ホーム > スタッフブログ > コミュニケーション > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.1」2014年6月17日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.1」2014年6月17日ふれあいプラザ志木

掲載日:2014年06月20日 コミュニケーション, サロン, スタッフブログ, レポート

プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
6月17日(火)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第1クールの第1回目です。6組の親子様がご参加くださいました。
講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくだいました。


≪今月のレッスン≫
第1回のテーマは、「サインの効果」、「サイン育児のコツ」、そして、「生活に役立つサイン」。
お人形や風や海などいろいろな場面を作り、お子様たちと感触遊びを楽しみながら、日々の暮らしの関わりを通して、お子様とのコミュニケーションを豊かにするサインを学びます。
1回目レッスンのポイント
サイン育児ってどんなことするの?
サイン育児のメリット・デメリット
サイン育児のコツ
サインでやってほしくないこと
実はあなたも自然にやっているサイン
まずは赤ちゃんの身の回りのサインから

 

最後は、絵本『どうすればいいのかな?』を読んでくださいました。
くまくんが自分で洋服を着ようとがんばっています。   シャツをはいたらどうなるの? パンツを着たら? 帽子をはいたら? 靴をかぶったら?困ったくまくん―。どうすればいいのかな?着るということ、履くということ、かぶるということ。小さなお子様たちは、このくまくんのように自分で体験して、ひとつひとつ発見しながら、大切なことを身につけていくのですね。
ママや周囲の大人たちは、お子様たちの気付きの旅に寄り添う人たち。今日もいろんなサインを学びました。例えば、「帽子」。暑くなってくる夏。帽子のサインでお出かけも楽しくなりそう―。
 

  ≪講師・中本緑さんからのメッセージ≫
6組のママとベビーで楽しみました。
手作りの教材で遊びながらサイン育児の楽しさを感じて頂きました。
初回は身の回りのものをサインで表しながら、
バリバリしたもの、しゃかしゃかしたもの、ふわふわしたものなど
いろんな手触りを楽しみました。
どのお子さんも大変よく見て反応していましたので、サインが出るのが楽しみです。

≪参加者の皆様の感想≫
サインを覚えてコミュニケーションがとれたら、いいなって思って参加しました。簡単なものから覚えて使っていきたいです。
楽しかったです。一緒にサインできるのが楽しみです。
先生もお子さんがいると言う事で楽しみです。親近感が持てて良かったです。遊び時間もあり、親子で楽しめました。
サインでコミュニケーションがとれるようになることが楽しみです。までは、次回レッスンまで1ヶ月、挑戦してみようと思います。


 ≪謝辞≫
Fさんが保育サポートのボランティア応援に駆け付けてくださいました。今月は、「サイン育児」と「バレエエクササイズ」の同時開講でした。Fさんは、2つのホールを行き来しながら、お子様たちやレッスンの動きを見守ってくださって、必要なところをササッと手を貸してくださいます。スタッフが行き届かないところを見配りくださるので、本当に助けられました。心から感謝を申し上げます。 

  ≪プティパからのメッセージ≫
中本さんは、たくさんの道具を携えてお越しくださいました。準備も移動も、大変だったと思います。サインを学ぶことは、「赤ちゃんのこころの世界や秘めた力を知ること」というメッセージが伝わる、素敵なレッスンを有難うございました。6人のお子様たちもいろんなことに興味津津。「それな~に?」、「くすぐったいなぁ」、「おはなし、なにかな?」。それぞれ表情、かわいかったです。お子様たちの行動は、その「気持ち」からきているものなのですね。
これから続く2回、3回が楽しみです。

 ≪Information≫
第1回をお休みされた方。次回のご参加をお待ちしています。
「これから第1クールに参加したい」という方。第2回、第3回目のご参加でも大丈夫です。
次回は、7月29日(火)に開催します。ご案内は、こちらです。
第2クール(9月、10月、11月)の先行予約を随時受け付けます。

Pocket