ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.27 2015年7月6日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.27 2015年7月6日開催報告

掲載日:2015年07月12日 スタッフブログ, ピアサポート, メッセージ, 人付きあいが楽になりたいママ

tree7月6日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第27回を武蔵浦和コミュ
ニティセンターで開催しました。3人の参加者様と共に、「人づきあい」で抱えている悩みをわかちあいました。


[今回の主な話題]
人が輝いて見える時
子どもの成長と共に、ママの世界も広がります。保育園や幼稚園の行事やPTA活動。人づきあいが〈チョット〉苦手というママたちも避けては通れません。人と関わる機会を重ねるごとに落ち込んでしまうという悪循環に陥りがちです。

ママグループこの一ヶ月、皆さんいかがでした。
わぁ、皆さん、それぞれにいそがしい。がんばりました。
しかし、共通するのは、「まわりの人たちが輝いて見える」、ションボリ体験でした。
☆★☆
PTAでは、ママ同士でいろんなことに取り組む機会があります>詳しい説明がなくても、なんとなく流れができて、テキパキと手際よくさばくママたち。素適なアイデアがスイスイ浮かぶママもいっぱい。「私も何かしなくては―」と焦ります。でも、その出来栄えといったら―(泣)。その場に一緒にいるだけでいっぱいいっぱいのなが~い時間。まわりのママたちがみ~んな輝いて見えます。
あ~。自分にガッカリ。

どんな人が、輝いてみえる人なのでしょう。
それぞれ、憧れている人物像やいいなぁと思うタイプをあげてみました。
ホワイトボードに書ききれないくらい、たくさん。
な~るほど! こんなにできる人だったら、いいのかな?

では、今の皆さんのじぶん満足度は? う~ん、数字小さめ。
では、これは好き、これは自慢なことはどんなこと? まぁ、よかった。みんなしっかり持ってます。
「人づきあい」のことを考えてきた、ママたちのピアカウンセリング。
いよいよ、自分研究コースに進んでいきそうです。
☆★☆
小さかった時、クラスにもいろんなタイプの子がいましたが、さまざまな出来事を重ねながら、自分の居場所を見つけて、それなりに生きてきている私たちです。
序列や役割が見えやすい会社つきあいとも違って、アバウトなママ友つきあいは、ソーシャルスキルの難易度の高い社会なのかもしりません。
ママたちのおつきあいの世界にも、いろんなタイプの人がいます。誰もが見通しが持てるように説明があったり、確認をしたり、気配りが生き届く場面ばかりとはいきません。

自分から声を掛けることが、チョット苦手なママにとっては、しんどい場面がいろいろあるのですね。
でも、ひきこもらず、一歩出ていくからこそ、気付けること。
自分のタイプを知り、自分の気持ちを伝えるコミュニケーションのスキルを一歩一歩身につけていきましょう。
今月も、リアル体験に基づいた、熱いセッションとなりました。

≪参加者の皆様の感想から≫
とても勉強になるお話ばかりで、とても良かったです。人と自分は違う、オリジナルな自分を見つけていきたいし、かがやている人からは、たくさんのことを学んでいこう、自分もそうなれる、変われると信じることだち思いました。
表で人のタイプを整理したのは、わかりやすかったです。
幼稚園のイベントのお手伝い、自分が役に立ててない気持ちになって、落ち込んだ。でも、いろんなタイプの人がいて、その中でやれることはきっとある。自分と同じ気持ちの人の気持ちがわかるから、そこから何かできることがあるのかもしれないと思いました。

≪スタッフからのメッセージ≫
皆さんは悩んでいるばかりではありません。お子様のこと、家庭のこと、毎日、いろいろなことに取り組んでいます。それは、意義ある社会活動。いろいろな体験をしているからこそ、気付くことがたくさんあります。1ヶ月の出来事からの気付きをたくさん抱えて、月1回のセッションに熱心にご参加くださいます。
皆さんの困りごとは、他の誰かも困っていること。これから後に続く人も、困ってしまうかもしれないこと。
皆さんが困難を解決しようと取り組んだことは、これからますます成長をしていかれるお子様たちとの関わりにも、力を発揮していくのではないかと思います。
一番大切なことは、悩みごとと真剣に向き合って、自分自身で「考える」力を溜めていっていることだと感じています。
「どうして同じ失敗を繰り返してしまうのだろう」「どうして出来ないことばかりに気持ちが向いていくのだろう」。
こうすればいいのにというイメージが向こうに見えているのに、なかなか手が届かないジレンマ。
形状記憶合金のように、身に付いたクセは、頭ではわかっていても、すぐに元通り―。
自分を縛っている何かに気付いたり、あまり気にせず切り替えができる日は、きっとくるに違いありません。
毎回も深いお話ができていることが、その証拠だと思います。
今月のたくさんの学びを有難うございます。

☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
次回vol.28は、8月3日(月)10:00~から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。
どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。
人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・志木エリアは、8月7日(金)13:30~開催します。ご
案内はこちらです。
コミュニケーションが<チョット>苦手なママのためのワークショップ《夏休み体験編》さいたま市武蔵浦和コミュニティセンター
聴く力、話す力を引き出す会話術
さいたま市 志木エリア で3回制の講座です。

Pocket