ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.1」2014年8月29日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.1」2014年8月29日ふれあいプラザ志木

掲載日:2014年08月27日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
8月26日(火)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」第1クールの最終回をふれあいプラザ志講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)、9組の親子様と共に、まだ言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションを広げるサインの世界を楽しみました。

  

≪今月のレッスン≫
♪はじまるよ~♪はじまるよ~の音楽にあわせて、サイン育児第3回はスタートしました。
今回のテーマは、乗り物や食べ物のサイン、感情表現のサイン、サインに合わせた身体遊び、赤ちゃんと絵本と盛りだくさん。
不思議なドアからいろいろなくだものがでてきます!例えば、りんご。赤ちゃんの世界で「りんご」がわかるって、どんなこと?なるほど、なるほど。ここ大事!と思うことをわかりやすく伝えてくださる中本さん。本物のバナナも登場です。

救急車、消防車、パトカー、バスなどの乗り物のサインの違いもマスター。おもちゃの自動車にお子様たちも興味津津です。
今回は、参加者の皆さんにもお勧め絵本をご紹介いただきました。9冊の絵本、それぞれに個性豊か。ママたちがお子様に伝えたい心に感動です。


3グループに分かれて、オリジナルサインを考えていただきました。お茶、散歩、コップ…毎日の暮らしですぐ使えそうですね。
感情表現のサイン。ダメ、待って、半分、交換―、いろいろなお約束を伝えていく時に大活躍しそうです。赤ちゃんはママの表情を通して、相手の人の気持ちを理解していくのですね。

交流タイムでは、ただいま真っ最中の離乳食のことや、お子様たちの発達につれて起こってくる「どうしてる?」の情報交換など、いろいろな話題を話し合いました。ちょっと先輩ママの体験談など、話をしてみるとヒントがいろいろあるものですね。
3ヶ月、一緒に頑張ってくれたお子様たちも本当にお疲れ様でした。

 
≪参加者の皆様の感想≫
今回で3回目でいろいろなことを聞けたので参考になりました。前と比べて、マネるようになったので、サイン育児頑張ります。
回を重ねるごとに、生活でもサインを使えるようになり、いいきっかけになりました。わかりやすく、楽しく良かったです。
今回で最終回。他のママさんの紹介してくださった絵本が参考になりました。
今回で最終回と思うとさみしいですが、楽しめました。家でもやりたいと思います。
子どもが楽しくできて、絵本のことも知れて良かったです。

娘は、6ヶ月になったばかりなので、絵本の読み聞かせ等の際も落ち着きがなく、集中できないので、少し早かったかな?と思いました。ただ、ファーストサインの効果などをしっかり説明してくださったり、普段家でもできそうな、手遊びをたくさん取り入れていたりなど、親にとって、とても有意義な時間でした。特に第2回の手作りおもちゃは、ひと工夫で、子供がとても喜んで遊ぶようになり、ためになりました。
今回でてきた”ちょっと待って”のサインは知らずに自然にやっていたので、自分のやりやすいオリジナルなど、サインはそういうものなんだなと思いました。いつも本とおもちゃ、いろんな刺激をもらえて楽しかったです。
3回、同じメンバーでのスタイルは、子供たちの成長も同時に感じることが出来て、良かったです。楽しい3回のサイン育児でした。ありがとうございました。 

 ≪講師・中本緑様からのメッセージ≫
みなさま、ご参加ありがとうございました。
3回続けて同じメンバーで集まれるので、お子様の成長とお母様との会話がとっても楽しかったです。
サインはレッスンに参加しただけで安心せずに、使う習慣をつけましょう。
1つでも、みなさんの子育てで役立つサインが習慣になったらうれしく思います。
どうぞ、これから活用して、今まで以上に子育て生活を満喫してくださいね。

≪プティパからのメッセージ≫
私たちはどうして言葉を話したり、物の名前や意味、人の表情や場面の意味がわかるようになったのかしら?あらためて考えてみると、不思議です。自然に身に付いたと思っていることでも、親たちや周囲の人の働きかけや自分自身の努力♡もあって、「今」につながっているのでしょう。
赤ちゃんは、すべての人が通る道―。子育ては、自分も親となって、生きてきた道をふりかえる体験でもあるのかもしれません。
「サイン育児」は、まだ、言葉は話せなくても、赤ちゃんもひとりの人間として、いろいろな感情を持っていることを五感で感じ合う時間でした。生きていく上で大切に思うことを、親として、赤ちゃんがわかるように伝えていく営みとして、「サイン」もひとつの方法ですし、おもちゃや絵本は、赤ちゃんの感性や感覚を引き出したり、世の中のことをわかっていく大切なツールなんですね。きっかけになるものは、身近な暮らしの中にいっぱい。赤ちゃんは、親や周囲の人との関わりを通して、人として成長していくのだと改めて学びます。
3ヶ月という短い時間でしたが、お子様たちとママの成長を感じて、胸がいっぱい。
参加者の皆様、続けてご参加くださいまして、本当に有難うございました! 

≪Information≫
第2クール(9月、10月、11月)の参加者受受付中です。
ご案内は、こちらです。

Pocket