ホーム > スタッフブログ > レポート > ≪みてあるき子育て家族≫スペシャルオリンピック神奈川 湘南台卓球チーム・続報
スタッフブログ

≪みてあるき子育て家族≫スペシャルオリンピック神奈川 湘南台卓球チーム・続報

掲載日:2012年07月01日 スタッフブログ, レポート, 障がい児

スペシャルオリンピツク神奈川卓球images6月8日にブログでご紹介したスペシャルオリンピック神奈川の卓球チームから神奈川大会の結果の報告をいただきました。
20歳以上の部で、1位と3位に入賞されたそうです。
おめでとうございます!

 「20歳以下の部では、惜しくも入賞を逃したのだけれど、悔し涙にくれるアスリートたちの姿に希望を感じる」と代表コーチの植野さん。

植野さんに障がい者スポーツの良いところを伺ってみました。
☑アスリートたちが時間をかけて自分の力をつけていくことができる。
☑アスリート同士の交流が深まる。
☑親子で共通のスポーツを楽しめる。
☑世代や障がいの有無を越えて交流できる。
☑スペシャルオリンピックでは、いろいろなプログラムに挑戦できる。

 「’障がい者’に対して、なんか暗いイメージを持っている人もいるようですが、みんな明るく伸び伸びとスポーツを楽しんでいるでしょう。」
「オールマイティではないので出来ないこともいろいろあるけれど、好きなことには時間を重ねて驚くほどの力をつけていきます。」
「アスリートたちも予定が崩れると不安になったり、パニックになることもあります。それぞれの’障がい’の特徴を周囲が理解しながら関わることで、安定した生活がおくれるのだと思います。」
「スペシャルオリンピックにはいろいろなプログラムがあるので、卓球だけではなくて、ボウリングやダンスなど楽しむアスリートもいます。」
「何よりお母さんたちが明るく、行動的。子どもたちが日々、変化していくのを見るのが楽しいと言われます。」
「私も会社の仕事だけではなくて、’卓球’があることで、週末はいそがしく元気に過ごせます」と植野さんはいつも前向きです。
次にめざすは全国大会ですね。

 全国でスペシャルオリンピックをはじめ、いろいろな障がい者スポーツが取り組まれる時代になりました。アスリート、ファミリー、ボランティアがともにスポーツを通して、それぞれに交流する機会は本当に貴重だと思います。皆さんの街ではいかがですか?

ブログを読んでいただきありがとうございます
ご意見や感想をひと言、コメント欄よりご送信ください。
お待ちしています。

Pocket