ホーム > スタッフブログ > ピアサポート・ピアカウンセリング > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年7月22日(火)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年7月22日(火)開催報告

掲載日:2014年07月25日 スタッフブログ, ピアサポート・ピアカウンセリング, レポート, 育児休業・育休後

7月22日(火)、なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア・特別編≫を開催しました。
9月に職場復帰を控えたむうさん。その準備のために、上司との面談がまもなくです。課題整理をしたいというご希望にお応えするために、今回は日程を調整して、マンツーマンでの開催と致しました。

職場復帰前面接に向けて≫
上のお子様の育児休業中に、下のお子様を授かり、育児休業は通算3年となったむうさん。
復帰後、仕事で戸惑うことがないように、自宅でもコツコツと自主学習を続けて来られた努力家です。
むうさんにとっての「仕事」は、ご自分の人生や生活にとって大切なものであることが伝わります。
ご夫婦で子育てと仕事の両立を乗り切っていかなければならない環境ですが、ご主人も「現場」から離れられない多忙なお仕事です。平日は、むうさんおひとりで子育ての日々。
「3年間の育児休業は、お子様たちの成長にじっくりと寄り添うことができ、かけがえのない時間でした」と語るむうさん。
さて、まもなく「育休後」です。時間的なゆとりのない中で、毎日の生活はどうなっていくかしら?

最大の心配は、お子様たちの病気などの、いざという時です。しかも、お子様は、普通より病気の快復に時間がかかる体質かもしれないと言います。
むうさんは、その「いざという時」のために、地域での支援、会社での支援をいただける関係をきちんと整えていきたいと、一歩一歩、着実な準備をされていました。
地域での支援は、まだまだ十分とはいえないかもしれませんが、活用できそうなサポートと複数つながっていかれています。残された課題は、会社の上司や同僚たちと、「いざという時」、少し長く休むことになっても、チームで仕事ができる環境を作ることができるかどうか―です。

むうさんの何歩も先を見据えたプランを、上司のご理解が得られるように一歩一歩伝えていきながら、着実に両立の道を作っていきたいと、今、むうさんは考えています。

≪参加者アンケートより≫
話し合いの中で。一方的に思いこんでいた事など、気付きがあり、生活の役に立つ情報をとてもいただけました。有難うございました。(むう)

≪スタッフからのメッセージ≫
むうさんのまっすぐなまなざしから、自分らしい「子育てと仕事の両立」の道をつくりたいという真剣さが伝わります。
お子様たちのことを語る時のむうさんの笑顔。ママの自信が溢れます。ママという立場にとっては長い通勤時間、平日はひとりで担う子育て―。難易度はとても高い「両立」ライフに違いありません。それでも、遠くの街から、「なかまカフェ」につながってくださったむうさんの真剣さに心打たれました。

「本当に目指すことは何?」。プティパでは、それを出発点に、心も体もクタクタ・ボロホロにならない、「両立」ライフをご一緒に考えます。気付きの中で、ブレない自分を見つけていただければ、あとは自分以外の「他者」との相互理解をひとつひとつ紡いでいくこと。子育ては、「ひとりじゃできない」ことだから、親になるということは、「社会人」としての自立の道を歩くということなのかもしれません。時には弱音も吐いて、ちょっと息抜きも、結構手抜きもしながら―等など、「かげん」のわかる女性であるむうさんの「育休後」に心からのエールを送ります。
3年間、よく頑張ってこられましたね。「育児休業の卒業」おめでとうこざいます。

 ≪謝辞≫
会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
35度越えの暑い日でした。でも、モデルルームの室内は快適。木の香りのする落ち着いた空間で、ゆっくりとお話をすることができました。「見学も大歓迎」とのことです。 お近くにいらしたときは、ぜひ!

≪Infomation≫ 
次回の「なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート・志木エリア」は、8月8日(金)です。→ ご案内はこちらです。

Pocket