ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.4」2015年6月5日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.4」2015年6月5日ふれあいプラザ志木

掲載日:2015年06月11日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
6月5日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」第4クールの最終回をふれあいプラザ志木で開催しました。講師の中本緑さん(ママの手パパの手主宰)と共に、まだ言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションを広げるサインの世界を楽しみました。

  

≪今月のレッスン≫
2150605サイン育児(1)
そういえば、私たちはどのように言葉を覚えていったのでしょう?まだ、言葉を話せない赤ちゃんを見ていると、不思議な気持ちになります。
絵本のバナナ、ホンモノの黄色いバナナ、皮をむいて白くなったのもみ~んなバナナ。
赤いリンゴ、半分に切ったのもリンゴ、絵本の中のリンゴ。み~んなリンゴ。
ひとつひとつ、見て、味わって、理解していったのですね。

参加者の皆さんにお気に入りの絵本を紹介していただきました。表情を楽しんだり、仕掛けを楽しんだり、本当にいろいろな絵本の世界がありました。

「電車のサインは?」という良い質問を参加者様からいただきました。「皆さんなら、どうします?」、グループで話し合って、いくつかのオリジナルサインを工夫してみました。覚えるだけではなくて、自分たちで考えるのも楽しいものですね。

語彙の豊さについてのお話は、とても興味深いです。親の価値観を強制するのではなく、子どもの気持ちを受け止めて共有していく関わりは、子どもたちのこころを育てていく―。

2150605サイン育児(2)「絵本の中には、そのヒントがたくさんありますよ」と中本さんは言われます。
今回も関わりのヒントをたくさん学びました。
全3回、一緒に頑張ってくれたお子様たちも本当にお疲れ様でした。

 ≪参加者の皆様の感想≫
3回楽しくレッスンできました。皆さんからもいろいろ話が聞けて良かったです。サインもとり入れながら、楽しく育児ができたらいいなと思います。ありがとうございました。
サインを音楽や手あそびなどと一緒に楽しく学べました。子育てのことも共有できてとても良かったです。
本を見ても、これでいいのかな?というサインが直接見ることで表現できました。親子共、楽しい時間を過ごせました。
良い絵本を教えてもらえて、早速読んであげようと思います。
サイン続けていきたいです。
皆さんも悩みながら育児されているんだなぁと感じることができて、自分だげじゃないと思えて良かったです。

 ≪プティパからのメッセージ≫
まだ、言葉は話せない赤ちゃんと、サインを使って豊かなコミュニケーションの世界を広げましょう。
プティパ子育てサロン「サイン育児」をはじめて1年が経ちました。
全3回の「サイン育児」を通して、講師の中本さんに大切なことを、楽しく、伝えていただきました。
ほぼ3ヶ月の間に、やっとお座りができるかできないかだった子どもたちは、這い這いが上手になったり、「あ~、あー」といろんな声を出しはじめたり、中本さんのスケッチブックを真剣に見つめたり、行動や表情がどんどん豊かになっていくことに、毎回驚きと感動の連続でした。
「サイン育児」は、まだ、言葉は話せなくても、赤ちゃんもひとりの人間として、いろいろな感情を持っていることを五感で感じ合う時間でした。
「サイン育児」のプログラムは、ひとつのきっかけづくりに過ぎませんが、ママやパパが子どもたちの可能性を感じながら、未来への種蒔きとしての子育ての今を楽しんでいただきたいと心から願っています。

≪Information≫
第5クール(7月、8月、9月)の参加者受受付中です。
ご案内は、こちらです。

Pocket