ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 育休後カフェ@さいたまvol.14 2016年3月6日(日)開催報告
スタッフブログ

育休後カフェ@さいたまvol.14 2016年3月6日(日)開催報告

掲載日:2016年03月13日 イベント・セミナー, スタッフブログ, ピアサポート・ピアカウンセリング, レポート, 育児休業・育休後

ピアサポート(育休後)3月6日(日)、「育休後カフェ@さいたま」(第14回)をカフェ土瑠茶(さいたま市浦和区)で開催しました。
今回のテーマは、「職場復帰直前・わたしの<育休後>総点検」。

定員を越えるお申し込みをいただきました。しかも、キャンセル率は0%。19名の参加者様(ご夫婦1組)と11人のお子様たちをお迎えしました。ファシリテーターの育休後コンサルタントの山口理栄さんの「育休後職場復帰セミナー」レクチャーをベースに、<育休後>の’これから’や’今’を総点検する時間を共有しました。

≪育休後カフェとは≫
育休後カフェは、育休中または仕事に復帰した方(ママ,パパ)が、同じ境遇の仲間たちと話をするなかで、両立についての悩みを共有し、新たな気づきを得て、自分の中にある’答え’に自信を深めていく場を提供するものです。

≪山口理栄さんのプロフィール≫
育休後コンサルタント山口理栄さん育休後コンサルタント 山口理栄さん
総合電機メーカーにてソフトウェアの設計・開発/企画に24年間従事。2006年から2年間社内で女性活躍推進プロジェクトリーダーを務める。2010年育休後コンサルタントとして独立。女性が本来もっている能力を発揮できる社会を作ることをミッションとし、仕事と育児の両立を企業、個人の両面から支援している。
日本女性技術者フォーラム(JWEF)運営委員/NPO法人ファザーリング・ジャパン賛助会員/昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員/
さあ、育休後からはじめよう【著書】『さあ、育休後からはじめよう 〜働くママへの応援歌〜』(労働調査会 2013年)
『子育て社員を活かすコミュニケーション』(労働調査会 2015年)
「育休後カフェを通して、もう1,000人以上のママとお会いしているでしょう」と山口さん。今は関東圏だけでなく、全国各地で開かれている育休後カフェです。


≪アジェンダ≫
育休後職場復帰セミナー(表紙)10:00 幹事あいさつ
10:05 ファシリテーター自己紹介&あいさつ
10:10 ファシリテーターからのお話「育休後・職場復帰セミナー」
      参加者の皆様からの質問
      ワークシート「職場復帰・個人/ペアワークシート」
      ペアトーク 
11:50 感想をシェア/ファシリテーターからのコメント/アンケート
12:00 アフターランチ

≪山口さんのお話&ワークシート≫
育休後カフェ@さいたまvol.14 20160306(1)今回のメインテーマは、「職場復帰直前・わたしの<育休後>総点検」です。
山口さんの「育休後職場復帰セミナー」は、時代の風を取り入れ、毎年、バージョンアップされていきます。しかし、通底する理念は揺らぎません。その揺らがないものを伝え続けていかなければならないことに、今の日本の現実があるとも言えます。
「育児休業制度」「時間短縮制度」は、何のための制度か―。両立支援制度は、「働きたい人が長く働き続けるための就労を支援する制度」であるという認識を’当事者’夫婦と企業の誰もが持っているのであれば、自立的な<育休後>を創出できるはずですが、未学習・誤学習のままの<育休後>であれば、負のスパイラルの中で’当事者’は我慢を強いられたり、弱い立場に追いやられがちな危うさを、今の日本は孕んでいると言えます。
そのためには、’当事者’であるワーキングマザーは、まず自らの「主体性」を持って、<育休後>スタートすることが大切です。そこからはじまる両立ライフは、決してアグレッシブなものではなく、穏やかな自己主張とともに、周囲の人との協調的な関係を通して、親も子も会社も育つ適切な環境を育んでいくことでしょう。
だからこそ、山口さんは、何度でも、熱く語り続けます。時代に吹く風を届け続けます。

