ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.3」2015年1月20日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.3」2015年1月20日ふれあいプラザ志木

掲載日:2015年01月22日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
1月20日、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第3クールの2回目です。5組の親子様がご参加くださいました。お子様の発熱などで、「これから病院に行ってきます!」とお休みの方複数―。心配です~。お大事に!
講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。第2回は、皆さんに空のペットボトルをご持参いただきました。何に使うのでしょう…。
さあ、まだ言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界へ!

≪今月のレッスン≫
プティパ子育てサロン「サイン育児」2015年1月20日(1)
はじまるよ♪はじまるよ♪
第2回のテーマは、「赤ちゃんが好きなサイン」、「赤ちゃんとおもちゃ(手作りおもちゃ)」です。
「これ、わかるかな?」。スケッチブックから登場するのは、いろいろな動物たち。きりん、くま、コアラにパンダ!
お歌も歌いながら、動物との世界を楽しみました。
ママの手がひよこさんになっちゃったよ!
今度は、子どもたちも、クマさんになりました~。
動物のサインもたくさん学びました。

ペットボトルは、子どもたちのおもちゃになりました。
何も手を加えていないペットボトルでも、柔らかなものをクシャクシャとしただけでも、子どもたちはいろんな感触を楽しんでいますよ。ボタンを入れるだけで、マラカスのように音遊びもできますね。お水を入れたり、ベットボトルのナイロンを切っていれでも、キラキラとキレイです。いろんな工夫ができそう。

空箱に紐を通したもの。これは何? 早速挑戦したお子様、じょうず、じょうず。
なるほど。指先のトレーニングになりますね。なが~いものを引くと、からだのバランスが大切。じょうずにバランス保ってますね。

子どもたちの「遊び」は、秘めているチカラを引き出す大切な活動なのですね。
お子様たちは、声のする方に視線を動かしたり、五感をフルに発揮して、いろいろな表情や動きを見せてくれます。

レッスンの後は、ママたちもご持参の軽食を食べながら、自己紹介と情報交換タイム。

≪参加者の皆様の感想≫
プティパ子育てサロン「サイン育児」2015年1月20日(2)
サイン以外の話もたくさん効くことができ、盛りだくさんの内容でした。ありがとうございました。
歌や遊びも子どもが楽しめてよかったです。
家でサインを実践してみたいと思います。
歌や遊びで自分も楽しめました。さっそくおもちゃ作ってみようと思います。

≪学生ボランティアさんの感想≫
初めて赤ちゃんと触れあいました。
赤ちゃんは話すことはできないけどちゃんと意思表示をしているんだなというのを感じました。
様々な表情があったり、視線を合わしてきたりなどちゃんと何かを伝えてるんだなと思いました。
赤ちゃんの意思表示を助ける一つの方法がサイン育児なのかなとも感じました。
またサイン育児は赤ちゃんの脳を刺激することで運動神経を形成しているということも分かりました。
赤ちゃんのおもちゃについての話で、大人のまねをするチカラは大切なので、安全に配慮した上で大人が使っているものを渡したらいいということや、赤ちゃんに適したおもちゃを使うなど将来私が母親になったときに役立つような情報もたくさんきけました。
参加様の何人かが4月には仕事に戻られるというのを伺い、少しびっくりしました。赤ちゃんがいるなかで仕事にいくためには、保育制度を整えるなどの社会資源の充実が求められるなと思います。赤ちゃんだけを支援するサービスも重要ですがそれだけではなく、母親や父親などその家族を支援するサービスももっともっと必要だなと思いました。このようなサービスが地域福祉の充実に繋がるんだなと感じました。そのためにも多くの人が利用できるように情報開示というのが大事になるんだなと思いました。
[立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ福祉学科 田中友梨さん:写真撮影も担当]

 ≪プティパからのメッセージ≫
大寒を過ぎれば春を待つだけと思いたいのですが、とても寒い朝でした。ご参加くだった皆様も、病院に行かれた方も、こんな日のお出かけは本当に大変だったことでしょう。お休みの回があっても、次のクールにもご希望の回にごさんかいただけますので、実際にご体験ください。
大学で地域福祉を学んでいる田中友梨さんがボランティアで応援参加くださいました。会場設営や写真撮影をお手伝いくださいました。私は大助かりでした。田中さんの新鮮な目線の感想もご紹介ざていただきました。
まさに、「赤ちゃん先生」。赤ちゃんが教えてくれることは、本当にたくさんです。田中さん、有難うございました。

 ≪Information≫
次回は、2月3日(火)に開催します。
第4クール(3月、4月、5月)の参加者募集中です。

Pocket