ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.6 2015年12月4日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.6 2015年12月4日ふれあいプラザ志木

掲載日:2015年12月17日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
12月4日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第6クールも最終回となりました。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は、4組の親子様が参加くださいました。

≪今月のレッスン≫
講師の中本さん、今月のレッスンはいかがでしたか?
☆★☆
サイン育児20151204(1)3回目は絵本のお話です。
「絵本の読み聞かせが子どもに良い。」
ということは知っていも、
「なぜ、いいの?」
ということは意外と考えたことが無いのではないでしょうか。
・読んでもぜんぜん聞いていない
・絵本をめくってしまって読み進められない
・同じ本ばかり読みたがる
などなど、絵本にまつわる悩みが多いのも事実。

絵本の効果もわかならい、読もうとしても悩みばかりが増えていく。
そうなると、ママも絵本を読み聞かせるのが嫌になってしまいますね。
そうなる前に!すばらしい効果や楽しみ方をみなさんとシェアしました。

サインを活かしながら、絵本もたくさん読む。
ご受講いただいたみなさまに少しでも役立てて頂けたら幸いです。
今しかない毎日を、どうぞ味わって、楽しんでくださいね。
ご参加、ありがとうございました。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
サイン育児20151204(2)中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。 

≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

≪参加者の皆様の感想≫
出てくる教材?が、どれも子どもが好きなものばかりで、とっても興味を持ってレッスンを受けることができました。
今日のラストもたくさんのベビーサインとその目的や効果を聞くことができ、大変役に立ちました。これを日々の育児に活かしていきたいと思います。どうもありがとうございました。
いつも楽しく過ごせて大満足です。サインはもちろん、こういった空間に入れて刺激を受けるのも娘にとって大事かなと思って参加させてもらっていました。ありがとうございました。
3回通して、赤ちゃんとのコミュニケーションの大切さも学びました。これからも親子ともども楽しく過ごしていけるヒントをたくさんいただいたと思います。ありがとうございました♡

≪プティパからのメッセージ≫
毎回お会いするたびに、お子様たちの成長ぶりが楽しみです。初回は、「ここはどこ?何がはじまるの?」とすごく不安だったことでしょう。3ヶ月のうちに、ママの近くにいながらも、興味のあることは良く見て、良く聞いていることが伝わってくるようです。たくさん知りたいことがあるんですよね。
「大人は大人の言葉で話しかけていないでしょうか?」という中本さんの言葉が、心に響きます。
言葉を選んで、矛盾のないように、わかるように伝えることの大切さ。
自分たちが誰もが通ってきた道なのに、その道筋を記憶している人はほとんどいません。
あやし言葉、わらべ歌、子守唄、手遊び歌―いろいろな関わりを通して’一人前’になったはず。
どんなに時代が変わっても、’関わり’を通して、赤ちゃんはさまざまなことを学んで、育っていくもの。

「サイン育児」が、お子様との豊かなコミュニケーションのきっかけになれば嬉しいです。
お子様が育つ日々を楽しんでくださいね。
続けてのご参加、本当にありがとうございました。

また、お休みの回があっても、次のクールでご希望の回にご参加ください。

≪Information≫
第7クール(1月、2月、3月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。

Pocket