あなたの夢はなんですか?―参加者の皆様の心の中に、その夢への思いが広がったでしょうか。
おひとりおひとりの立場で、響いたポイントはさまざまだったことでしょう。
今回は、聴きながら考える時間>語る時間のセッションになりましたが、参加者の皆様からいただいたアンケートの感想からも、皆様の「気付き」の深さが強く、強く伝わってきました。

「育休後カフェ@さいたま」は、つながりの「港」のようなもの。仲間の存在を感じながら、これからも<育休後>の体験を持ち帰ってきてください。何度でも、何度でも―。
制度ができるまで数十年、制度を活かしてあう社会になるのは’これから’です。
皆様の体験を社会の経験知にしていくことが、お子様たちの未来を創る礎になっていくことでしょう。

≪参加者の皆様の感想から≫
体系的にお話を聞くことができ、思考が整理できました。勇気と気付きが得られました。ありがとうございました。
家事・育児分担は、だいぶ相談できてたと思ってたのですが、まだ無意識に分けられないと思っていたことがあったのに気付かされました。ありがとうございます!
職場復帰について、あらためてじっくり考えるいい機会になりました。2人目ですが、生後5ヶ月で預けて復帰することにまだ迷いもあったりしています。でも、社会のせいにしない、自分で前向きに考えた上で進んでいきたいと思いました。
逃げている自分を認めざるをえないなと思いました。
とても勉強になりました。参加して良かったです!
2回目の復帰前に、復帰前の心や頭の整理ができました。やはり、自分の中でも甘えがあったことに気付かされました。社会のせい、パートナーのせいにせず、自分で決めて、進んでいこうと思いました。復帰前に山口先生にお会いでき、勇気をもらえました。ありがとうございました。
2回目でしたが、改めて勉強になりました。夫にも受けてもらいたいと思いました。
仕事と育児の両立の経験は、すごくプラスになるという言葉に自信を持ちました。また、自分の働き方は自分で決めるという言葉を胸にきざみました。後で、人のせい、環境のせいにはしないためにも、しっかり自分で決断したいです。本を読んだり、ネットで調べたりするだけでななく、先生の話を聞けたことがとても貴重でした。来年度も参加したいと思います。
とても山口先生の話に励まされ、この先の両立生活が楽しみになってきました。
考えているだけでなく行動する。意識を変える。今、最善の決断をする・・・。今回も私自身の課題や気付きをいただきました。ありがとうございました。
山口先生の本、読みました。でも、今日来て、さらに勇気づけられました。今後も機会を作って参加したいです。
仕事と育児に対する概念が変わりました。また、実際に復帰したときにもお話を聞いてみたいと思いました。
山口先生のお話を伺うのは2回目でした。先月伺ったばかりだったので、印象に残っている内容ばかりだったのが、やや残念でした。主人とのコミュニケーションが不足しているので、これを機に、今後の働き方や家事の分担。保育園のお迎えの分担について、話してみようと思いました。
先日の職場復帰セミナーにも参加したので、内容はほぼ同じだったかと思いますが、もう一度、山口先生にわかりやすく説明していただき、身が引き締まりました。夫との話し合い、がんばります。
前の職場復帰セミナーに出席していたので、同じ内容でしたが、さらに理解が深まりました。子ども同行可で有難いです。前のセミナーの時にお話いただいて、家族間、自分の意識が帰ることができたので、少し復帰へ前向きな気持ちを持てるようになりました。今日も非常に刺激になりました。ありがとうございました。将来の幸せな両立生活がイメージでたのでよかったです。
とても厳しくも参考になるお話でした。いろいろ諦めていたことも多いですが (特に会社、仕事のこと) 、チャレンジしていこうという気持ちになれました。
会社で女性活躍活動の委員をしていました。配慮して欲しいという意見ばかり耳にすることが多く、自分もそうなってしまうのか・・・と少し不安でした。ただ、先生は、会社の視点も含めて話をしてくださり、自分にカツが入りました。会社のセミナーでも話して欲しいと思いました。

