させていただくことで、自分一人ではないんだと、また再確認することができました。たくさん話ができて、お話を聞けて良かったです。有難うございました。(リア様)
やはり体験者の方と話をするのは、夫とは違い、共感できることも多く(特に今日は)、自分だけではないのだなという想いを新たにしました。なかまカフェに来る方々は、素敵な方が多いです。一度だけで別れてしまうのは、本当にもったいないなぁと思いこともありますが、なかなかつながる術がなくて、残念に感じることもあります。でも、今日の方とのように、ミラクルが起きて、偶然出会えることもあるので、今日は本当に出席して良かったです。

 写真は、baby-tears 天気の涙 世界一小さな花を咲かせます。

花言葉は、変わらぬ愛


≪スタッフからのメッセージ≫
「なかまカフェ・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」は20回目。今年になってからは、呼びかけだけでしたので、体験のわかちあいは3ヶ月ぶりとなりました。
24もの駅を通ってきてくださった方、近く街から幾度目かのご参加をくださる方。つながってくださって有難うございました。
人にはいろいろな感情があるものです。「なかまカフェ」は、揺れる心を癒しに帰る港のようになれればよいのですが。

☆★☆
「まさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
流産や死産は、思いもよらない出来事。新しいいのちの宿りや赤ちゃんとの対面への期待が膨らむ日々が一転、喪失という体験に向き合うことになるのです。
プティパは、「子どもを宿した時から、’母’としての新しい人生がはじまる」と考えています。8週、27週、そして40週であっても、ひとつのいのちの母であると・・・。
今育てているお子様がいるかいないかではなく、いのちを宿した経験を持つ女性、ご家族にも必要なご支援があると思います。

≪information≫
次回のなかまカフェ「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」は、5月23日(金)午後に開催します。→詳しくはこちらをご覧ください。

≪感謝≫
流産・死産経験者で作るポコズママの会」様のサイトに毎回の開催情報を掲載いただいています。毎月、本当に有難うございます。

会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
木の香りのする落ち着いた空間で、ゆっくりとお話をすることができました。

Pocket