ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.31 2015年11月9日開催報告
スタッフブログ

人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま vol.31 2015年11月9日開催報告

掲載日:2015年11月15日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree11月9日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング・さいたま」の第30回を武蔵浦和コミュニティセンターで開催しました。それぞれ2人のお子様を育てる幼稚園ママとプレ幼稚園ママ2人がご参加くださいました。

 

[今回の主な話題]
私は何色?
パレット子どもを通して、いろいろなママたちとの出会いや交流があります。
「人づきあいが<チョット>苦手」なママにとっては、ママたちとの接点がプレッシャーになってしまいます。
例えば、幼稚園の送迎タイム―。ママ同士の楽しそうな、弾む会話。浮いちゃってる感がありあり。
「どうして、私はみんなのようにできないの?」毎朝、毎夕、こんな気持ちを抱え込んでしまいます。
勇気を出して参加したPTA。発想豊かにミーティングを盛り上げ、行事を創り上げていくママたち。
うまく流れに乗れていない感はありあり。わたし、足引っ張ってる?引かれている?
自分なりに頑張っているつもり。私は、わたし。自分の考え方を変えていこう。
頭ではわかっているはず―。
でも、このおいてけぼりの気持ちは、拭っても、振り払っても、どんどん深くなっていく―。
★☆★
ママのためのピアカウンセリングは、気持ちを言葉にする時間です。
今回は、Eさんの体験を通して、「人づき合い」を考えました。
赤、青、黄。すべての色はこの三原色の混じり具合でできていきます。
そして、さまざまな色あいがあることことは素敵なこと。
それと同じように、人にはタイプがあり、持ち味があるものです。
人もいろいろ。でも、多様であることが、息苦しくなる社会って、どうして?

Eさんには、ママ同士のコミュニケーションにもっと参加できるようになりたいという願いがあります。
「私は、わたし!」と思えるように、みんなとは違う色合いの自分が寂しさや不安を抱え込まない関係を育みたいという想いがあります。
「この方は自分と同じようなタイプの方では?」と感じるママもいます。
ある日、元気なママがこんな言葉をその人にかけました。「あら?○さんは、上のお子様もいるんだ。だったら、もっといろんな話聞けたのに―」。その言葉が、自分のことのように刺さります。
「もっとお話聞きたいわ?」というポジティブには聞こえません。
「もっと話してくれれば良いのに?」というネガティブメッセージを受けとめる、私が嫌となってしまいます。

学校では年齢別の関係があります。会社では役職や職種があります。
社会の枠組みを大切にしながら、自分の役割を通して、自分を活かせるように生きています。
一方、ママとなって初めて参加した親社会では、年齢や経験がさまざまな人同士が、ほぼ対等な関係で関わりあっていきます。‘子ども’という縁がなければ出会うことはなかったという人たちもたくさんいます。
枠があるようでない、この柔軟さが人づきあいの難易度の高さになってしまうのかもしれません。

自分の色にOKを!他者には、お互いを尊重しあえる関わりを!
これが出来れば、「1億総活躍社会」の最先端。すべての人を排除しない社会のお手本ですね。
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのピアカウンセリング」って、もしかしたら、こんな最先端の課題に真面目に向き合う大切な時間を共にしているのかも・・・。
「人づきあい」を考えることは、自分育て。奥が深いです。
楽しみながら、続けていきましょう!

≪参加者の皆様の感想から≫
今日は、自分の気持ちを話せました。今の自分はこうなんだと知ること、認めることが難しいです。もう少しこうなれたらとか、他からどう思われるかということを気にし過ぎてしまうところを変えていけたらと思いました。
ありがとうございました。幼稚園ママ友のお付き合いをいろいろ聞けてよかったです。

≪スタッフからのメッセージ≫
EさんのPTAのお仕事も大きなイベントに向かって佳境です。先月からご参加のFさんも、お子様の幼稚園決めました。そして、自分が出来るお仕事も無理なくチャレンジしていこうと前向きです。
社会との関わりがあるから、悩みも出来る。「どうしよう?どうすれば?」というピンチに向き合うことは、新たな気付きを引き出すチャンスなのだと思います。
悩みはひとりで抱えない!共通の関心を持つ者同士の時間を大切にしてください。
Fさんのお子様たちも、穏やかに過ごしてくれました。今月もママのお話し会を応援してくれてありがとう。
秋も深まり、街路樹もさまざまな秋色のパレットのよう。いろいろな色があるから、私たちは「感動」も味わえる。自然の恵みもお手本に。普段の暮らしに、ささやかな「感動」みつけていけると良いですね。
紅葉

☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
次回vol.32は、12月7日(月)10:00~から武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。
どの回からもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。ご案内はこちらです。

Pocket