ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.4」2015年4月3日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.4」2015年4月3日ふれあいプラザ志木

掲載日:2015年04月12日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
4月3日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第4クールの第1回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は、6組の親子様が参加くださいました。(登録:9組)
≪今月のレッスン≫
サイン育児20150403(1)歌♪や感触遊び、絵本の読み聞かせ―。盛りだくさんのファーストレッスンです。
参加者の皆さんは、サイン育児にどんな印象を持っていらっしゃるのでしょう。
「むずかしそう」、「できるかな」、「覚えられるかな」・・・。最初は、皆さん不安です。
「これは、何でしょう?」中本さんのジェスチャーに、皆さん、正解!
私たちは、日常何気なく身振り手振りも入れて、コミュニケーションをしているものです。まだ、言葉を話せない赤ちゃんとのコミュニケーションに、サインも取り入れることで、「伝わった」、「わかった」という楽しさが膨らむことでしょう。
「まず、ひとつのサインで良いので、1ヶ月続けてみてくださいね」と中本さん。5月にお会いするのが楽しみですね。

 1回目のレッスンのポイントは―。
サイン育児ってどんなことするの?
サイン育児のメリット・デメリット
サイン育児のコツ
サインでやってほしくないこと
実はあなたも自然にやっているサイン
まずは赤ちゃんの身の回りのサインから
サイン育児20150403(2)毎回、持ち物をお持ちいただきます。今回は、帽子です。帽子をかぶったママを「な~に?」というように見つめるお子様たち。かわいい!
「生活に役立つサイン」を中心にいろいろなサインも学びました。
「無理にやらせない」、「比較しない」、「(ママのやり方とちがっていても)訂正しない」。お子様の伝えたい気持ちをまるごと受け止めることが大切なのですね。
お子様とのコミュニケーション、楽しんでください!

≪参加者の皆様の感想≫
サインを早速取り入れてみようと思います。かわいいサインを返してくれるのを楽しみにしたいです。
少しずつ進めていきたいです。楽しく出来るように。
歌や動きを交えてのサインで楽しく覚えやすかったです。習慣になるように練習して、子どもの意志もわかるようになりたいな~と思いました。
サイン育児とはどんなものなのか?わかりやすく説明してくださり、日常生活に取り入れていこうと思いました。サインで少しでも娘と意思疎通できたらと楽しみです。
歌などをまじえて楽しみながら出来ました。

≪プティパからのメッセージ≫
お待たせしました。第4クールは、4月開講に変更しましたので、お待ちいただき有難うございました。
お子様たちもがんばりました! 中本さんが取り出したいろいろな物に興味津津。「それ、なぁに」というように近づいたり、お話をじっと聴いていたり―。全身でいろいろな刺激を感じて、行動しています。まだ、言葉は話せないけれど、いろいろな感情を表現している、赤ちゃんって、とってもパワフルです! 

≪Information≫
「これから第4クールに参加したい」という方。第2回、第3回目のご参加でも大丈夫です。
次回は、5月15日(金)に開催します。ご案内は、こちらです。
第5クール(7月、8月、9月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。

Pocket