ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 育休後カフェ@さいたまvol.11 2015年8月2日(日)開催報告
スタッフブログ

育休後カフェ@さいたまvol.11 2015年8月2日(日)開催報告

掲載日:2015年08月05日 イベント・セミナー, スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 育児休業・育休後

育休後カフェsmall8月2日(日)、「育休後カフェ@さいたま」(第11回)をカフェ土瑠茶(さいたま市浦和区)で開催しました。
今回のテーマは、「キャリアトランプでじぶん再発見~強みを活かすワーママライフ」です。
ファシリテーターは、育休後コンサルタントの山口理栄さん。
参加者の皆さんは、キャリアトランプを使ってじぶんと向き合う深い時間を過ごしました。

≪育休後カフェとは≫
育休後カフェは、育休中または仕事に復帰した方(ママ,パパ)が、同じ境遇の仲間たちと話をするなかで、両立についての悩みを共有し、新たな気づきを得て、自分の中にある’答え’に自信を深めていく場を提供するものです。
≪山口理栄さんのプロフィール≫
育休後コンサルタント山口理栄さん育休後コンサルタント
総合電機メーカーにてソフトウェアの設計・開発/企画に24年間従事。2006年から2年間社内で女性活躍推進プロジェクトリーダーを務める。2010年育休後コンサルタントとして独立。女性が本来もっている能力を発揮できる社会を作ることをミッションとし、仕事と育児の両立を企業、個人の両面から支援している。
日本女性技術者フォーラム(JWEF)運営委員/NPO法人ファザーリング・ジャパン賛助会員/昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員/【著書】『さあ、育休後からはじめよう 〜働くママへの応援歌〜』(労働調査会、2013年)
『子育て社員を活かすコミュニケーション』(労働調査会)
「育休後カフェを通して、もう1,000人以上のママとお会いしているでしょう」と山口さん。今は関東圏だけでなく、全国各地で開かれている育休後カフェです。育休後カフェ@さいたまもvol.2~今回で、総参加者は111人となりました。

キャリアトランプ≪キャリアトランプとは≫
「キャリアトランプ®」はトランプゲームのように、カードを引きながら、または、カードを捨てながら、ゲーム感覚で自己発見・自己開示・他者理解・自己理解を進めるツールです。

≪キャリアトランプでみつける私らしい働き方≫
「キャリアトランプ®」ファシリテーターでもある、山口理栄さんとともに、じぶん再発見の旅へ―。
育休後カフェ@さいたまvol.1120150802(1)ステップ1 自己探索
「あなたのことを表わしている言葉を選んでみましょう」。
順番にトランプを引いていきます。自分に当てはまると思うカードを手元に残していきます。
選んだカードを使って、自己紹介。
つい今しがた、会場で出会ったばかりの参加者様ですが、安心して自己開示できるところも、キャリアトランプの威力でしょうか。

ステップ2 長所探し
「プラスの見方をする練習をしましょう」。
例えば、「せっかち」をプラスでみたら? 「早い」、「行動力がある」。なるほど。
チームで取り組むといろいろなプラス発想が次々に―。さあ、ウォーミングアップをしたところで、自分が短所と感じていることを、メンバーがプラスの見方に置き換えていきます。
すごく、真剣です。ご本人が弱さと思っていることが、どんどん「強み」になっていきます。
「それは、責任感の強さなのでは?」
「それだけ相手のことを強く思い、周りを変えたいという気持ちがあるからでは?」
「資格の有無を越えて、専門職として仕事ができている証なのでは?」
「それは、人間同士のことが分かっているからなのでは?」
「自分が見えているのは強み。今は、待つ時期なのでは?」
お互いに職種も業種も異なっていても、「自分らしく働く」という共通の関心を通して、共感しあい、真剣に語り合いました。

