ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ヒーリング◎ヨガ」2016年2月19日 ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ヒーリング◎ヨガ」2016年2月19日 ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年02月19日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

アロマヨガ プティパ子育てサロンプティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
2月19日(木)、プティパ子育てサロン「ヒーリング◎ヨガ」をふれあいプラザ志木で開催しました。
講師は、「naturalサロン鈴琴家」を主宰され、子育て中のママでもある丸山美緒さんです。


≪今月のレッスン≫
今月は2日連続開催の「ヒーリング◎ヨガ」2日目です。
今日は、東洋大学学生ボランティアセンターから3人の学生さんたちが保育サポートの応援に来てくれました。
★☆★

ヒーリング◎ヨガ20160219(1)丸山さん、今月のレッスンのポイントは?

今日は
「肩甲骨を動かす」
肩甲骨の動きをイメージしてもらいながら身体を動かしました。

お子さま達の様子を見ながら
いつもよりも休憩を多目にとりましたが
身体を大きく動かしてもらいました。

≪メッセージ≫
今月もご参加いただきありがとうございました。
お子さまが成長すると動き回り遊ぶのでヨガをするのが難しくなる事もあります。
お子さまの成長をみんなで感じながら
身体を動かしていきたいと思っています。

少しでも身体を動かすと気持ちも動きます。
来月もお待ちしております。


ヒーリング◎ヨガ20160219(2)≪講師・丸山美緒さんのプロフィール≫

ヨガサークルBuwan・naturalサロン鈴琴家主宰
〇日本フィットネスヨガ協会 スタンダードヨガ・エナジーヨガ・パワーヒートヨガ認定インストラクター
メッセージ:毎日、あわただしく過ぎていく日常の中でほんの少しの時間だけでも‘自分’の時間を過ごしてほしい。
育児からくる身体と心の凝り、身体の不調や不安な気持ち。
身体をほぐして心もほぐしていただきたいと思っています。

☆★☆
身体をいたわる、じぶんをいたわる。身体と向き合う、じぶんと向き合う。
じぶんらしく生きたい人のヨガレッスンです。

 ≪参加者の皆様の感想≫
今日は子どもが始終ぐずってしまい、全然ヨガができず残念でした。家で教えてもらったポーズ、やってみようと思います。最後に1人1人身体を見てもらえてよかったです。
子どもがいるので、ぐずりが不安でしたが、ボランティアの方々が見てくださって助かりました。久々ににヨガをしましたが、先生が家でもできるポーズを教えてくださって、アドバイスも非常に勉強になりました。
久々にヨガが出来た気がします。身体がすっきりしました。ありがとうございました!!
産後初めてのヨガでした。体力のなさにびっくりでした。Baby連れてOKのヨガは気が楽で楽しかったです。

≪学生ボランティアさんの応援とメッセージ≫
ヒーリング◎ヨガ20160219(3)大久保玲奈さん
今日の保育ボランティアでは、小さい子で5ヶ月から1歳くらいの子どもたちとふれあうことができました。私は大学では社会福祉士と介護福祉士の資格をとるために勉強しています。社会福祉は子どもから高齢者と幅広い年代の方を対象としているので、授業で保育について勉強しない私にとって、子どもと関わる非常に良い機会でした。私には5歳の弟がいますが、ここまで小さい子どもの世話をするのは久々でした。子どもと関わることで子どもの笑顔に癒されました。また、このようなヨガをする場所があることを知り、将来自分も利用してみたいと思いました。(写真左)

崎真衣亜さん
今日保育ボランティアは大変いい経験だと思いました。やはり子供というのは簡単ではないとあらためて思いました。お母さんはすごいなと尊敬しました。将来のためや他のボランティアに今日の経験をいかしたいと思います。またこの保育ボランティアに参加したいと思います。参加して、子供たちに覚えてもらいたいです。
今日はありがとうございました。(写真中央)

武藤元気さん
私はもともと子供に興味があって、子育て支援などをこれからしていきたいと考えていました。実際に子供に接してみると泣いてしまったり、嫌がったりしていて思い通りにいかないなと素直に思いました。どうすれば懐いてくれるのかをこれから考えてみたいと感じました。普段生活していて、1歳前後の赤ちゃんと接する機会はないので今回のような経験はとても貴重なんだなと改めて思いました。また、このような機会に参加してみたいです。(写真右)
今日は貴重な経験ありがとうございました。

≪プティパからのメッセージ≫
赤ちゃん’先生’たち、お疲れ様でした。
「ここどこ?」「ねむいよ?」「おなかすいたんだけど?」「やだ、さっきのだっこのほうがいいんだけど・・・」。なぁんて、言っていたかどうかはともかく、表情や声や動きから赤ちゃんの気持ちを感じながら、関わっていくお母さんて、やっぱりすごい。耳をすませ、眼を見開いて、周囲の状況を感じながら、「ママ」とそうじゃない人を区別できたり、「あんしん」を感じることができる赤ちゃんも賢い。
こういう関係をお腹のなかにいる時から育んでいくのだから、妊娠や出産や子育てということは、ひとつの命が「生きる」を支える、人間としての大仕事なのだと思います。
そして、重労働。腱鞘炎になったり、肩凝りや腰痛でパンパンになりかけたカラダ。
「ヒーリング◎ヨガ」やおうちヨガで少しはほぐせますように―。

いろいろな世代の人たちが交流する場では、そんな赤ちゃんのチカラが再発見できる気がします。
東洋大学の皆さん、貴重な時間を赤ちゃんたちに会いに来てくれて本当に有難うございました!

 Information
プティパ育てサロン「ヒーリングヨガ」の予定です。
3月11日(金) → 受付終了
3月18日(金) →受付開始
3月も2クラス開講します。

4月は、4月1日(金)②開催します。
皆様のご参加をお待ちしています。

Pocket