ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 「育児休業後職場復帰セミナー in 埼玉」 開催報告
スタッフブログ

「育児休業後職場復帰セミナー in 埼玉」 開催報告

掲載日:2012年07月24日 イベント・セミナー, スタッフブログ, レポート, 育児休業・育休後

7月21日(土)、「育児休業後職場復帰セミナー in 埼玉」をふれあいプラザ志木で開催しました。
今回は体調を崩されてキャンセルされた方もいて、2名がご参加くださいました。
このような少数開催にもかかわらずご協力くださいました育休後コンサルタント山口理栄さん、参加者の皆様本当に有難うございました。

≪セミナーでは≫
第1部 講義は、『子育てしながら仕事をするということ』というテーマです。
タイムマネジメント、職場でのコミュニケーション、パートナーシップ、緊急時の対応…といずれも仕事と子育ての両立」にかかせない課題ばかりです。
企業の実情も理解されている山口さんが幅広い知識とご自身の体験も踏まえながらのピンポイントのアドバイスは「なるほど、そういう視点も大切なのだな」と気付かされます。マイナスと思っていたことが、ちょっと視点や考え方を変えるとプラスへのきっかけにもなるのですね。

ikukyu seminar in saitama (1)山口さんの言われる「仕事と子育ての両立」は、「子どもの生活時間を一定にする」、「子どものケアを常に優先する」という考え方が真ん中にあります。とても大切なことだと共感を覚えます。
その上で、山口さんが、責任ある仕事をどのように続けられたのか、新しいキャリアにチャレンジされたのかという貴重なお話も聞かせていただきました。
パワーポイントのスライドを使った講義の後、第2部のグループディスカッションはテーブルを変わって茶話会スタイルで…。
「職場ではじめての育児休業。復帰に向けてどう取り組んだらよいか。子育て経験のない同僚に理解してもらうには・・・」等の参加者それぞれのテーマを和やかに話し合いました。

≪参加者アンケートから…≫
ikukyu seminar  in saitama (2)◆第1回とのことで、少人数の中まったり参加できました。親近感の湧く距離感で良かったです。
◆一人でもやもやしていた事が晴れました。
育休後の情報が欲しかったので大変役に立ちます。少人数でも時間が足りない位でした。
 「たくさんの同じ立場の人と出会いたい」というご希望に添うことができなくて、本当に申し訳なく思っています。
お二人が”アットホームな雰囲気”と言ってくださったので、少しホッとしています。

≪プティパの小さな一歩 ~ セミナー「in埼玉」への道≫
●山口理栄さんとの出会い
「子育て・家族」の応援について考えた時、特に育児休業中からの仕事と子育ての両立支援は大切だと思い、
プティパでも取り組んでいきたいと考えました。
育休後コンタルタント・山口理栄さんをインターネットで知り、メールを差し上げましたところ、面談のお時間をとってくださいました。
山口さんが、「仕事と子育ての両立を可能にする組織をつくる」ことをミッションを掲げ、
日本で初めての「育休後コンサルタント」という新しいお仕事を創っていかれた人生の物語に、心から共感を覚えたのでした。
次に、セミナーに参加させていただき、「セミナーを埼玉でやりたい・・・」と申しましたら、
「やりましょう!」と山口さんがすぐに応えて下さったのが、今回のセミナーの始まりでした。

●道なき道を・・・
5月末設立後セミナーのご案内を始めました。ホームページにも掲載し、チラシも印刷しました。
しかし・・・。ホームページはアップしただけでは誰も訪れる人はいません。
チラシはほとんどの公共施設では掲示や配布の許可はいただけません。
子育て支援機関にご挨拶に伺い、ご理解をいただけそうな病院、助産院等にお手紙を差し上げたり・・・。
しかし、育休中のワーキングマザーに直接情報を伝えていく道はすぐには見つかりませんでした。
フェイスブックやツィッターを始め、ポータルサイトにも情報掲載をお願いしました。
また、山口さんは講師のお立場を越えて、インターネットを通じた広報を支援してくださいました。
少しずつホームページにもアクセスいただけるようになりました。
インターネットで遠くの方にホームページを見ていただくことはできるのですが、埼玉の周辺市町村の方にお知らせすることは、道なき道でした。
つながりをひとつずつ作りながら、知っていただくこと、ご信頼をいただくこと、そして、サービスの内容が大切だと心から思いました。

このような中で、ようやく出会えたセミナー参加者の方々に心から感謝をしています。
プティパにとって、貴重な「はじめの一歩」の経験になりました。

皆様、本当にありがとうございました。

Pocket