ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年8月8日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年8月8日(金)開催報告

掲載日:2014年08月09日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート

8月8日(金)、なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫を開催しました。
今月も3人目のお子様の育児休業中のSさんとマンツーマンでじっくりとお話を伺いました。。




≪3人の子育てをしながらの「育休後」。復帰を先に延ばす? いっそ辞める?≫
育児休業もそろそろ区切りを迎える時か―。
育児休業を最長3年取得することも可能なお仕事をされているSさん。
仕事に復帰した後の激務の日々を思うと、今は子どもたちのことを最優先に暮らすという生き方もあるなぁ、「いっそ仕事を辞めようか」と揺れる時があります。
すでに2度の「育休後」を経験しているSさん。
日々の暮らしには、しっかりと心や手を掛けたいタイプ。「手抜き」はむしろストレスです。
今度は、3人の子育てをしながら、責任ある仕事をこなさなければならない訳ですから、きっと自分が擦り切れてしまう―。復帰を先に延ばす? いっそ辞める? 

ゆっくりとお話を伺うことができました、
Sさんがどんな努力をされて、今のお仕事を職業とされたのか。
なぜ、「手を掛けた暮らし」を大切にしたいと想うのか。
お子様たちに伝えたい、理解してほしいと、親として願っていることは何なのか。
Sさんは、たくさんの想いがありました。 

子育ては、「子どもとしての自分」に向き合う体験でもあります。
親との関わりを通して、自分自身の価値観を、今度は、子どもとの関わりを通して、紡ぎ直すような経験なのかもしれません。大切なことや強みをタテ糸に、新たな体験をヨコ糸に、「今を生きる」にふさわしいものにデザインしていく営み。
Sさんには、たくさんの「強み」、「宝物」がありました。
それは、同じ時を同じ場所で過ごしてきた者同士、親子や夫婦だから感じ合える、眼には見えない宝物。
大切に育ててくださいね。

 ≪参加者アンケートより≫
初めて参加しましたが、普段なかなか人に話せない自分の気持ちを安心して出すことができ、たくさんの気付きと学びをいただきました。とても大切なことを気付かせてもらえて、来てよかったと思いました。

 ≪スタッフからのメッセージ≫
Sさんは、ポジティブなパワーが自然に伝わってくる女性。お話を伺う中で、いつも周囲の人のために、一所懸命生きる大切さを知っている方なのだと伝わってきました。
「いっそ仕事を辞めようか」という想いをお聴きしながら、それは、スタッフ自身も昔、昔、揺れに揺れて、「辞める」選択をしたことに重なりました。新たな環境に乗り出す苦労と、今ある環境で自分と周囲の関係を見つめ直していく苦労、その大変さは変わりません。
大きな決断の前に、自分と向き合う時間が必要。それは、一人ではできない作業です。
この想いが、今のプティパの活動の源泉です。
なかまカフェ、はじめてよかった!
今回も、自分が助けられた「なかまカフェ」でした。

 ≪謝辞≫
会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
木の香りのする落ち着いた空間で、ゆっくりとお話をすることができました。
「見学も大歓迎」とのことです。 お近くにいらしたときは、ぜひ!

≪Infomation≫
次回の「なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート・志木エリア」は、9月5日(金)です。→ ご案内はこちらです。

Pocket