ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.7」2016年1月22日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.7」2016年1月22日ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年01月25日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
1月22日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第7クールの第1回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は、7組の親子様が参加くださいました。

≪今月のレッスン≫
講師の中本さん、今月のレッスンはいかがでしたか?

サイン育児20160122(1)サイン育児3回講座の初回を開催しました。
この日はまずはサインを使った育児がどんなものか知って頂きます。
そして、実際のサインを使いながら、五感を刺激する遊びを行いました。

子育てで「五感を刺激すること」が大切だということは知っていても
実際にあかちゃんとどんな遊びをしたらいいのかわからないこと言う声を多くいただきます。
・日中なにをしたらいいのかわからない
・いつも同じ遊びしか思いつかない
・みんながどんなことをしているのか知りたい
そんなきもちに応えられるよう、聴覚・触覚・視覚を刺激する
家庭にあるものを使った遊びを行いました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。
そして、次回は「赤ちゃんの遊びと成長の関係」をお話していきます。
知っているのと知らないのでは、乳幼児期の過ごし方が大きく変わります。
みなさまのご参加をお待ちしております^^
また、2回目からの参加も可能ですので、ご興味あるかはお気軽にお問い合わせください。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。

≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

≪参加者の皆様の感想≫
サイン育児20160122(2)育児をもっと楽しもう、赤ちゃんとのコミュニケーションをもっとしよう!と思いました。皆さん、同じような悩みを持ちながら、頑張っているんだなと思い、自分へのリフレッシュにもなりました。
同じ月数の赤ちゃんと会えて楽しかったです。
いろんなサインがあって、早くコミュニケーションをとれるようになるといいなと楽しみです。おとなりの赤ちゃんと手をつないで微笑ましかったです。
ベビーサインは楽しかったです。そのうちできるようになるといいなと思います。その他もいろいろ参考になる話を聞けて良かったです。
はじめてのサイン育児に参加させていただきました。子どもとのコミュニケーションをとるのにサインを使って楽しめそうです。いろいろな形のサインがあるのも初めて知ったので、テキストをいただき少しずつ家で試していきたいと思います。2回目、3回目がとても楽しみです。
歌や体を動かしたり、子どもの五感を刺激する遊びもあって楽しかったです。
五感を楽しめる、感じられるクラスでした。

≪プティパからのメッセージ≫
サイン育児の第7クールはじまりました♪5ヶ月から1歳のお子様たちがご参加くださいました。お子様たちは、月1回のレッスンを3ヶ月重ねるうちに、どんどん成長されます。体はもちろんですが、目には見えない頭や心の発達も大きな時期。周囲の大人たちの働きかけが何よりも大切な時期ですね。変わるのはお子様たちだけではありません。ママたちの表情も豊かになって、自信に溢れていかれます。本当に!
コミュニケーションは、応答。受け止めたり、受け止められたり、行ったり来たりのやりとりです。まだ言葉は話せない赤ちゃんがたちが伝えようとしていることをわかる面白さ、伝える楽しさを存分に味わえるのは、乳児期の子育ての醍醐味かもしれません。毎日、おっぱい、おむつ替えに追われているママやパパがやっていることは、人間を育てるという素敵なお仕事! この月1回のサイン育児がリフレッシュのひと時になれば嬉しいです。

≪Information≫
第1回をお休みした方は、第2回(2月25日)、第3回目(3月18日)のご参加でも大丈夫です。
「これから第7クールに参加したい」という方は、残席は随時ホームページでご案内致します。
第8クール(4月、5月、6月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。
第9クール(7月、8月、9月開講)もまもなく受付中します。

Pocket