ホーム > スタッフブログ > コミュニケーション > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.3」2014年12月2日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.3」2014年12月2日ふれあいプラザ志木

掲載日:2014年12月06日 コミュニケーション, サロン, スタッフブログ

petitpasプティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
12月2日(火)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第3クールの第1回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は7組のご登録ですが、お熱でご参加できなかった方も・・・。次回は、ぜひ―。


≪今月のレッスン≫
プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」2014年12月2日(1)1回目のレッスンのポイントは―。
サイン育児ってどんなことするの?
サイン育児のメリット・デメリット
サイン育児のコツ
サインでやってほしくないこと
実はあなたも自然にやっているサイン
まずは赤ちゃんの身の回りのサインから

「例えば、これは何だかわかりますか?」と中本さん。「○○です」と、皆さん。案外、伝わるものですね。
私たちは、普段の暮らしで言葉だけではなく、ジェスチャーも交えて、コミュニケーションをしているものです。厳格な型を覚えて、それを教え込んでいくというものではなくて、まだ、言葉は話せない赤ちゃんとも普段の暮らしの中で、例えば、授乳の前に「おっぱい」というサインを取り入れ、それを繰り返すことで、赤ちゃんからの気持ちや要求を引き出したり、受けとめやすくなっていく、そんなものなのかもしれません。

第1回では、お子様たちと一緒に感触遊びを楽しみながら、まずは、赤ちゃんの動きや表情を感じる場面をたくさん体験しました。赤ちゃんの視力は発達途上。まだ広くはない視界に入ってあげて、語りかけることの大切さ。
言われて気が付くことも多い、赤ちゃんの世界です。

プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」2014年12月2日(2)歌にあわせて、遊びを通して、絵本を読みながら、そして、何より普段のあたり前の暮らしの中で、赤ちゃんは、ママやパパのことを信頼したり、モノには名前があることを理解していくものなのですね。親の役割って、すごい!
「生活に役立つサイン」を中心にいろいろなサインも学びました。「まずは、ひとつ、ふたつでもよいので、続けてみること」が中本さんのお勧めです。

交流タイムでは、「寝返りが遅いから心配」、「離乳食の始める時期は?」、「離乳食で苦労したことは?」等の話題があり、ちょっと先輩ママも同じような経験をシェアしてくれました。本当にママたちが通る道は同じ―。「みんなも同じなんだ」と思うと、ちょっと安心になるもの。

≪講師・中本緑さんからのメッセージ≫
サイン育児レッスン、初回はどうでしたでしょうか?
まずは、1つでいいからサインを決めて
そのサインだけは使うようにする
ということをお勧めします。1つでいいです。
まずはそこから!今しかない大切な時期。
楽しく語りかけていきましょう。 

≪参加者の皆様の感想≫
プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」2014年12月2日(3)サインについての説明をしていただいた上ではじめていただいたのも、大変わかりやすかったです。サインの一覧を下敷きのようにファイルにしていただける家で使いやすいと思います。
子どもの視界に入って、語りかける…。忙しさで、忘れがちな基本のことを再確認でき、とてもよかったです。娘も楽しそうでした。少しずつサインも実践します。次回も楽しみです。
子どもが遊べるコーナーもあって、親だけでなく、子どもが楽しんでくれたと思います。
楽しく学べました。接し方や遊ばせ方も参考になりました。娘が楽しそうで、サインを見てくれなかったので、家でやってみます。
歌にのせてのサインは覚えやすく。楽しくて、ぜひ、やりたいと思いました。会場のマットが薄く冷たかったので、もう少し違っているとねんねの赤ちゃんでも安心と思いました。
なかなか続けられるか心配で、申し込みをためらっていましたが、今回思いきって参加してみてよかったです。身近なササインから、無理のない程度に続けたいと思います。ありがとうございました。

≪プティパからのメッセージ≫
サイン育児も第3クールを迎えました。毎回、お子様たちにとっての「3ヶ月」という時間の大切さを実感。「ねんね」だったお子様が、這い這いが上手になったり、這い這いをしていたお子様が歩くようになったり、授乳だけだったお子様が食事をするようになったり―。どんな月齢から始められても、その3ヶ月のご成長は「!」です。そして、また、ママたちもお子様たちの気持ちや安全に気配りしながらも、別のことをしていても大丈夫になられたり―。何しろ、回を追うごとに賑やかになっていきます。この変化が、本当に楽しみです。
これから続く2回、3回。寒い季節になっていきますが、お元気でご参加ください。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

≪Information≫
「これから第3クールに参加したい」という方。第2回、第3回目のご参加でも大丈夫です。
次回は、1月20日(火)に開催します。ご案内は、こちらです。
第4クール(3月、4月、5月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。

Pocket