ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年10月3日(金)開催報告
スタッフブログ

なかまカフェ 育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫2014年10月3日(金)開催報告

掲載日:2014年10月11日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

10月3日(金)、なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート≪志木エリア≫を開催しました。
志木や川越から5組の親子様がご参加くださいました。



≪子育ても仕事も大切にしたいママたちの出会いのセッション

希望の保育園に入れるかしら―。
職場復帰の日が決まっているママにとって、保育園のことが現実のことになってきました。
「申請書にいくつも希望の保育園を記入する欄があっても、実際に通園できるところは数ヶ所あるかどうか」。
「優先順位は、夫も一緒に見学して、決めてはいるけれど―」。

3人のお子様を育てているママの体験談は豊かです。
「認可保育園に限らず、保育の質と子どもとのマッチングは大切―」。
「幼稚園を選んだご家庭も。サービスやかかったコストは―」。

住む街で保育事情はいろいろ違っていますね。
「都内の友人は、保育ママさんをパートナーに仕事続けているけれど、東上線でもできる?」

子育てのリアル、いろいろ。

仕事への思い―。
今月ご参加の皆様のお仕事は? 「同じです!私も○○」。「近いです。△△関係」。全員がどこがで少しずつ重なる領域でお仕事をされていました。
「子ども大切ですが、仕事も好き。続けます」。
「仕事も大切にしたいけれど、働き方には拘らなくて思い始めて、育児休業の3年間取得を検討中」。
「子どもがチャレンジしたいことを叶えさせるためにも、仕事を頑張りたい」。
「育休前のあの忙しさを思うと心配もあるけれど、夫とのパートナーシップもあるので大丈夫」等など。
着実にキャリアを重ねて来られた皆さんには、ぶれない仕事軸がきちんとありました。

≪参加者アンケートより≫
いろいろな方のお話を聞けたので大変参考になりました。悩みは自分だけじゃないんだと安心しました。その他にも地域のことを聞いてよかったです。
同じ状況の方々とお話できて大いに参考になりました。
いろいろな立場の育休の方々と話ができて良かったです。自分のやりたいことが見えてきた思いがしましまた。復帰を見据えて、今できることをがんばろうという意欲が輪きました。ありがとうございました。
WMの方と実際にお会いできて嬉しかったです。
育休 中のなかまに出会え、お話できてよかったです。もっと時間がほしいくらいだったので、このつながりを続けていけたらいいです。

≪スタッフからのメッセージ≫
参加者の皆さんは、引き続きランチミーテングに行かれたようです。お話弾んだことでしょう。同じ立場の皆様が出会うきっかけづくりになれれば本当に嬉しいです。
地元の子育てセンターに方にお聞きしますと、「うちのセンターには育児休業中のママがたくさんいらっしゃいますよ」と言われていました。地域には、お仕事を続ける子育てママのためのプログラムも本当に多くなりましたね。でも、今回のご参加者様もそうなのですが、「子育てセンターには、お仕事をしているママとお話する機会がなくて…」と言われていました。いろいろな立場の方達が集う場では、自分のことを話題にしてお話するのは難しいのかもしれません。「なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート」は、お仕事を持つママたちが自由にお話できる場としてご活用いただければと思います。

「子ども・子育て支援新制度」の施行で来春からは制度もいろいろと変わってきますので、ママたちも本当に戸惑いながらの保育園選び。選ぶといっても、決定は行政にゆだねるしかない―。決定するまでの落ち着かなさが年明けまで続くのですから、本当にしんどいこと。法律の上では、「利用者がサービスを選ぶ」ことになって久しいけれど、「決定までの待ち状態」という受け身の時代は続いています。
これって、本当は由々しき課題。「主人公は誰?」というそもそもの出発点がズレたままの子ども・子育て・家族支援 。

  ≪謝辞≫
会場をご提供くださいました、一条工務店様有難うございました!
木の香りのする落ち着いた空間で、ゆっくりとお話をすることができました。おもちゃも助かります。
「見学も大歓迎」とのことです。 お近くにいらしたときは、ぜひ!

≪Infomation≫ 
次回の「なかまカフェ・育児休業中のママたちのピアサポート・志木エリア」は、11月7日(金)です。→ ご案内はこちらです。

Pocket