育休後カフェ@さいたまvol.1120150802(2)ステップ3 キャリア形成
「これからの自分らしい働き方をみつけましょう」。
いよいよ最終章。ふたたびキャリアトランプを順番に引きながら、自分らしい両立を実現するために活かせそうなカードをならべていきます。
手持ちのカードを使って、「自分らしい働き方をどう実現していくか?」を語っていただきました。

山口さんは、随所にアドラー心理学のプチ・レクチャーを取り入れながら、「自分らしく生きるヒント」を伝えてくださいました。
ありのままの自分をそのまま受け入れる、出来なかったことも含めて自分を受け入れる―「自己受容」。
まず、他者を信頼することからはじめる、「他者信頼」。自分の存在そのものが「他者貢献」であるということ。
アドラーは、自己受容、他者貢献、他者信頼のどれかひとつが欠けても幸福にはなれないと言っています。
幸福でないと感じる時、どれが欠けているのでしょう?
時には、「ありのままの自分」をみつめる時間を大切に!!

≪参加者の皆様の感想から≫
自分のキャリアのめざすヒントが得られてよかった。
カードがあると不思議とポジティブに考えることが出来、心が明るくなった。この想いが育休終了→職場復帰の不安解消や、自分のキャリアへの迷いに対して役立ってくれると思うと心強い。
自分でカードを選んだり、捨てたりの中で自分自身を見つめ直す良い機会になりました。もやもやしていた部分をお話しすることで見えてくるものがあり、とても勉強になりました。
少し育休ボケ?でしたが、ゆっくり育児をしつつも、今日のような濃い時間を過ごせ、仕事に対する意欲や今だからこそ準備できることを考えられました。
初めてお会いした方がたなのに、すごく深い対話ができて、大変満足でした!山口さんのファシリ・コメントも参考になりました。育休後のキャリアについて、自信を持って考えていく気持ちにさせて頂けたので感謝です。

≪アフターランチ≫
今回は、カフェ土瑠茶さんの1階店舗でのアフターランチ。アフガニスタンカレーやキッシュプレートをいただきながら、皆さんのお話も弾んでいました。

≪謝辞:カフェ土瑠茶様≫
今回も、会場をご提供いただき有難うございました。いつも心のこもったおもてなしをいただきホッとします。カフェ土瑠茶様は、『埼玉カフェ』の.17に掲載されています。ランチもおいしかったです!ありがとうございました!

≪謝辞:埼玉県男女共同参画推進センター・さいたま市の後援≫
「育休後カフェ@さいたまvol.11」は、埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市後援事業として承認をいただきました。案内チラシの配布等でもご協力をいただきました。埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市 子ども未来局子ども育成部子育て支援政策課様に心から感謝を申し上げます。

≪スタッフからのメッセージ≫
昨年、埼玉県男女共同参画推進センター様主催の「おしゃべりサロン」の企画運営をさせていただき、3
月に山口さんに「キャリアトランプで見つける わたしらしい働き方」というタイトルで、ワークショップをご担当いただきました。
参加者の皆様の「キャリアトランプ面白かったです!!」の反響に、この体験を再びと思い、育休後カフェ@さいたま2015年テーマに取り入れました。
「これからのキャリアを考えたい」、「育休から復帰した後の働き方を考えたい」等、さまざまな課題を持って集まってくださった参加者の皆様の熱心なご参加で、今回もとても深い時間となりました。
「カードがあると不思議とポジティブに考えることが出来、心が明るくなった」という感想もいただきました。
山口さん、じぶん再発見の旅への誘い、ありがとうございました。
この面白さ、ぜひ、たくさんの方にご体験いただきたいと思います。

≪次回のご案内≫
これからの「育休後カフェ@さいたま2015」。

Vol.12 10月25日(日)
職場でのコミュニケーション
Vol.13 12月6日(日)
小学生の子育てと仕事の両立
Vol.14 3月6日(日)
職場復帰直前・わたしの<育休後>総点検
☆お申込受付中です。

Pocket