ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.13 2014年5月12日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.13 2014年5月12日開催報告

掲載日:2014年05月17日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

5月12日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第13回を武蔵浦和コミュニティセンターで開催しました。3組の親子様がご参加くださいました。お子様の体調等でご参加出来なかった方も、次回お会いできることを楽しみにしています。

[今回の主な話題]
子どもとの関わり
幼稚園児となったEさんの下のお子さま。元気に通いはじめましたが、制服を着ることは嫌がります。「どうして~?」。無理強いはせず、スモールステップで一歩ずつ見守って、ようやくブラウスはOKになりました。
Fさんのお子さまはプレ幼稚園。遠足がありました。ワクワクしてバスの出発を待っていたら、別のバスが発車して、がっかり。気分を削がれたお子様は思い切り、そのがっかりをぶつけます。「周りの人には、癇癪を出す変な子に思われたことでしょうね」とこれからの幼稚園でのママ付き合いに暗雲を感じてしまうFさん。
Gさんの上のお子さんはしっかりタイプ。この頃は、こうしたいと思ったことは何を言っても聞き入れません。例えば、買い物に行って、「苦手な食べ物だからきっと食べないわ」と思うものを欲しがります。親も折れて買ってみますが、「ほら、やっぱり~。だから言ったじゃないの」。同じことが繰り返されるとイライラ感が溜まってしまいます。
☆★☆
子どもたちも小さな社会人。世の中にはいろいろな約束事があります。自分のことだけではなくて、他の人のことも考えて行動できる人になってほしいと親は願います。

核家族の子育てでは、子どもたちはたくさんの人と関わりながら見よう見まねで世の中のことを学んでいく経験が乏しい時代です。大人の眼から見れば、「どうしてこんなあたり前のことがわからないのだろう」と驚くことの連続。最前線のママたちは、まだ言葉では「どうして?」が伝えられない子どもたちの「困った」行動と向き合っていくことになります。「困った」行動は、子どもたちの「困った」のSOSかもしれません。いきなり小さな社会に出会って、戸惑うこともたくさんあることでしょう。ちゃんと伝えているつもりでも子どもには届かないイライラ感。今回は、こんな子どもたちの「困った」行動の奥にあるものを知り、見通しを持って、安心して行動できるようにするようになるには?が共通テーマになりました。さて、世の中の「あたり前」を伝えていくにはどうすればいい?
☆★☆
ひとつのヒントとして、傾聴のレッスンから「反映(リフレクション)」を学び合いました。言葉のコミュニケーションが自由にできるようになっても、子どもたちは大人のように抱えている感情を言葉にできている段階ではありません。相手の気持ちに横並びになって、対話をするスキルは、子どもたちの豊かな感性に気付くチャンスをつくってくれることでしょう。

≪スタッフからのメッセージ≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」も開催から1年。第3クールがはじまりました。1年続けてくださる参加者様もいて、嬉しく思います。「月に1度、グループで話せることが安心につながる」と感じてくださっている言葉をお聞きすると、初めてよかった、続けて良かったと心から思います。毎回、参加者様の抱えているテーマをわかちあう中から、自分のタイプに気付いたり、日々の暮らしに活かせるコミュニケーションのスキルを学び合っています。

参加者様の熱心な参加に支えられています。今回もお子様たちの個性を理解しながら、よりよい関わりをと願う愛情が伝わる、あたたかいセッションとなりました。

☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

次回vol.13は、6月2日(月)10:00から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。

Pocket