ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.23 2015年3月2日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.23 2015年3月2日開催報告

掲載日:2015年03月07日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree3月2日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第23回を武蔵浦和コミュニティセンターで開催しました。今月も3人の参加者様と共に、「人づきあい」で抱えている悩みをわかちあいました。





[今回の主な話題]
子ども同士は大の仲良しのママ友とのほどよい距離って・・・?
小学校にもなると、行事や参観日、PTA行事等など、親の出番もいろいろです。ママたちのグループもなんとなく出来ていて、自分は身の置きどころがないなぁと感じてしまうこともあります。
子どもが一緒の時は、「ママ、○ちゃんのところに行こうよ!どうしていかないの?」と、仲良しのお友だちとママがいるグループに誘います。でも、本当は、その○ちゃんのママに、ちょっと複雑な気持ちを抱え続けていて・・・。子どもは勘が良い方なので、私のことを気づかっているのかなと思うと、ちょっと気分も落ち込みがちです。
○ちゃんのママはクラスの他のママと、いつもにこやかに話しています。最初は、誘い誘われの機会もあったのですが、少しずつ距離ができていったのは、私のせい?あの時の会話?そんな気持ちがグルグル。 
★☆★
「子どもが幼稚園に行くようになったら、私もそうなるかも」等、同じ立場にいる人同士、状況が自分のことのように眼に浮かびます。「1ヶ月のふりかえり」から、今月はこのテーマを分かち合いました。
ひとつの場面をいろいろな立場から見つめてみると、「気付き」は掛け算で膨らんでいきます。
「子どもが幼稚園に入った頃は、私もポツンでした。今は、少数ですが安心して話せるママ友ができたので、みんなと仲良くしなくてはという焦りのような気持ちもなくなりました。」
「子どもは自分のペースでいろいろなお友だちと遊んでいるので、子どもは子ども、親は親と分けて考えられるようになりました。」
「頭ではこうすれば上手くいくはずってわかっているけれど、人づきあいは、心と体が受け入れていかないっていうことがよくあります。あるある、と共感できる場は大切です。」

ママたちのピアカウンセリングでは、安心して自分の気持ちを言葉にすることを大切にしてきました。すべてをご紹介できませんが、今月も、いつもは心の奥にしまっている自分の感情と向き合う皆さんの気付きのチカラ、共感力に支えられたセッションとなりました。

「あなたの安心の距離感は?」。パーソナルスペースについて、小さなワークを取り入れました。自分が’あんしん’と感じる他者とのほどよい距離は人それぞれ。また、相手の人との関係で、ほどよい距離感はさらに変化します。ほどよい距離感は、相手の人を近づけてもよいという、自分が相手を受け入れる感覚でもあります。
自分が相手の人(たち)から避けられているとは限りません。自分自身が周囲とのほどよい距離を保ちながら、こころの’あんしん’を保っていることもあります。
このようなパーソナルスペースにとても敏感な人もいれば、あまり気にしないと言う人もいるかもしれません。パーソナルスペースの意味を知って、ほどよい距離感の変化を実感しながら、むしろ楽しんでみては?

 ≪参加者の皆様の感想から≫ 
今までの1ヶ月、いい時も落ち込むこともありました。ママ友との関係で同じように悩んでいると、共感してもらえる安心感、また自分とは違う考え、意見を聞くと、そういう考え方もあるんだと広がって参考になります。
人との距離感は人それぞれ、それに気付くことができました。
自分も友人になれるか、なりたいか、なれないかオーラが出ている時があったりするので、選んでいる立ち場になっている時もあります。これからは少しずつ人と打ち解けて、早くても、遅くても良いのかな~と感じました。
今回も「あるある」や共感できることがたくさんあった時間でした。同じような悩みがあるので、すぐにコレ!という解決策にはたどりつかないけれど、客観的に考えたり、同じような思いを共有できたりと、とても良かったです。ありがとうございました。

≪スタッフからのメッセージ≫
今月は、参加者の皆様にそれぞれ「修了証」をお渡しすることができました。第1期(6ヶ月)、第2期(12ヶ月)、第3期(18ヶ月)、続けてくださって本当に有難うございます。
「人づきあい」のことが話せるピアグループが必要と思ってはじめた「ママのためのピアカウンセリング」は、参加者全員が主人公。皆様の人としての優しさ、前向きさ、直向きさ・・・に、毎月元気をいただいています。
「修了証」は、ご自分と向き合い、仲間との相互支援・交流に貢献くださった感謝状です。
皆様とのお付き合いを通して、人には自分もまだ気付いていない魅力がたくさんあることを教えられています。
これからも、無理なくお続け下さい。
そして、このあんしんのグループは、「はじめまして」の方をいつでもお迎えいたします。
もう、一人では悩まないでくださいね。
☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
次回vol.24は、4月13日(月)10:00~から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。
どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。
人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木エリアは、4月3日(金)13:30~開催します。ご案内はこちらです。

 

Pocket