ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木エリア vol.14  2014年5月13日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木エリア vol.14  2014年5月13日開催報告

掲載日:2014年05月17日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

5月13日(火)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木エリア」の第14回を一条工務店志木住宅展示場で開催しました。志木エリア第3クールは4組の親子様のご参加でスタートです。

[今回の主な話題]
「出会い」のセッション
初回は、お互いの「出会い」と「場」を共有することが目的です。
今回は、フリーディスカッションを中心に自己紹介や困っていることのわかちあいから―。
共通する話題は、「ママ友」。
Iさんは、住む街に転居をして、2人のお子様の子育て中ですが、上のお子さんの時のように子どもを通じて何でも話せるママ友とまだ出会えていないことで、少しさびしい気持ちを感じています。
Jさんは、子育て支援センターのプログラムでは、賑やかなママグループと距離を置いた参加をしています。
kさんもお引っ越しをした街で、まだママ友だちという関係までは深まらないお付き合い。
Lさんは、赤ちゃんと一緒に参加できる小さなグループで、安心して話せるママと出会うことができました。ママ友はたくさんではないけれど、穏やかな交流を続けています。
★☆★
子どもと一緒に参加した場所で、すでに出来上がったママ同士のグループとの距離を感じながら、自分なりの「人づきあい」について考えようと思ってくださったことが、参加者の皆さんの共通点でした。
ようこそ、ママたちのピアカウンセリンクへ。
今回は、「自分の気持ち」に気付くワークや他己紹介も取り入れながら、「はじめまして」の交流をしました。
いかがでしたか?
自分自身のことをわかっていなかったので、これから考えてみようと思いました。
自分を再確認できて良かった。
同じ悩みを持っている方がいたので、悩んでいるのは私だけではないと思いました。
自分以外の参加者の皆さんの話しを聴きながら、自分の悩みや気持ちを素直に話せたのが居心地が良かったです。
皆さんの悩みが自分の悩みと全く同じだったり、共感することが多くて、自分だけではないと安心出来ました。まだ、悩みや不安は消えていませんが、気持ちが軽くなった気がしています。
同じ気持ちの方々がいて、同じ悩みで気持ちが共感出来たような感じて、少し安心しました。私だけではないんだと。まだ、不安はありますが、前向きに頑張っていこうと思いました。
(参加者の皆様の感想より)

毎回、参加者の方々のタイプや困っている課題に合わせて、様々なセッションを自由に取り入れていきます。
ゆっくりと、楽しみながら続けていきましょう。

≪スタッフからのメッセージ≫
「ママのためのピアカウンセリング」は、小さなお子様たちも一緒のグループです。お子様たちも初めての場所で驚いたことでしょう。まだ、ハイハイ前のお子様も本当に穏やかにママたちの時間を見守ってくれました。お話が上手になったお子様たちは、今日初めてあったとは思えないほど仲良く遊んでくれました。不安が安心に変わると、人はこんなに伸びやかに過ごせるものなのですね。子どもたちは天才です。そして、日頃からママやパパたちが丁寧にお子様に関わっていることが伝わってきました。
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」と考えるママたちは、自分や周囲の人を大切にしたいという心を持つ方たちだと、いつも思います。その優しさがどのような場でも自分らしく発揮できますように、お手伝いしたいと思います。

☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

 次回vol.15は、6月10日(火)13:30から一条工務店志木住宅展示場で開催致します。どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。

 ≪謝辞≫
「なかまカフェ」は、一条工務店志木住宅展示場モデルルームの一室をお借りして開催しています。木の香りの中で静かに穏やかな心でお話しができますし、お子様たちもおもちゃで楽しく過ごすことができます。本当に有難うございます。

Pocket