ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 働きたい!働き続けたい!子育てママのためのおしゃべりサロン~笑顔で続けるワーママライフ~ 2015年1月14日(水)開催報告
スタッフブログ

働きたい!働き続けたい!子育てママのためのおしゃべりサロン~笑顔で続けるワーママライフ~ 2015年1月14日(水)開催報告

掲載日:2015年01月18日 イベント・セミナー, スタッフブログ, レポート, 育児休業・育休後

おしゃべりサロンからのメッセージ

おしゃべりサロン子育ても仕事も大切にしたいけど、両立ができるか不安…」
「先輩ママたちはどうやって乗り越えたの?」
笑顔でワーママライフを続けるためにはどうすればよいか、同じ状況のママ同士、一緒に考えてみませんか?

WiyjYouさいたま「おしゃべりサロン」第3回2015年1月15日(1)1月14日(水)、「働きたい!働き続けたい!子育てママのためのおしゃべりサロン~笑顔で続けるワーママライフ~」の第3回を埼玉県男女共同参画推進センター(WithYouさいたま)で開催しました。
ファシリテーターは、林田香織さん(ロジカル・ペアレンティングLLP代表)です。林田さんは、日本とアメリカの両方で出産と子育てを経験され、8年間暮らしたアメリカで、パートナーシップ、ペアレンティングについて学んでこられました。
その経験は、子育て支援ルーム・「まいまいルーム」(市川市)の運営や NPO法人ファザーリング・ジャパン理事として、パートナーシップ事業を担当されるなど、さまざまな活動を通して必要とされています。さらに、林田さんは、今、大学院でも学びを深めていらっしゃいます。三人の男の子のママとして子育てをしながら、このご活躍!
16人の参加者の皆さんも、林田さんの笑顔とお話からたくさんの元気とヒントをいただきながら、パートナーや子どもたちとの関わりを、いつも以上に深く見つめる「おしゃべりサロン」になりました。

林田香織さんのプロフィール≫
WiyjYouさいたま「おしゃべりサロン」第3回2015年1月15日(林田香織さんロジカル・ペアレンティングLLP代表(HP:http://logipare.com )
行政、教育機関、NPO法人等と連携し、関東圏を中心に ペアレンティング講座、パートナーシップ講座を多数開催。同時に、子育て支援ルーム「まいまいルーム」の運営、母親の社会復帰支援等の活動も行う。お茶の水女子大学大学院にて家族社会学を研究中。
著書:NPO法人ファザーリング・ジャパン マザーリング・プロジェクト編 (2014) 『ママの仕事復帰のために パパも会社も知っておきたい46のアイディア』 労働調査会 (共著:第4章担当)

≪Group≫
WiyjYouさいたま「おしゃべりサロン」第3回2015年1月15日(2)「一人で両立なんてムリ!!パパと家族の巻込み術」。今回のテーマに、共感と期待を’直感’して申し込まれた参加者様も多かったことでしょう。
スタートは、「我が家の家庭内ケアバランス」を考えてみる!
な~るほど、実際に図式にしてみると、うまくいっていること、大変だよ~と思っていることが、リアルに見えてくるもの。
さあ、我が家のケアバランス度を交えて、16人の自己紹介です。

「ケアバランスは変わる!」と林田さん。「あなたの’理想’のケアバランス度は?自分はどこにいたいですか?」。なんとなく「だったらいいな」と思ってはいても、’理想’なんて考える機会はなかったかもしれません。皆さん、真剣!

夫婦のコミュニケーションのポイントってあるのでしょうか。
「ポジティブな働きかけはうまくいく!」。
確かに、でもわかっていても、現実はねぇ―。
「パートナーにやって欲しいことをはっきりする」。グループディスカッションで、情報交換してみます。

「ここが問題!女性と男性のコミュニケーションギャップ」。
林田さんのパワーポイントに一行ずつ、そのギャップが示されていきます。
「女性は説明しないvs男性は察しない」
「女性は2万語vs男性は7~8千語」等など。
まあ、何ということでしょう。真反対!
「仕事場で7千語使い果たしてきたパパが、子育てで一日中大人と話をしていないママの2万語を聴くのはムリ~」。確かに、日頃感じがちな「残念な夫」状態も、このような男女の構造の違いを知ってみると…。学びは大切!
「何をして欲しいのか、はっきりしていないことが多い。どうやって伝えていますか?」「…(う~ん)」。
「パパの出番を作るには、女性からの需要のアピールが大切」。
でも、どうしてそれができないのでしょう。
「女性からの需要のアピールが少ないのは、何でも自分でやってしまうから」。

林田家ではどうだったのでしょう。九州男児のパートナーが今では…。でも、その道はラクラクサクサクという訳でもなかったようです。何でもマルチに家事をこなす女性は、自分の中にいろいろな段取りを持っています。でも、パートナーにはそれがありませんし、伝えなければ見えません。「何を、どのように、いつまで」とタイムラインをシェアし、一旦頼んだ役割は完全に手離します。そして、評価しないで、心から感謝! さらに、夫婦だけではムリなことは、アウトソーシングも選択肢に含めて考えていきます。
何より大切なことは、家事や育児以外の夫婦の会話♡

