ホーム > スタッフブログ > コミュニケーション > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.2」2015年11月28日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.2」2015年11月28日ふれあいプラザ志木

掲載日:2014年11月19日 コミュニケーション, サロン, スタッフブログ, レポート

pixta_5922770_Mプティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
11月18日(火)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」第2クールの第3回(最終回)をふれあいプラザ志木で開催しました。
講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)、3組の親子様と共に、まだ言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションを広げるサインの世界を楽しみました。
冬に向かって寒さが深まるこの季節。ご登録者様の多くがお子様の体調が悪くなられお休みされましたが、次のクールでもお休みした回の受講はできますので、引き続きサインを親子で楽しんでください。

≪今月のレッスン≫
プティパ子育てサロン「サイン育児」(2014年11月18日)no.1♪はじまるよ~♪はじまるよ~のお歌を歌いながら、サイン育児のスタートです。
今回はママたちにちょっとした宿題をお願いしていました。お子様のお気に入りの絵本やみんなにお勧めしたい絵本を一冊ご持参いただきました。
「まだわからないとは思うけれど、楽しい絵に興味を持っているようです」。
「言葉遊びが楽しい絵本です」。
「いろいろな絵本があっても、この絵本が好きみたい」。
お子様たちも、「これボクの!」、「わたしのお気に入りなの!」というかのように、一緒に紹介してくれました。
男の子と女の子って興味を持つ絵本のタイプも違っているみたい、どうして?「生物学的にも女の子は物語絵本が好きとか、男の子だと図鑑的なものに興味を示しやすいという特徴もあるようですよ。興味を示すものから一緒に楽しんでくださいね」と中本さん。「絵本ナビ」のような便利なサイトもある時代です。それを参考にしながら絵本選びをして、地元の図書館サイトに予約。お散歩ついでに絵本を受け取り―。中本さんは、こんな工夫をして、お子様と絵本を楽しんで来られたそうです。

続いて、ママたちでワークです。皆でお話合いをしながら、オリジナルサインを考えて戴きました。
お子様とのコミュニケーションを通して、通じる言葉をいろいろと創ってみてくださいね。

3ヶ月、一緒に頑張ってくれたお子様たちの成長ぶりもすごいです。ママのおっぱいを飲んでいたのに、パクバクおいしいそうにお食事を楽しんでいます。這い這いもすごいスピード。つかまり立ちもできますし、立っちにも挑戦中。
持参の軽いお食事をしながらの交流タイムでは、さらにいろいろな話題が弾みました。

≪参加者の皆様の感想≫
プティパ子育てサロン「サイン育児」(2014年11月18日)no.2全3回、楽しく学べました。育休中に出来るだけ子どもとのコミュニケーションを取りたいと思っているので、これからも継続していきたいと思います。
日常で使えるサインと、子育てでためになるお話を伺えて充実した2時間でした。
相変わらずゆったりと時間を過ごせました。お休みの方が多かったのが少し残念でした。子どもが自由に動いていても、温かく見守っていただいて有難かったです。また、機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。

≪プティパからのメッセージ≫
いつも思うこと。お子様たちの発達も楽しいですし、ママたちも人としての豊かさが拓かれているご様子も素敵です。親の仕事は、食事を提供したり、身の回りの世話をしながら、お子様たちが「世の中」で生きてくチカラを育んでいくこと。赤ちゃんも自分とは異なる個性を持つひとりの人間。感情を受け止めながら、適切な関わりを重ねることで、お子様たちも自分の感情の伝え方や行動を学んでいくことができます。
「サイン育児」は、まだ、言葉は話せなくても、赤ちゃんもひとりの人間として、いろいろな感情を持っていることを五感で感じ合う時間でした。お子様たちの行動の奥にある気持ちを受け止めながら、子育て、親育ちを心から楽しんでくださいね。
参加者の皆様、続けてご参加くださいまして、本当に有難うございました! 

≪Information≫
第3クール(12月、1月、2月)の参加者受受付中です。
ご案内は、こちらです。

Pocket