育休後カフェ@さいたまvol.14 20160306(2)≪アフターランチ≫
カフェ土瑠茶特性の季節野菜とチャナダール2種類が楽しめる本格アフガニスタンカレーや自家製キッシュプレートをいただきながらのアフターランチ。お子様たちも手づくり栄養たっぷり離乳食、伝統食的お子様ランチに満面の「おいしい顔」。

≪謝辞:カフェ土瑠茶様≫
会場をご提供いただき有難うございました。定員を越える参加者様をお迎えするにはどうすればよいか、いろいろなご提案をいただきました。2015年度は、5回の「育休後カフェ@さいたま」のために休日返上でご協力くださいましたことに感謝申し上げます。

≪謝辞:埼玉県男女共同参画推進センター・さいたま市の後援≫
「育休後カフェ@さいたまvol.14」は、埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市後援事業として承認をいただきました。案内チラシの配布等でもご協力をいただきました。埼玉県男女共同参画推進センターとさいたま市 子ども未来局子ども育成部子育て支援政策課様に心から感謝を申し上げます。

≪スタッフからのメッセージ≫
「育休後カフェ@さいたまvol.14」には、11名のお子様たちもご参加くださいました。小さなお子様たちはママの側で穏やかに過ごされ、歩けるお子様たちは、遊具のご用意のない環境にも関わらず、さまざまな「遊び」を発見しながら仲良く過ごしてくれました。「おんぶ紐、持っていきます!」とお申込の時から、お子様の過ごし方を考えてくださっていた参加者様のお心遣いが有難かったです。毎回の「育休後カフェ@さいたま」で思う事は、―ママ(パパ)とお子様たちの絆の確かさです。お子様たちの気持ちに寄り添うママ(パパ)の姿。「ここはどこなの?」という初めての場所で、不安なく過ごすお子様たちのご様子から、伝わってくるのは、日々の関わりの深さです。心の育ちを育んでいる皆様の<育休後>が、ますます楽しみになりました。
企業の方からお問い合わせをいただき、「育児休業からの職場復帰支援」の一貫として、社員を「育休後カフェ@さいたま」参加させたいというご希望をいただいたり、「人事スタッフとして育児休業と復帰支援に携わっているので、自分も体験しながら仕事に役立てたい」という参加者様が増えています。今回も、そのような背景を持ち参加者様をお迎えしました。お役に立てましたでしょうか? 個人と企業の橋を架けるお手伝いが出来ればと願っています。
山口さん、2015年もほぼ2ヶ月に一度、「育休後カフェ@さいたま」と埼玉県男女共同参画推進センター共催事業のために埼玉にお越しくださいまして有難うございました。今年の、企業や行政向けのセミナーのお仕事急増のスケジュールの中で、埼玉予約日を優先していただけることは有難いことです。「皆の声を企業や行政に届けていくためにも’育休後カフェ’を大切にしたい」と山口さんはいつも言われます。そして、「リピートして参加してくださる方の存在は、本当に嬉しい!」と―。
「今年も埼玉を盛り上げていきましょう!」。そのエールを受けて、「育休後カフェ@さいたま2016」を続けます!

≪ご案内≫
育休後カフェ@さいたま2016」開催日程&テーマ速報

育休後カフェ@さいたま vol.15  7月3日(日)
「保活」の前に考える、自分らしい働き方
~両立支援制度の理解と活用

育休後カフェ@さいたま vol.16  10月23日(日)
強みを活かすワーママライフ
~キャリアトランプでじぶん再発見

育休後カフェ@さいたま vol.17  11月27日(日)
小1の壁、どう備える? どう乗り越える?
~小学生以上の子育てと仕事の両立

育休後カフェ@さいたま vol.18  3月5日(日)
「育休後」へのキックオフ
~育児休業からの職場復帰直前チェック
※メールマガジンやホームページに順次ご案内します。

Pocket