林田さんの伝えてくだった「鉄則」は、人と人のコミュニケーションの基本の「基」でもありました。
子どもたちを巻き込むことも共通です。
「こうなったら子どもを仕込むほうが早いかも」と思ってしまいそうですが、まだまだ時間はたっぷりあります。
パートナーシップはペアレンティングの土台!
まずは、パパへの’需要のアピール’から…なんですね。
林田さん、グループディスカッションの時間も大切にしながら、さまざまなヒントを伝えてくだって有難うございました!

≪プログラム≫
パートナーの巻込み術
家庭内ケアバランスワーク&自己紹介
講義/グループワーク
子どもの巻込み術

 ≪参加者の皆様の感想から≫
WiyjYouさいたま「おしゃべりサロン」第3回2015年1月15日(3)
林田さんのご経験談や一般的なデータをおりまぜて、夫婦間・家族内での協力の仕方について教えて頂くことができ、参考になりました。帰って夫と共有したいと思います。今日の報告(家庭内業務報告)で終わらないよう色々話してみます(笑)
もっと話したい、聞きたい。
子育てと仕事について、役立つ情報を教えていただいて、目からうろこでした。
託児もしていただき、集中してとりくむことができました。素晴らしい講義ありがとうございました。
パパとの関わりだけでなく、子どもを生活へ「関わらせる」ヒントも頂き、大変参考になりました。また、他の参加者の方からも色々な意見を聞くことができ、視野が広がったと感じました。
パパと家族を巻きこみながら、仕事復帰したいと思いました。ありがとうございました。
“子供が後々家事の戦力になる”という視点を得られた事は、目からウロコでした。パートナーに求める事を具体化して頼むようにして、子供が戦力になる頃までがんばろうと前向きになれました。
とても楽しかったです。子どもの面倒をみていただきありがとうございました。
大学時代、家族社会学を受講していました。今の状況でまた受講したくなってしまいました。為になっただけでなく、2時間でなくてもっと林田さんのお話を聞きたかったです。3人いても、勉強できるんですね。私も大学院を考えています。がんばれそう!と思えました。ありがとうございました。
復帰を2ヶ月後に控えて、家事の分担について不安に思っていたので、少し気持ちがラクになりました。ありがとうございます。
とってもいいお話がきけてよかったです。思わず涙がでそうになりました。最後のひいおばあちゃんとの話(エピソード)もステキでした。
夫に協力してもらうにあたり、伝え方、コミュニケーションのとり方をもう少し具体的に学びたかった。夫とか子供ではなく、人との関わりは全て共通していると感じた。
とても勉強になりました。先生からの“需要アピール”、これからやってみようと思いました。グループの皆さんもみんな境遇が違って話をきいて楽しかったです。「今がずっと続くわけではない」のも心強くなりました。 

≪お子様たち≫
保育ルームの和室では、保育サポートの皆さんがお子様たちを見守ってくださいました。お子様の授乳時間など、生活リズムに心配りをしながら、熱心に参加くださった参加者の皆さん。朝早くからのお出かけは本当に大変だったことでしょう。セミナー室でご一緒したお子様たちも穏やかに過ごしてくださいました。ママたちの日頃の丁寧な関わりが伝わります。

≪スタッフからのメッセージ≫
日本とアメリカでさまざまな国籍の家族との交流を深めて来られた林田さんがお話しくださる家族の日常のエピソードは本当に豊かです。「あるある~」、「我が家もそうかも~」と引き込まれてしまいます。「何故、そうなるのだろう」という割り切れなさが、林田さんのレクチャーでどんどんクリアになっていきます。パートナーにも、子どもにも、「私は~」を大切にしながら、伝えるべきことをきちんと伝えていく―。「働きかける」ということ、気持ちあっても、行動が伴わない背景には、さまざまな要因があることも学びました。ネガティブをポジティプに!私が変われば、環境も変わる―という可能性を信じて!パートナーを信じて!子どもを信じて!自分を信じて!
「自分がやらなくては、やる方がはやい」というライフスタイルで歩いてしまったスタッフは、林田さんの講義を皆さんにお届けできて、本当に良かったと心から思います。
今のご苦労は、これから先の未来を作っていくのだと思います。

≪次回のご案内≫
第4回は、2月18日(水)に開催します。
ロールモデルカフェ ~先輩ママの歩く道~自分らしいワーキングライフを続ける先輩ママ

全5回のプログラムのご案内はこちらです。http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/event/list/salon.html
☆第4回、第5回の募集終了しましたが、キャンセルが出た時は、上記WithYouさいたまWebサイトで随時案内があります。

Pocket