ホーム > スタッフブログ > サロン > プティパ子育てサロン「ママケア」2014年10月21日 ふれあいプラザ志木 開催報告
スタッフブログ

プティパ子育てサロン「ママケア」2014年10月21日 ふれあいプラザ志木 開催報告

掲載日:2014年10月22日 サロン, スタッフブログ, レポート

プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
10月21日(火)、プティパ子育てサロン「ママケア」をふれあいプラザ志木で開催しました。
講師は、鍼灸師・漢方スタイリストで子育て中のママでもある野村絵里さんです。3人のママとお子様たちがお越しくださいました。

 ≪今月のレッスン≫
今月のテーマは、「秋の養生。 乾燥とノドのケア」。
まずは、いつものようにからだのツボについて、野村さんに手を添えていただきながら、ポイントを学びます。
秋という季節について、自然の摂理を教えて戴きながら、「乾燥を防ぐ」、「冷えを防ぐ」等、女性のからだの悩みになりがちなことへ、「では、どうすれば―」をひとつひとつポイントを伝えていただきました。なるほど~。
参加者の皆様の身体の悩みはいろいろ。腰痛や頭痛など、おひとりおひとりの課題に添って、よく効くツボやからだのケアをお聞きしました。

 

≪講師: 野村絵里さんからのメッセージ≫
秋の時期を「容平」といい。
秋とは、すべてのものが成熟し、容(かたち)を平定することをいいます。夏の間の陽気が下がりはじめ、涼から寒へと変わっていき、万物はその色を変えます。
1.早寝、早起きをする。
2.草木を枯らす空気から、身体に悪影響がでないように、心を安らかに保つ。
3.気を除除におさめ、意思をあちこちと外にむかってださないようにする。
自然の法則に逆らわず暮らすことを大切に―。

≪今月のおすすめドリンク≫
黒糖入りナツメ茶
ナツメは、大棗(たいそう)といわれる漢方食材で、鉄分を多く含み血不足を回全し、内蔵をあたため潤してくれます。精神安定にもよく、不眠効果があります。またアンチエイジング食材でもあり、1日に3粒食べると年をとらないといわれています。
黒糖は、ミネラルを多く含み、おなかをあたためる効果があります。
☆★☆
「ママケア」は、鍼灸師・漢方スタイリストの野村絵里さんによる、ママのためのセルフマッサージのオリジナル講座。女性のための東洋医学プチ講座も取り入れながら、ふだんの暮らしで手軽にできるセルフマッサージをレッスンします。

自宅でも手軽にできるストレッチやツボ押しは、母乳へのケアや助成ホルモン調整に効果があるものがいろいろ。
ヘッドマッサージや耳養生法とは、手軽に出来て、リフレッシュ効果もすぐに実感できるすぐれもの。
レッスンの間の野村さんのワンポイントレクチャーは、知らなかった、「なるほど」が満載です。

 ≪レッスンの内容≫
<スペシャンルレッスン>
・ストレッチとトレーニング
<スタンダードレッスン>
・ツボの場所と刺激・頭のマッサージ

≪参加者の皆様の感想≫
たくさんのツボを知れてよかったです。家でも実践します。
自分で意識していなかったところが硬くなっていました。いそがしくて出来ませんでしたが、教えていただいたセルフケアをしっかりやりたいと思います。
子育てのプログラムには参加したことがありましたが、自分をいたわるプログラムは初めて。産後自分のことをケアする時間がなかなかなかったので、本当に身体のリフレッシュをすることができました。

 ≪プティパからのメッセージ≫
本当に自然の法則は、「深い」ですね。それに逆らわずに暮らす知恵。古来からいろいろな知恵があるのですが、私たちはなかなか知る機会がありません。
野村さんは、プロの知恵を毎回子育てママの目線も加えて、わかりやすくレッスンしてくださいます。このような場がなかなかないなぁと思って、はじめた「ママケア」です。
東洋医学や薬膳というと、ちょっと難しそうですが、ご自分にもパパにもお子様にも役立つ工夫がいろいろありそうです。多くの皆様に関心を持って、毎月続けていだたけると嬉しいです。

 ≪Information≫
  
プティパ育てサロン「ママケア」、次回は、11月25日(火)10:00~12:00に開催します。
季節のテーマは、「秋の養生 気候の変化へのケア」です。
ご案内はこちらです。皆様のご参加をお待ちしています。

Pocket